2004年11月20日
トーノZEROアニメ感想機動戦士ガンダムSEED DESTINYtotal 2674 count

一時は最悪に格好悪かったイザーク、格好良く活躍す!?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

 謎のアニメ感想家(笑)、翼の騎士トーノZEROのアニメ感想行ってみよう!

 今日のSEED DESTINYの感想。

サブタイトル §

PHASE-06

世界の終わる時

あらすじ §

 落下するユニウスセブンを破壊する作業は、ボギー1のモビルスーツや、パトリック・ザラの選択を正しいと信じる狂信者によって妨害されます。

 作業の結果、ユニウスセブンは2つに割れましたが、まだ不充分です。

 デュランダル議長は他の船に移り、ミネルバは大気圏に突入して艦砲射撃で破壊しようと試みます。アスランが戻らないという理由により、カガリはミネルバに残ります。

 アスランとシンは、限界高度を割り込んでいるにも関わらず破砕作業を続け、狂信者の攻撃を受けます。

感想 §

 今回明らかになったのは、ナチュラルを優秀に加工したはずのコーディネーターの中にも、愕然とするような狂信者達がいることですね。

 結局のところ、頭の回転が早いであるとか、記憶力が良いと言ったことは、本質的には問題を解決するための決定的な切り札にならないどころか、むしろ問題を混迷させる要因になりかねないとすら言えます。

 そして、イザークの活躍は、パイロットの優秀さの要因がくぐった修羅場の数にあることを示しています。単に頭の回転が早ければ優秀というわけではありません。

 こういう状況は、なかなか興味深いですね。

 それはさておき、破砕に失敗したあと、それを破壊するためにミネルバで砲撃しようという無謀な試みはどうでしょう。軍人であれば、それを責務と考えて実行するというのも1つの選択でしょう。しかし、そのミネルバに残るという選択を取るカガリはあまりにうかつ。また、あとでシンに突っ込まれるネタを自ら作り出した感がありますね。それとも、シンというキャラクターは、そういう行動に心を動かされるタイプ?

 シンとカガリの関係がどうなるか、楽しみですね。

今回の名台詞 §

ミネルバ艦長「そうかもしれませんし、違う理由かもしれません」

 ボギー1に、自分たちはユニウスセブンを落とそうとしているのではなく、破砕しようとしていたのだと伝えた艦長。ボギー1のMSが後退したことで、その意図が通じたのかと思いきや。そうではなく、単に限界高度に達しただけという可能性を提示する残酷な台詞ですね。

Facebook

キーワード【 トーノZEROアニメ感想機動戦士ガンダムSEED DESTINY
【機動戦士ガンダムSEED DESTINY】の次のコンテンツ
(ありません)
【機動戦士ガンダムSEED DESTINY】の前のコンテンツ
2004年
11月
13日
伊達じゃないνガンダム抜きでユニウスセブンの落下を阻止する難題!?
3days 0 count
total 3272 count

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20041120223207
サイトの表紙【機動戦士ガンダムSEED DESTINY】の表紙【機動戦士ガンダムSEED DESTINY】のコンテンツ全リスト 【機動戦士ガンダムSEED DESTINY】の入手全リスト 【機動戦士ガンダムSEED DESTINY】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.