2013年08月02日
トーノZEROゲームプレイ日記ACE COMBAT INFINITYtotal 1468 count

ACE COMBAT INFINITYと空賊と私掠船の問題

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「PS3持ってないからこの際無視しても良いと思ったのだが、捨て置けない単語が1つあった。プライベーティア=privateer=私掠船。誤用誤解されることが非常に多い用語だけど、空戦で稼いで新しい戦闘機を買うシステムには適した概念だろう」

「えっと、空賊という言葉も出てくるね。空賊は海賊に対応する概念だろ? ならば海賊と私掠船は違うの?」

「違う」

「どこが? どっちも海賊の映画に出てくるよ」

「そうだ。実態としてはそっくりだ。同じ人間が海賊船乗りであったり私掠船乗りであったりする」

「じゃあ、何が違うの?」

「海賊は法律の外にある。私掠船は法律の中にある」

「は?」

「つまり、私掠船免許があれば、同じような乗組員を乗せた同じような船であっても、法的に存在を承認された船になる」

「やることが違うの?」

「いや、ほとんど同じようなものだ」

「なんでだよ。意味分からないよ」

「だからね。戦争になったら敵国の船を襲って積み荷を奪っていいという免許が発行される。これが私掠船免許だ。奪った物資の一部は国家に上納されるみたいだ」

「結局、船は襲われるわけだね?」

「そうだ。しかし、ただ勝手に奪うのと、戦争状態下で敵国の経済を弱体化させるために奪うのでは話が違う」

「それは分かったけど、なんでそれがACE COMBATに似合うのかが分からないよ」

「いいかい。軍隊の装備は基本的に支給品なんだ。前線の兵士が戦って稼いで気に入った装備を買うなんてことは普通あり得ない。装備は買えないし選べないのが普通」

「ACE COMBAT 3の選べない出撃機体はそういう意味で妥当ってことだね」

「でも、それはゲーム的に面白くない」

「確かに……」

「だから、エリア88的な航空傭兵という概念が出てきて、ウスティオを守るために航空傭兵のガルムが飛ぶことになるが、やはりこれも話がおかしくなる」

「なんで?」

「戦闘機は個人で買えるような金額ではなくなるからだ」

「えー」

「そこで、今度は民間軍事会社という概念が出てくる」

「ACE COMBAT X2だね。会社なら戦闘機を買えるわけだね」

「ACE COMABT 3もそれに近い世界観だ」

「企業が世界を支配して争うわけだね」

「でも、これも破綻する」

「なんで?」

「国家の暴力装置をたかが1民間企業に委託するのは無理があるからだ」

「じゃあ、どうすれがいいんだよ」

「だから、私掠船という概念が生きてくる」

「なんで?」

「私掠船という概念は国家の法律の内側にあり、国家によって直接統率される」

「うん」

「しかし、具体的にどんな装備を持ってどこでどう戦えと命令されるわけではない。装備も支給されない。行動にも装備にも幅がある」

「でも、それじゃ民間軍事会社と似ているよ」

「企業は企業として存続しなければならないが、戦争も無いのにいつまでも継続するのは難しい。しかし、私掠船とは免許を受けて一発儲けに行く一種の一発屋事業なのだよ。だから、金を出して儲けが出ると思えば出資を募れる。国家のお墨付きもあるから、個人で買えない戦闘機も買えるだろう」

「金額は集まるってことだね」

「それだけじゃない。戦闘機はおそらく金があっても個人には売らない。国家的な機密も含まれるだろうから」

「分かった。私掠船免許という国家のお墨付きがあれば、売ってくれるかもしれないわけだね?」

「そうだ」

「だから、一発当てれば、もっといい戦闘機を選んで買うのも無理ではないわけだね?」

「そうそう。最初はセコハンのMIG-21しか買えなくても、成果を出しつつ貯金して、いつかはタイフーン……みたいな行動は取れる」

「なるほど。じゃあ、空賊は?」

「私掠船免許が失効しても、そこで装備が消えるわけではないよ」

「分かった。そのまま空賊にスライドすることも出来ちゃうわけだね?」

「実際にACE COMBAT INFINITYがそういう内容のゲームかは知らないけどね」

ならばどうする §

「結局、君はこのゲームを買うのかい?」

「条件は明確に提示できる」

  • 単調で飽きるのが早いDFM要りません
  • SAMに狙われているので高空に待避しようとしても地面に縛り付けられるASM要りません
  • 2Dシューティングに過ぎないガンナーは要りません
  • 空中機動の醍醐味が無いヘリは要りません
  • 単にマークするだけの爆撃も要りません

「で、どうなの?」

報道によると、以下のような状況らしい」

従来の「ACE COMBAT」シリーズのゲームシステムを再採用し、新規シナリオが収録された1人プレイ用のストーリーモードや、プレイヤー同士で編隊を組み、敵のNPCを駆逐する「オンライン協同戦役モードを搭載している。

「なんか意味分からないよ」

「ACAHも『従来の「ACE COMBAT」シリーズ』の1本と読めるから、そうなると再採用の意味も良く分からないけどね。ユリシーズとかストーンヘンジとか出てくるので、ACE COMBAT 04的なシステムへの回帰を意味するのなら問題は無いだろう」

「でもPS3持ってないだろ?」

「システム詳細が確定したらPS3買うことを検討するよ」

「なんで急に変わったんだ?」

「フリーツープレイ(F2P)モデル、基本無料って書いてあるだろう?」

「分かった。ゲームソフト代が無料なら、PS3の価格もそれほど高くは感じられないのか」

「もっとも、基本無料とは、どこまで金をむしられるか分からないの同義語ではあるよ」

「過剰に金が掛かりそうなときは、どうするの?」

「プレイをやめるだけさ」

Facebook

キーワード【 トーノZEROゲームプレイ日記ACE COMBAT INFINITY
【ACE COMBAT INFINITY】の次のコンテンツ
2013年
09月
03日
ACE COMBAT INFINITYの新ムービーTeaser 02公開だが……
3days 0 count
total 862 count
【ACE COMBAT INFINITY】の前のコンテンツ
2013年
07月
12日
ACE COMBAT新作でユリシーズは落ちたのだろうか
3days 0 count
total 1172 count
2013年08月02日
トーノZEROゲームプレイ日記ACE COMBAT INFINITYtotal 1468 count

ACE COMBAT INFINITYと空賊と私掠船の問題

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「PS3持ってないからこの際無視しても良いと思ったのだが、捨て置けない単語が1つあった。プライベーティア=privateer=私掠船。誤用誤解されることが非常に多い用語だけど、空戦で稼いで新しい戦闘機を買うシステムには適した概念だろう」

「えっと、空賊という言葉も出てくるね。空賊は海賊に対応する概念だろ? ならば海賊と私掠船は違うの?」

「違う」

「どこが? どっちも海賊の映画に出てくるよ」

「そうだ。実態としてはそっくりだ。同じ人間が海賊船乗りであったり私掠船乗りであったりする」

「じゃあ、何が違うの?」

「海賊は法律の外にある。私掠船は法律の中にある」

「は?」

「つまり、私掠船免許があれば、同じような乗組員を乗せた同じような船であっても、法的に存在を承認された船になる」

「やることが違うの?」

「いや、ほとんど同じようなものだ」

「なんでだよ。意味分からないよ」

「だからね。戦争になったら敵国の船を襲って積み荷を奪っていいという免許が発行される。これが私掠船免許だ。奪った物資の一部は国家に上納されるみたいだ」

「結局、船は襲われるわけだね?」

「そうだ。しかし、ただ勝手に奪うのと、戦争状態下で敵国の経済を弱体化させるために奪うのでは話が違う」

「それは分かったけど、なんでそれがACE COMBATに似合うのかが分からないよ」

「いいかい。軍隊の装備は基本的に支給品なんだ。前線の兵士が戦って稼いで気に入った装備を買うなんてことは普通あり得ない。装備は買えないし選べないのが普通」

「ACE COMBAT 3の選べない出撃機体はそういう意味で妥当ってことだね」

「でも、それはゲーム的に面白くない」

「確かに……」

「だから、エリア88的な航空傭兵という概念が出てきて、ウスティオを守るために航空傭兵のガルムが飛ぶことになるが、やはりこれも話がおかしくなる」

「なんで?」

「戦闘機は個人で買えるような金額ではなくなるからだ」

「えー」

「そこで、今度は民間軍事会社という概念が出てくる」

「ACE COMBAT X2だね。会社なら戦闘機を買えるわけだね」

「ACE COMABT 3もそれに近い世界観だ」

「企業が世界を支配して争うわけだね」

「でも、これも破綻する」

「なんで?」

「国家の暴力装置をたかが1民間企業に委託するのは無理があるからだ」

「じゃあ、どうすれがいいんだよ」

「だから、私掠船という概念が生きてくる」

「なんで?」

「私掠船という概念は国家の法律の内側にあり、国家によって直接統率される」

「うん」

「しかし、具体的にどんな装備を持ってどこでどう戦えと命令されるわけではない。装備も支給されない。行動にも装備にも幅がある」

「でも、それじゃ民間軍事会社と似ているよ」

「企業は企業として存続しなければならないが、戦争も無いのにいつまでも継続するのは難しい。しかし、私掠船とは免許を受けて一発儲けに行く一種の一発屋事業なのだよ。だから、金を出して儲けが出ると思えば出資を募れる。国家のお墨付きもあるから、個人で買えない戦闘機も買えるだろう」

「金額は集まるってことだね」

「それだけじゃない。戦闘機はおそらく金があっても個人には売らない。国家的な機密も含まれるだろうから」

「分かった。私掠船免許という国家のお墨付きがあれば、売ってくれるかもしれないわけだね?」

「そうだ」

「だから、一発当てれば、もっといい戦闘機を選んで買うのも無理ではないわけだね?」

「そうそう。最初はセコハンのMIG-21しか買えなくても、成果を出しつつ貯金して、いつかはタイフーン……みたいな行動は取れる」

「なるほど。じゃあ、空賊は?」

「私掠船免許が失効しても、そこで装備が消えるわけではないよ」

「分かった。そのまま空賊にスライドすることも出来ちゃうわけだね?」

「実際にACE COMBAT INFINITYがそういう内容のゲームかは知らないけどね」

ならばどうする §

「結局、君はこのゲームを買うのかい?」

「条件は明確に提示できる」

  • 単調で飽きるのが早いDFM要りません
  • SAMに狙われているので高空に待避しようとしても地面に縛り付けられるASM要りません
  • 2Dシューティングに過ぎないガンナーは要りません
  • 空中機動の醍醐味が無いヘリは要りません
  • 単にマークするだけの爆撃も要りません

「で、どうなの?」

報道によると、以下のような状況らしい」

従来の「ACE COMBAT」シリーズのゲームシステムを再採用し、新規シナリオが収録された1人プレイ用のストーリーモードや、プレイヤー同士で編隊を組み、敵のNPCを駆逐する「オンライン協同戦役モードを搭載している。

「なんか意味分からないよ」

「ACAHも『従来の「ACE COMBAT」シリーズ』の1本と読めるから、そうなると再採用の意味も良く分からないけどね。ユリシーズとかストーンヘンジとか出てくるので、ACE COMBAT 04的なシステムへの回帰を意味するのなら問題は無いだろう」

「でもPS3持ってないだろ?」

「システム詳細が確定したらPS3買うことを検討するよ」

「なんで急に変わったんだ?」

「フリーツープレイ(F2P)モデル、基本無料って書いてあるだろう?」

「分かった。ゲームソフト代が無料なら、PS3の価格もそれほど高くは感じられないのか」

「もっとも、基本無料とは、どこまで金をむしられるか分からないの同義語ではあるよ」

「過剰に金が掛かりそうなときは、どうするの?」

「プレイをやめるだけさ」

Facebook

キーワード【 トーノZEROゲームプレイ日記ACE COMBAT INFINITY
【ACE COMBAT INFINITY】の次のコンテンツ
2013年
09月
03日
ACE COMBAT INFINITYの新ムービーTeaser 02公開だが……
3days 0 count
total 862 count
【ACE COMBAT INFINITY】の前のコンテンツ
2013年
07月
12日
ACE COMBAT新作でユリシーズは落ちたのだろうか
3days 0 count
total 1172 count
【ACE COMBAT INFINITY】のコンテンツ全リスト【ACE COMBAT INFINITY】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20130802180833
サイトの表紙【ACE COMBAT INFINITY】の表紙【ACE COMBAT INFINITY】のコンテンツ全リスト 【ACE COMBAT INFINITY】の入手全リスト 【ACE COMBAT INFINITY】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.27 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.