2004年05月20日
川俣晶の縁側ソフトウェアMagSite1開発日誌total 1665 count

ModulaFに取り組んで気付くこと

Written By: 川俣 晶連絡先

 ModulaFに取り組んで、いろいろ試みていますが、やはり完全にプレゼンテーションと構造を分離するのは大変ですね。利用範囲を限定してすら、かなり大変です。

 しかし、その困難な作業を通して見てくるものもあります。

 たとえば、現在のMagSite1には著者情報という概念がありません。1つのサイトは、一人が使うという前提に立った設計だからです。これは、過去を辿るとVNI(バーチャルネットアイドル)サイトの構造を起点にして原型となるソフトの開発がスタートした経緯によるものです。このようなサイトでは、サイトそのものがある仮想人格を表現するものであり、個々のコンテンツが誰によって書かれたかを意識する必要はありません。

 しかし、抽象化し、汎用化していくと、著者の情報が不要というわけには行きません。実際、複数の人間が1つのMagSite1サイトを使用している事例もあって、そこでは誰が書いているのか良く分からないケースも目立ちます。(これは、「壁」のサーバの話ではありません。その関係者の皆様へ)

著者情報の取り扱いを試みる §

 最初に、試作スタイルシート変換をいじって、現在ページ下部に表示されている連絡先を、著者と管理者に分けてみました。この場合、著者情報は、主要なコンテンツを扱うモジュールから取得し、管理者情報は別の方法(まだ未確定)で取得する必要があります。

 しかし、いろいろ試行錯誤しているうちに、このような解決策は間違いだと気付きました。

 著者情報は、ページフッターに属する情報ではなく、コンテンツ本体に属する情報なのです。そのようにして扱わないと、整合性が取れません。たとえば、1ページに複数コンテンツを表示させようとする場合、もし、著者が全て違っている場合でも、フッターには一人分しか表示できません。複数の名前を表示可能としても、個別のコンテンツとの関連が良く分かりません。

 そのように考えると、著者情報は、フッターではなく、コンテンツ本体の一部であると考えることが必然であることが分かります。

りすと亭で使うことを考えても、それは正しい §

 将来のりすと亭でもModulaFを使いたいわけですが、そこから考えても、著者情報をコンテンツの一部として扱うことの正しさが分かります。りすと亭の場合、コンテンツとはメーリングリストを流れるメール(か、あるいは掲示板に書き込まれるメッセージ)となります。この場合、著者情報とは電子メールのFromヘッダーの情報ということになり、これがコンテンツの一部として扱われるのは現在も行われている通りです。

汎用化は自らへの問いかけに等しい? §

 プログラマが自分の作ったプログラムを理解していると思うのは間違いだ、と言うことが良く分かる経験だと思います。分析していくことで驚きがあるというのは、自分で作ったプログラムなのに、そこで行われいることが何であるのかが良く分かっていなかった、と言うことです。

 こうして、自分の作ったものと対話することも、なかなか有益な時間ではないかと思います。

 そして、そこから生み出されるものは、プログラムにより大きなパワーとエレガントさを持たせることになります。

 おそらく、単純にコードを量産するよりも、より多くのものが得られると思います。

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側ソフトウェアMagSite1開発日誌
【MagSite1開発日誌】の次のコンテンツ
2004年
06月
10日
「こんなこともあろうかと」配慮されたMagMLレンダラの仕様変更
3days 0 count
total 1717 count
【MagSite1開発日誌】の前のコンテンツ
2004年
05月
15日
MagSiteMan1 Version 0.01
3days 0 count
total 1850 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20040520174403
サイトの表紙【MagSite1開発日誌】の表紙【MagSite1開発日誌】のコンテンツ全リスト 【MagSite1開発日誌】の入手全リスト 【MagSite1開発日誌】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.