2011年10月02日
川俣晶の縁側ソフトウェア技術雑記total 3113 count

続・MVVMの世界は隣にあった

Written By: 川俣 晶連絡先

「あることに気づいて、愕然とした。うちのめされた」

「なんだい?」

「WPFにはコマンドという機能がある。機能を抽象化したものだ」

「それがどうした?」

「UIを改変しやすくするには、このコマンドという機能があると良いわけだ」

「どうして?」

「ある機能を発動するトリガをいくらでも変更できるからだ。ボタンは嫌だからメニューにするような改変も簡単で、インパクトも小さい」

「それで?」

「だから、抽象化されたUIレイヤーは持つといいことあるよ。ということだ」

「それに今更気づいたってこと?」

「そうじゃない。ここで言いたいのはもっと別のことだ」

「というと?」

「ANGFはWPFアプリではないが、最初から持っていたんだよ。抽象化されたUIレイヤーを」

「なぜ?」

「うん。理由は散文的で単純だ。ユーザー入力をジャーナリングしてプレイバックできるというのが開発目標にあってね」

「つまり。ユーザー入力とジャーナリングファイルからの入力をどちらも受け付けたいわけだね」

「そうだ。そこで、UIを抽象化して差し替え可能にした」

「それが、気づいたらMVVMだったという理由の1つだね?」

「まあな。だからさ。実際に昔からAbstractUIってクラスはあるし、UIが抽象化されているから変更も簡単だ」

「たとえば?」

「メニュー選択は現在独自に描画される選択画面を出すのだが、これを普通のダイアログボックスに変えるのも簡単で、それでアプリ本体に修正は必要無い。UIレイヤーだけの修正で終わる」

「それってANGFをバージョンアップするだけでよくて、1980オタクのヒデオはバージョンアップしないでいいってことだね?」

「そうだ。それがUIを抽象化するという意味だ」

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側ソフトウェア技術雑記
【技術雑記】の次のコンテンツ
2011年
10月
11日
器用にPHPのソースをいじってしまった
3days 0 count
total 2460 count
【技術雑記】の前のコンテンツ
2011年
09月
28日
これからOSの選択は自由にできないかもしれない
3days 0 count
total 2954 count

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2011年
09月
27日
MVVMの世界は隣にあった
3days 0 count
total 9012 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20111002175622
サイトの表紙【技術雑記】の表紙【技術雑記】のコンテンツ全リスト 【技術雑記】の入手全リスト 【技術雑記】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.