2006年02月02日
トーノZEROアニメ感想キン肉マンII世total 2719 count

傍観者のはずのミートがケビンのサポーターになじられる意外すぎる展開!?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

 トーノZERO, THE BELKANアニメ感想家(笑)のアニメ感想を参ります。

 今日のキン肉マンII世 アルティメット マッスル2の感想。

サブタイトル §

第5話 変則リング!ケビンVSイリューヒン

あらすじ §

 ケビンとイリューヒンの準決勝第2試合は、一進一退しますが、イリューヒンが優勢になります。

 クロエはケビンに指示を出せません。

 それに気付いたミートは、ケビンのサポーターからイリューヒンのスパイ扱いされます。

感想 §

 実はリング上の戦いはあまり良く分からないのです。プロレスはよく知らないので。

 しかし、ミートに関する出来事は非常に印象深いですね。

 本来傍観者に過ぎないミート。

 しかし、クロエがケビンに指示を出さないことに疑問を持って彼を見に行きます。そして、何らかの作戦ではなく、個人的な理由で指示を出せないのだと気付きます。

 それをうっかり声に出してしまった結果、観客席のケビンのサポーター達からイリューヒンのスパイ扱いされてしまいます。しかも、予選でイリューヒンと二人三脚したというような関係ないことまで引き合いに出されて。

 この展開は、群集心理、信じたいことを信じるという心理、それに晒される無実の者の心の痛み、そういったものがよく描かれていて実に素晴らしくも印象深いですね。

 これが見られるから、キン肉マンII世はやめられません。

今回の一言 §

 ジャクリーンが望む残虐ファイト。それを意識して戦うイリューヒン。これが本当に正義超人の一流のファイトと言えるのか……。そういう矛盾した疑問を孕みながら進行するからこそ、キン肉マンII世は面白い!

Facebook

キーワード【 トーノZEROアニメ感想キン肉マンII世
【キン肉マンII世】の次のコンテンツ
2006年
02月
09日
もはや正義超人というカテゴリに何の意味もない超展開!?
3days 0 count
total 2780 count
【キン肉マンII世】の前のコンテンツ
2006年
01月
26日
バシャンゴが見えるヒカルドとジェイドが見える万太郎のすれ違い対決!?
3days 0 count
total 2910 count

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20060202231806
サイトの表紙【キン肉マンII世】の表紙【キン肉マンII世】のコンテンツ全リスト 【キン肉マンII世】の入手全リスト 【キン肉マンII世】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.