2013年10月01日
川俣晶の縁側技術関連執筆情報『たのしいC#プログラミング』読者サポートtotal 2867 count

たのしいC#プログラミング・訂正情報

Written By: 川俣 晶連絡先

 第1版第1刷の訂正情報です。

60ページ §

誤: Actionデリゲート型とFuncデリゲート型の違いは、後者が戻り値の型も指定できる点です。

正: Actionデリゲート型とFuncデリゲート型の違いは、前者が戻り値を持たないのに対して、後者は戻り値を持つ点です。ですから、Actionデリゲート型は戻り値の型を指定できないのに対して、Funcデリゲート型は戻り値の型を指定できます。

184ページ §

誤: 練習問題2 正解1

正: 練習問題2 正解2

142ページ §

誤: 並び巡

正: 並び順

145ページ §

誤: ただし、値を渡すために使用できないので、初期化に使用した値が意味を持つとは限らない

正: ただし、値を渡すために使用できないので、初期化に使用した値が意味を持つとは限らない。その値を利用する何らかのコードがあれば意味を持つかもしれないが、出力パラメータを受け取るメソッド側はその値を参照できず、意味を持たせることはできない。

171ページ実行結果欄 §

誤: 0

正: 0+空行

215ページ §

誤: 練習問題4 正解1

正: 練習問題4 正解5

233ページ §

誤: xやyは負数にもできます

正: aやbは負数にもできます

238ページ §

誤: 1.5

正: ±1.5

誤: 3.4

正: ±3.4

誤: 5.0

正: ±5.0

誤: 1.7

正: ±1.7

241ページ §

誤: 1.0

正: ±1.0

誤: 7.9

正: ±7.9

290ページ §

誤: "(int[])array

正: "(int[])array"

561ページ §

誤: 練習問題11 正解1。タスクの切り替えで割り込まれない、1回の操作でまとめて書き換えられる小さなデータだけがvolatile 指定できる。

正: 練習問題11 正解4。タスクの切り替えで割り込まれない、1回の操作でまとめて書き換えられる小さなデータだけがvolatile 指定できる。だからクラスAの参照をvolatile object a = new A();のように使用することはできるが、構造体Bをvolatile B b = new B();と使用することはできない。クラスの参照は小さいデータだが、構造体そのものは一般論としては大きいからだ。ところがこれには例外があり、構造体Bをvolatile object c = new B();として使用するとコンパイルが通る。ボックス化された構造体Bへの参照は十分に小さいからだ。ただし、これはあくまでボックス化された参照を書き換えられるだけであり、Bのメンバーにアクセスして安全かはまた別の問題だ。そのため、一般論としては4が正解になる。

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側技術関連執筆情報『たのしいC#プログラミング』読者サポート
【『たのしいC#プログラミング』読者サポート】の次のコンテンツ
2014年
06月
22日
たのしいC#プログラミング・訂正情報【練習問題解答訂正2件】
3days 0 count
total 1589 count
【『たのしいC#プログラミング』読者サポート】の前のコンテンツ
(ありません)

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20131001135434
サイトの表紙【『たのしいC#プログラミング』読者サポート】の表紙【『たのしいC#プログラミング』読者サポート】のコンテンツ全リスト 【『たのしいC#プログラミング』読者サポート】の入手全リスト 【『たのしいC#プログラミング』読者サポート】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.29 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.