2009年04月30日
川俣晶の縁側ソフトウェア技術雑記total 17399 count

DELL Precision 380のCPUをCore2に換装できるかについてのメモ

Written By: 川俣 晶連絡先

 Intel-VTが有効ではないCPUでは、Windows 7のWindows XP Modeは使えないという情報があったので、DELL Precision 380のCPUをIntel-VT対応のCore2に換装できないか調べたメモです。

 以下の内容は全て信じてはいけません。Core2買ったのに動かなかった、という事態があっても責任は取れません。

ソケット §

 LG775なので、LG775のCore2であれば物理的に入りそう。

チップセット §

 955X ExpressはCore2もサポートしている模様。この点も問題なし。

 ただし、インテルの日本語サイトにある情報は古い参考訳なので、サポート対象にCore2の名前は入っていません。これを鵜呑みにすると不可能と錯覚する可能性あり。実際、これを見て不可能と断言している事例がいくつか目に付きます。

BIOS §

 Core2を動かすにはBIOSのサポートが必要とされますが、以下のBIOS変更履歴中、A07の"1. Add support for newer processors"がそれに当たる模様。(実際には未確認)

公式サポート §

 DELLに確認しましたが、DELL Precision 380でのCore2の使用はテストもしておらずサポートもしていないと断言されました。

結論 §

 グレーゾーンです。

 ネットを検索した範囲内では「仕様上できないはずだ」という断言が圧倒的大多数であり、若干の「やってもできなかった」という情報が存在する程度ですが、いずれも古い情報or古い情報をベースにした発言であり、BIOSのアップデートによって状況が変っている可能性もあり得ます。

 従って、過去の状況はともかく、現状では動作する可能性はゼロではなく、挑戦する勇者の出現が待たれるところでしょう。

 しかし、たとえ動いても公式サポートの対象外であり、少なくとも安全確実な結果を必要とする場合は試みるべきではないやり方だと言えます。

DELL Precision 380のBIOS変更履歴 §

 参考のため、A04からA09までのBIOS変更履歴をDELLのサイトから抽出してまとめました。

※ WS380A05.EXEは欠番

WS380A06.EXE

1. Improved optical drive bootability.

2. Improved PCI-Express memory mapped configuration space.

3. Added robustness to Service Tag edit feature.

4. Converted to the OSB SDK 3.0 badges.

5. Added support for new Intel VIIV logo.

6. Added beep when password length exceeds limit.

7. Improved ACPI MCFG table for Microsoft Vista ready.

8. Improved robustness to RAID option ROM support.

WS380A07.EXE

1. Add support for newer processors

2. Add Sigmatel preparations for Windows Vista.

3. Improve boot menu support for Quick Resume technology.

4. Improve processor detection code.

5. Improve thermal setting for newer processors.

WS380A08.EXE

1. Improve CMOS checksum function.

2. Add support for newer processor steppings.

3. Improve PCIE not fatal error reporting.

4. Improve drive password feature.

5. Fix processor logo detection.

6. Update PXE/RPL to 9.4.4.

7. Update verb tables in preparation for Vista.

8. Improve USB keyboard detach functionality.

9. Improve PME status reporting.

10.Improve system stability when no boot device is available.

WS380A09.EXE

1. Improve OROM Initialization

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側ソフトウェア技術雑記
【技術雑記】の次のコンテンツ
2009年
05月
05日
C#のインターフェースの明示的な実装のまとめ
3days 0 count
total 15854 count
【技術雑記】の前のコンテンツ
2009年
03月
28日
C#を病的に嫌う者が出現する理由を示す「Pascal踏み絵」仮説
3days 0 count
total 7452 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20090430161722
サイトの表紙【技術雑記】の表紙【技術雑記】のコンテンツ全リスト 【技術雑記】の入手全リスト 【技術雑記】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.33 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.