2012年05月17日
川俣晶の縁側過去形 本の虫ネギま!を読むtotal 1857 count

魔法先生ネギま!(38) (講談社コミックス), 赤松 健, 講談社

Written By: 川俣 晶連絡先

「無難に軟着陸させたな、というのが感想だ」

「なんか世間は非難が多いらしいぞ」

「他人は知らない」

「じゃあ、君はなぜ無難だと思うの?」

「最悪の状況は回避できたから」

「最悪の状況って何?」

「やることが終わっているのに、次々と敵が出てきて終わらないこと」

「もう終わってるの?」

「ネギの話はフェイトと和解した時点で終わってる」

「じゃあ、そこから引き延ばさないことがいいことなの?」

「そうだな。あとはエンディングに向かってまっしぐら。それでいい」

「伏線が回収されていないと文句が出ても?」

「やることが終わってるのに伏線回収のために話を続けるのは本末転倒だ」

「伏線は回収されないの?」

「そうとも言いきれない」

「なんで?」

「『ネギの話は終わっている』という問題と、この作品世界の誰かの物語が終わっているという話は別だからだ」

「じゃあ、別の誰かを主人公にしたマンガが続きうるの? なぜそう言いきれるの?」

「カバーの折り返しの作者コメントと、38巻の構成そのものがそれを物語っている」

「構成? どういうこと?」

「実はこのコミックは353時間目で終わっているのに、更に354時間目355時間目が存在する。そして、354時間目はネギも夕映以外のクラスメートも出てこない。純粋に夕映が主人公の話として構成されている。しかも、夕映は他者なのだ。あくまで事件を依頼に行く子供達の視点で構成されている。こういう話はありなんだよ。これからも続きうるんだよ、という分かりやすい説明になっている」

「まさか」

「そして、355時間目にはクラスメート全員のその後のダイジェストが書かれているのだが、実はここにいくらでもドラマがあり得ることが示唆される。軌道エレベーターのエレベーターガールというだけでも1つのコミックになり得る」

「ホテルマンだけでマンガが成立する世界ならそれもありってことだね」

「だからさ。355時間目のポイントは全員のその後を説明することなので、同窓会というテーマが良いわけだ」

「全員集合が示唆されるわけだね」

「でも、それは逆から見れば、みんな別々の道ということだ。バラバラのみんなには、個々の独自の物語があり得て、それはそれであっても良いということだ」

「しかし、それは既に『魔法先生ネギま!』ではないわけだね?」

「営業的な理由でそう名乗る可能性はあるかもしれないけどな」

「ぎゃふん」

「実際、陸奥圓明流外伝と同じような意味で魔法先生ネギま!外伝が出る可能性は十分にあり得るだろう」

「陸奥圓明流外伝だと主人公も状況も脇役もどんどん変わっていくけど、同じような世界に行く可能性があるわけだね」

超の扱い §

「超の扱いは割と上手かったと思う。再見できた」

「かなりご都合主義だよ」

「それはいい。どうせ時間旅行した時点で踏み込んでしまった世界だ」

「えー」

「あとは、悪ノリしてばつが悪いエヴァンジェリンとか、最後の最後でキーマンになる四葉さつきとかね。あのへんも悪くなかったと思うよ」

「さっちゃんか!」

「あと、大人になった夕映が無駄にミニスカを履いてないズボンファッションなのも良かったね」

「脱がされちゃうけどね」

Facebook

トラックバック一覧

2012年05月17日ネギま!関連サイト巡回(2012/05/17)From: ネギま!部屋(楊さんのページ別館)

■「Fly on the Cloud! オータム マガジン」さん「魔法先生ネギま!(38) (講談社コミックス), 赤松 健, 講談社」 魔法先生ネギま!(38) (講談社コミックス), 赤松 健, 講談社 【▲→川俣晶の縁側→過去形 ... 続きを読む

UQ HOLDER

キーワード【 川俣晶の縁側過去形 本の虫ネギま!を読む
【ネギま!を読む】の次のコンテンツ
2012年
05月
26日
38巻・お楽しみはこれからなのかもしれない
3days 0 count
total 1518 count
【ネギま!を読む】の前のコンテンツ
2012年
02月
21日
37巻・339時間目はなぜ渋谷でカラオケなのか・なぜ偶然同じ場所が重なるのか
3days 0 count
total 1687 count

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2012年
05月
26日
38巻・お楽しみはこれからなのかもしれない
3days 0 count
total 1518 count
2012年05月17日
川俣晶の縁側過去形 本の虫ネギま!を読むtotal 1857 count

魔法先生ネギま!(38) (講談社コミックス), 赤松 健, 講談社

Written By: 川俣 晶連絡先

「無難に軟着陸させたな、というのが感想だ」

「なんか世間は非難が多いらしいぞ」

「他人は知らない」

「じゃあ、君はなぜ無難だと思うの?」

「最悪の状況は回避できたから」

「最悪の状況って何?」

「やることが終わっているのに、次々と敵が出てきて終わらないこと」

「もう終わってるの?」

「ネギの話はフェイトと和解した時点で終わってる」

「じゃあ、そこから引き延ばさないことがいいことなの?」

「そうだな。あとはエンディングに向かってまっしぐら。それでいい」

「伏線が回収されていないと文句が出ても?」

「やることが終わってるのに伏線回収のために話を続けるのは本末転倒だ」

「伏線は回収されないの?」

「そうとも言いきれない」

「なんで?」

「『ネギの話は終わっている』という問題と、この作品世界の誰かの物語が終わっているという話は別だからだ」

「じゃあ、別の誰かを主人公にしたマンガが続きうるの? なぜそう言いきれるの?」

「カバーの折り返しの作者コメントと、38巻の構成そのものがそれを物語っている」

「構成? どういうこと?」

「実はこのコミックは353時間目で終わっているのに、更に354時間目355時間目が存在する。そして、354時間目はネギも夕映以外のクラスメートも出てこない。純粋に夕映が主人公の話として構成されている。しかも、夕映は他者なのだ。あくまで事件を依頼に行く子供達の視点で構成されている。こういう話はありなんだよ。これからも続きうるんだよ、という分かりやすい説明になっている」

「まさか」

「そして、355時間目にはクラスメート全員のその後のダイジェストが書かれているのだが、実はここにいくらでもドラマがあり得ることが示唆される。軌道エレベーターのエレベーターガールというだけでも1つのコミックになり得る」

「ホテルマンだけでマンガが成立する世界ならそれもありってことだね」

「だからさ。355時間目のポイントは全員のその後を説明することなので、同窓会というテーマが良いわけだ」

「全員集合が示唆されるわけだね」

「でも、それは逆から見れば、みんな別々の道ということだ。バラバラのみんなには、個々の独自の物語があり得て、それはそれであっても良いということだ」

「しかし、それは既に『魔法先生ネギま!』ではないわけだね?」

「営業的な理由でそう名乗る可能性はあるかもしれないけどな」

「ぎゃふん」

「実際、陸奥圓明流外伝と同じような意味で魔法先生ネギま!外伝が出る可能性は十分にあり得るだろう」

「陸奥圓明流外伝だと主人公も状況も脇役もどんどん変わっていくけど、同じような世界に行く可能性があるわけだね」

超の扱い §

「超の扱いは割と上手かったと思う。再見できた」

「かなりご都合主義だよ」

「それはいい。どうせ時間旅行した時点で踏み込んでしまった世界だ」

「えー」

「あとは、悪ノリしてばつが悪いエヴァンジェリンとか、最後の最後でキーマンになる四葉さつきとかね。あのへんも悪くなかったと思うよ」

「さっちゃんか!」

「あと、大人になった夕映が無駄にミニスカを履いてないズボンファッションなのも良かったね」

「脱がされちゃうけどね」

Facebook

トラックバック一覧

2012年05月17日ネギま!関連サイト巡回(2012/05/17)From: ネギま!部屋(楊さんのページ別館)

■「Fly on the Cloud! オータム マガジン」さん「魔法先生ネギま!(38) (講談社コミックス), 赤松 健, 講談社」 魔法先生ネギま!(38) (講談社コミックス), 赤松 健, 講談社 【▲→川俣晶の縁側→過去形 ... 続きを読む

UQ HOLDER

キーワード【 川俣晶の縁側過去形 本の虫ネギま!を読む
【ネギま!を読む】の次のコンテンツ
2012年
05月
26日
38巻・お楽しみはこれからなのかもしれない
3days 0 count
total 1518 count
【ネギま!を読む】の前のコンテンツ
2012年
02月
21日
37巻・339時間目はなぜ渋谷でカラオケなのか・なぜ偶然同じ場所が重なるのか
3days 0 count
total 1687 count
【ネギま!を読む】のコンテンツ全リスト【ネギま!を読む】の表紙

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2012年
05月
26日
38巻・お楽しみはこれからなのかもしれない
3days 0 count
total 1518 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20120517164149
サイトの表紙【ネギま!を読む】の表紙【ネギま!を読む】のコンテンツ全リスト 【ネギま!を読む】の入手全リスト 【ネギま!を読む】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.27 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.