2007年07月12日
トーノZEROゲームプレイ日記ハードウェア談義total 3011 count

Xbox360ファースト インプレッション・でかい重いアメリカンテイストだ!!

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

 とりあえず、Xbox360に触れた第1印象をメモっておきます。

箱から出して §

 でかいよ!

 重いよ!

 写真で見た印象よりもずっとでかいです。

 しかも馬鹿でかいACアダプタ外付けなので、旧Xboxと比較して小さくなったという気がしません。

 ちなみに、白っぽい色とこの曲面感はパソコン(マイコン)黎明期の日立BASIC MASTER Level-1/2を連想させました。

買ったもの §

  • Xbox360通常モデル本体
  • VGAケーブル
  • プレイ&チャージキット

 ハイビジョンTVがなくても、VGAケーブルでつなげばPC用モニタに接続して高解像度表示できるのがナイス。VGAケーブルにはなんとジェンダーチェンジャーも付いているので、そのままCPU切り替え機に接続できました。3つしか使っていなかったCPU4入力切り替え機の最後の1つを当たり前のように埋めてくれました。

 プレイ&チャージキットとは、通常電池で駆動されるワイヤレスコントローラに入れる充電式バッテリとUSBによる充電ケーブルのセットです。バッテリがあがっていても、USBを本体につなげば遊べます。便利なので持っていると良いようです。

 ちなみに、いろいろ機能を削った安いモデルもありますが、体験版等をダウンロードして遊ぶならHDDが要るので、それは避けた方が良いような気がします。

ゲームソフトは買わなくても楽しい §

 昔のゲーム機なら、適当なゲームソフトを2~3本買わないと面白くも何ともなかったのですが。

 今時の最新ゲーム機は違うということですね。

 とりあえず、本体内蔵のHEXIC HDというゲームは非常に奥が深いゲームです。

 このあたり参照。

 とりあえず、何回かやってスターは何個も作れるようになりました。ブラックパールはまだ作ったことがありません。しかし、スターを2つ隣接させると、この2個をどこにでも移動できると気付いたときの衝撃はかなり大きなものがあります。非常に面白いゲームです。

 それから、DOA4の体験版も落として遊んでみましたが、1回遊んで納得して終われました。私にとっての格闘ゲームは、本当に体験版1回遊べばOKレベルですね。

 もう1つ、アーケードのスクランブルの体験版も落としてみました。これは、昔と同じく「うーん、イマイチ燃えない」という感想になったのが面白いのか面白くないのか (汗。

 ともかく、Xbox Liveにつなげば、ゲームソフトは買わなくてもけっこう遊べます。

 ACE COMBAT 6体験版もできるしね!

面倒だった旧XboxからのLive IDの移行 §

 旧Xboxは買ったはよいが、実質的にほとんど遊んでいないのです。

 そのため、何もかも忘れていました。

 おかげで、スムーズにはほど遠い移行作業になりました。

 ともかく何をどう入力して良いのか分かりません。

 ゲーマータグと言われても分からない状況です。

 一時はXbox Liveを解約しようとも思っていたのですが、それを今回は継承してXbox360に移行させました。

ゲーマータグの画像 §

 天外魔境のジライヤのような画像があったので、とりあえずそれを入れておきました。

高解像度の価値 §

 ACE COMBAT 6体験版や高解像度のトレイラーを見れば高解像度の価値は歴然なのですが、意外にも普通のDVDを再生しても良い感じに思えます。

 もしかしたら、情報量は同じでも画像の補完処理などで擬似的な情報量が増えているのかも知れません。

ジュークボックスになるか? §

 とりあえずCDを入れるとそのままリッピングして蓄積してくれるのですが、これ簡易なジュークボックスに使ってもいいのかな?

感想 §

 でかい重いアメリカンテイストのマシンではありますが、その点さえ飲めば悪くはありませんね。PS3を買う可能性は、実質的に消えたも同然という感じです。

Facebook

キーワード【 トーノZEROゲームプレイ日記ハードウェア談義
【ハードウェア談義】の次のコンテンツ
2007年
12月
17日
PlayStation 2本体のDVDプレイヤーを制御するリモコンはSONY一般のDVDプレイヤー用で良かった
3days 0 count
total 14796 count
【ハードウェア談義】の前のコンテンツ
2006年
10月
19日
一筋縄ではいかない!? PSPでGoogle VideoのMP4動画を見る方法
3days 0 count
total 6368 count

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20070712014155
サイトの表紙【ハードウェア談義】の表紙【ハードウェア談義】のコンテンツ全リスト 【ハードウェア談義】の入手全リスト 【ハードウェア談義】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.