2005年10月25日
川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編total 1574 count

モデルグラフィクス 12月号 大日本絵画

Written By: 川俣 晶連絡先

 まあ、寝る前にざっと見たわけですが。

トムキャット無惨 §

 子供の頃は、イーグルとトムキャットのどちらが好きかというのが大問題だったわけですね。男の子はスパッと2派に分かれたわけですが。

 私はトム派でした。

 しかし、今は昔ほどトムを支持できません。

 いろいろと世の中というものが分かってくると、ね。

 特に、可変後退翼やフェニックスミサイルと言った懲りすぎのギミックは、むしろ忌諱すべきものに思えてくると、トムの印象は無惨なものに変わってしまいます。

 そんなことを思いながらF-14の特集を見ていました。

SA-6だと~~!? §

 いちばん面白かったのは、トランペッターの新製品、SA-6ゲンフル(本文中ではゲインフルと表記していますが)。

 地対空ミサイルですよ。

 ずっと昔、大戦略2で遊んでいたことに、まっさきに殲滅する対象だったやばい敵です。

 コンピュータにソ連兵器陣営を任せて戦うと、こういう長射程の対空ミサイルを大量に並べてくれちゃうわけですね。

 だから、うかつに航空攻撃ができず、慎重な作戦準備が要求されました。F-15あたりでこれらの対空ミサイルを始末してから、AH-64などのヘリで強力な戦車部隊(T-72やT-80は強いと信じられていたのだ!)を蹴散らし、その後で前進する味方の地上部隊は残敵の掃討ぐらいしか行わないと。そんな戦いをやっていました。

 というような過去の経験からすれば、ソ連の対空車両群は、イマイチ使えなかったシルカも含めて、非常に印象深いものであって、それが模型になるというのは、とても面白い出来事に思えます。

 いやまあ、実際に買って作るかと言われると作りませんが。1/72ならちょっと考えますが、1/35だと考える余地もなく却下。

 余談ですが、シルカは押井守監督の映画「アヴァロン」で活躍して溜飲が下がりました。

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編
【感想編】の次のコンテンツ
2005年
11月
06日
こちら葛飾区亀有公園前派出所 147 秋本治 集英社
3days 0 count
total 1410 count
【感想編】の前のコンテンツ
2005年
10月
22日
スレイヤーズすぺしゃる(25) 騎士道のススメ 神坂一 富士見書房
3days 0 count
total 1308 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20051025233323
サイトの表紙【感想編】の表紙【感想編】のコンテンツ全リスト 【感想編】の入手全リスト 【感想編】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.