FAIRY TAIL(4)
紀伊國屋書店

2009年10月21日
川俣晶の縁側過去形 本の虫FAIRY TAILを読むtotal 2795 count

4巻・月の雫(ムーンドリップ)の呪文を唱えるベリア語とは何か

Written By: 川俣 晶連絡先

 興味深い話題なので、少しメモ。

 4巻第28話で、怪しげな集団が月の雫(ムーンドリップ)の呪文を唱えているシーンがありますが。日本語や英語とは縁遠い文字が並んでカタカナでルビが振ってあります。これはベリア語だと台詞で示されます。

 では、このベリア語とは何か。

 何となく、作者が自分で作った純粋架空の言語ではないだろう……という予感があったので、調べてみると。

ザガワ・ベリア文字 - Zaghawa Beria Alphabetより

1980年代に作成されたチャドのザガワ・ベリア語のアルファベット。

大文字と小文字の別が存在するが、大文字はラテン文字と異なり、文字の基本ラインの下部に伸びている。

発音は不明。

 OpenType, TrueType, Type1のフォントとサンプル文書PDFが以下のページにあります。

 さて。これらを見る限り、ザガワ・ベリア文字とFAIRY TAILのベリア語文字とは一致しません。しかし、一部の文字の特徴は一致しています。元ネタとしてアレンジして使ったという可能性も考えられるし、装飾性の高い筆記体という可能性も考えられますが、定かではありません。

 とはいえ、日本ではほとんど知られていないようなマイナー言語/文字として元ネタがありそう。FAIRY TAIL、見た目の軽さとは裏腹に奥が深そう。

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側過去形 本の虫FAIRY TAILを読む
【FAIRY TAILを読む】の次のコンテンツ
2009年
10月
22日
4巻まで読んだ感想・FAIRY TAILに含まれる驚愕すべき巧妙なトリックとは何か
3days 0 count
total 4859 count
【FAIRY TAILを読む】の前のコンテンツ
(ありません)

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2009年
10月
22日
4巻まで読んだ感想・FAIRY TAILに含まれる驚愕すべき巧妙なトリックとは何か
3days 0 count
total 4859 count


FAIRY TAIL(4)
紀伊國屋書店

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20091021175905
サイトの表紙【FAIRY TAILを読む】の表紙【FAIRY TAILを読む】のコンテンツ全リスト 【FAIRY TAILを読む】の入手全リスト 【FAIRY TAILを読む】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.