2004年11月16日
川俣晶の縁側ソフトウェア技術雑記total 2297 count

ソフト冒険記・J2SE Development Kit 5.0

Written By: 川俣 晶連絡先

 さる理由で、ちょっとJ2SE Development Kit 5.0を入れて軽く使ってみました。

インストーラの初期ディレクトリ §

 これまでのJDKのWindows用インストーラは、デフォルトでいきなりルートディレクトリ直下に自分のディレクトリを配置しようとする極悪な代物でした。UN*Xで同じことをしたら呪詛で瞬殺されると思いますが、Windowsでも気にする人は気にします。実際、そのことだけでも、私から見たJDKは入れたくないソフトの1つにリストアップされていたと言っても過言ではありません。

 しかし、J2SE Development Kit 5.0の初期設定は違いました。

 提示されたのはこれです。

D:\Program Files\Java\jdk1.5.0\

 おそらく、OSがドライブDに入っているので、Dドライブが提示されたのだと思いますが、つまりはWindowsの標準的なディレクトリ レイアウトに沿ったものです。

 これなら、とりあえず入れておいても良いかな、という程度に不快感が緩和されます。

for each構文を試してみよう §

 というわけで、Java言語仕様のニューフェイス、for each構文を試してみました。

 用意したサンプルソースはこんな感じです。

public class sample004 {

    public static void main(String[] args)

    {

        for (String s : args) {

            System.out.println(s);

        }

    }

}

 コンパイルと実行の結果はこんな感じです。

D:\w\test\JDK50_001>"D:\Program Files\Java\jdk1.5.0\bin\javac.exe" sample002.java

D:\w\test\JDK50_001>"D:\Program Files\Java\jdk1.5.0\bin\java.exe" sample002 a b c

a

b

c

D:\w\test\JDK50_001>

 確かに動いてますね。

-Xlint:unchecked §

 上記のサンプルソースを得るに当たって、インターネット上から見つけてきたサンプルソースを試してみましたが、その際、javacが以下のようなメッセージを出すことがありました。

注: sample001.java の操作は、未チェックまたは安全ではありません。

注: 詳細については、-Xlint:unchecked オプションを指定して再コンパイルしてくださ

い。

 気持ちが悪いので、javacに-Xlint:uncheckedを付けてコンパイルしてみると、こんなメッセージが。

sample001.java:10: 警告: [unchecked] raw 型 java.util.List のメンバとしての add(

E) への無検査呼び出しです。

            list.add(new Integer(i));

                    ^

警告 1 個

 おおむね、実装の都合でこうなったことが何となく見える結果ですが。

 どの条件でメッセージを出すか、そのメッセージの内容はどのようなものが妥当か、について、何となく釈然としないものが残ります。

クラス名とファイル名の同期 §

 ここまでの過程で、「あ、Javaって駄目じゃん。groovy欲しくなるよね」と思う事態が発生しました。それは、ソースを部分的に修正して試そうとした時、ファイル名を変更してコンパイルするとエラーになったことです。

 こういうメッセージですね。

sample005.java:4: クラス sample003 は public であり、ファイル sample003.java で宣言しなければなりません。

 ファイル名とクラス名が常に同期していなけばならないという要請は、クラスの再利用という幻想物語には有利に働くかも知れませんが、そんなものには何の価値もないという前提に立っていれば、単に邪魔なだけですね。

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側ソフトウェア技術雑記
【技術雑記】の次のコンテンツ
2004年
11月
16日
ソフト冒険記・Groovy
3days 0 count
total 2144 count
【技術雑記】の前のコンテンツ
2004年
11月
12日
ソフト冒険記・C# Refactory 2.0
3days 0 count
total 2520 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20041116142555
サイトの表紙【技術雑記】の表紙【技術雑記】のコンテンツ全リスト 【技術雑記】の入手全リスト 【技術雑記】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.