2005年06月29日
川俣晶の縁側ソフトウェア技術雑記total 3252 count

namedを安易にシェルから手動起動することで起こる問題

Written By: 川俣 晶連絡先

 nan.piedey.co.jpのFreeBSD 4.5を設定していて、非常にアホらしいトラブルに遭遇したのでメモっておきます。(=我が身の間抜けの証明)

現象 §

 /var/log/messagesに以下のようなメッセージが記録される。

Jun 28 16:55:01 nan named[274]: zone xml.gr.jp/IN: refresh: could not set file modification time of 'slave/db.xml.gr.jp': permission denied

原因 §

 namedはbindというアカウントで実行されるように構成されていた。

 しかし、ファイル/etc/namedb/slave/db.xml.gr.jpのオーナーはbindではなくrootになっていた。

 これにより、上記のメッセージがログに記録された。

 このファイルのオーナーがrootになっていたのは、named.confを書き終えた後、手動でシェル上からテスト起動した際に、それを行った時のアカウントが設定されたものと推定される。

解決 §

 /etc/namedb/slave/のファイルをroot権限で全削除。

 その後、rebootコマンドによってサーバを再起動。

 マスターDNSサーバから転送された情報によって新規にファイルが再作成され、その際、正しくオーナーはbindに設定された。

 (たぶんchownでオーナーをbindに書き換えてもOKと推定)

教訓 §

 うかつにシェルからnamedリターンのようなコマンドを打ってはいけない、と言うことですね。

 過去に、何となくそれで通っていたので、つい踏襲してしまいましたが、それは厳密に正しい起動条件ではありません。

 それにしても、まだいくつかnan.piedey.co.jpにはトラブルがあって悩ましい。完全復帰はまだ無理です。しかも、トラブル調査で本業を圧迫しています。

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側ソフトウェア技術雑記
【技術雑記】の次のコンテンツ
2005年
06月
29日
inetd.confでsshを有効にすることでログにAddress already in useが記録される問題
3days 0 count
total 3906 count
【技術雑記】の前のコンテンツ
2005年
06月
25日
FreeBSD 5.4で安易にircdを起動する方法についてのメモ
3days 0 count
total 2981 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20050629144843
サイトの表紙【技術雑記】の表紙【技術雑記】のコンテンツ全リスト 【技術雑記】の入手全リスト 【技術雑記】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.