2012年10月26日
川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡りtotal 997 count

東京都美術館・群龍割拠 猫とドラゴン展

Written By: 川俣 晶連絡先

「今週は死にそうなのだ。半端ない用事が毎日入っている」

「えー。毎日かよ」

「だから足が痛んでしまって、ひどい状況だよ」

「なのに、なぜ上野まで行った?」

「理由は以下の通り」

  • 上野の東京都美術館は行ったことがなかった。1回ぐらいは行きたかった
  • 群龍割拠 猫とドラゴン展というものを今ならやっている
  • 実は、そこそこ近くまで行く用事があった
  • 他に行ける日はない

「足の痛みを踏まえても今日行く必然性があったわけだね」

「うむ」

東京都美術館・群龍割拠 猫とドラゴン展

感想 §

「猫と龍の絵や造形物が並んでいたわけだが、けっこう面白かったぞ」

「どのへんが?」

「ポップカルチャーとアートの中間領域というのかな。アート寄りの作品もあれば、コミックの延長線にあるような作品もある」

「つまり?」

「カオスだな。普通の美術展とは少し傾向が違うが、離れすぎているわけでも無い」

感想その2 §

「もうちょっと何かないか?」

「面白い作品とつまらない作品の落差が激しいと言う感想は持った」

「なぜなの?」

「おそらく、龍という題材が弱すぎる」

「なぜ?」

「実在しないから、ある程度『これが龍ですよ』という記号性から逸脱できない部分があって、表現が凡庸になりやすいのではなかろうか」

「描いた本人は凡庸でもいいの?」

「昔見たような雰囲気、というのは年寄りの感想かも知れない。若い人は新鮮に見えるのかも知れない」

「それはまた微妙な感想だ」

「ははは」

「猫ならいいの?」

「猫は実在なのでもっと思い切った表現が出来そうな気がする」

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡り
【歴史資料館巡り】の次のコンテンツ
2012年
11月
03日
将軍池公園
3days 0 count
total 1291 count
【歴史資料館巡り】の前のコンテンツ
2012年
10月
24日
世田谷文学館・齋藤茂吉と『楡家の人びと』展
3days 0 count
total 1173 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20121026152837
サイトの表紙【歴史資料館巡り】の表紙【歴史資料館巡り】のコンテンツ全リスト 【歴史資料館巡り】の入手全リスト 【歴史資料館巡り】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.29 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.