2004年12月07日
トーノZEROアニメ感想ゾイド フューザーズtotal 1911 count

圧倒的ピンチ状況をひっくり返すたった1つの冴えたやり方が発動!?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

 謎のアニメ感想家(笑)、翼の騎士トーノZEROのアニメ感想行ってみよう!

 2004年12月5日のフューザーズの感想。

サブタイトル §

第10話「過去からの来訪者」

あらすじ §

 治安局襲撃の罪人、かつてのマッハストームのメンバー、マービスが脱獄します。

 マービスはマッハストームに挑戦してきますが、治安局に知らせずに彼らはそれを受けます。

 愛されていたマービスがなぜあんなことをしたのか、特にシグマには分かりません。

 バトルは、あまりに多くのゾイドを揃えたマービス有利。

 しかし、ピンチにレオストライカーとコマンドウルフがユニゾンし、反撃します。

 残念ながらダメージが大きかったレオストライカーとコマンドウルフは、すぐ戦えなくなり、引き分けとなります。

 しかし、マービスはこれは時間無制限の勝負だと言い残し、手際よく立ち去ります。

感想 §

 予測されてしかるべきだったのに、これはやられた!と思ったのは、マスクマンとシグマのゾイドがユニゾンしたことです。もちろん、この圧倒的なピンチ状況をひっくり返す方法はこの2体のユニゾンしかあり得ません。そういう意味で、ストーリーの整合性から考えれば当然予想されてしかるべき展開です。しかし、マスクマン、シグマ、マービスの大人のドラマの中で、ユニゾンのことはすっかり忘れながら見ていました。それゆえに、なかなか素敵な意外性を持って、この展開を見ることができました。

 さて、この「大人のドラマ」というのが凄く良いですね。特にスカッとする悪役であるマービスという人物は、明らかに複雑な心理的な奥行きを持ちつつもスカッとする行動を取って魅了してくれます。まさに、大人ならではの悪のヒーローでしょう。

 一方で、非常に秀逸であるのは、子供であるマットが思った通りのことを発言することにより、とても分かりやすい雰囲気も作り出していることですね。もちろん、分かりやすい雰囲気と言っても、マットに説明するシグマ達が分からないことは、分からないままになります。しかし、それは「分からないこと」をマットは分かる、という意味での分かりやすさにつながります。

 それはさておき、別の見どころは、マッハストームと治安局との微妙な距離感です。ガミーが直接訪ねてきても、結局マービスのことは誰も治安局に連絡しません。

 もう1つ、夜食を作ってくれるスイートも可愛くて素晴らしいですね。

 更に、もう1つ。番組終わりの提供バックのCG映像のカメラワークが凄く酔えますね。最高です。

今回の名台詞 §

マスクマン「受けると返事しておいてくれ」

 あの冷静な大人のマスクマンが、そのように発言することの重みがずしっと来ますね。

Facebook

キーワード【 トーノZEROアニメ感想ゾイド フューザーズ
【ゾイド フューザーズ】の次のコンテンツ
2004年
12月
13日
どさくさに紛れてリーリンちゃんと抱き合って勝利を喜ぶエロ少年マットくん!?
3days 0 count
total 3020 count
【ゾイド フューザーズ】の前のコンテンツ
2004年
11月
29日
実はマニアに高く売れるライガー・ゼロ!?
3days 0 count
total 3338 count

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20041207010007
サイトの表紙【ゾイド フューザーズ】の表紙【ゾイド フューザーズ】のコンテンツ全リスト 【ゾイド フューザーズ】の入手全リスト 【ゾイド フューザーズ】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.