2013年11月02日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 1219 count

宇宙戦艦ヤマト 冥界譚【第2稿】愛の根拠の補強

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

トーノZERO様

冥界譚、読ませていただきました。

読んでいる間中「惑星ソラリス」「イベント・ホライゾン」「うる星やつらビューティフル・ドリーマー」などが頭を駆け巡り、一体自分はどこに連れて行かれるのだろうという気持ちでした。

旧作の作画や演出ミスという穴をきっちり埋めながらそれを利用して別の物語構造にしてしまったのは大変面白いと思います。

しかし穴を埋めることの難しさというか、恐ろしさを示した作品でもあると感じます。

冥界譚はきっちり埋めてみたら元々あった胸踊る冒険やロマンは一切合切消え去り、荒野の中にただ小さな希望だけが残った、という感じです。

この物語をどう自分の中で落とし所を見つけるか大いに戸惑うところなのですが、私は神話という枠組みで捉えることにしました。

もともと1974ヤマトは神話的です。

ギリシャ神話やエジプト神話、古事記など神話の世界では話の辻褄が合わなかったり、いつの間にか設定が変わっていたり、登場人物の性格が破綻していることは珍しくありません。これは1974ヤマトの特徴でもあります。

そしてヘラクレスやイザナギなど神話の世界の英雄はしばしば冥界に降りて死者と対峙します。

冥界譚は1974ヤマトの辻褄の合わなさを古代の幻想として合理的説明を与えていますが、逆に1974ヤマトにはない冥界のイメージを取り入れています。そこに神話の匂いを感じます。

さらに一歩話を進めるなら、この冥界譚は、はるか未来の神話の種なのだとも捉えられます。

古代と森を始祖とする未来の人類は、一度滅びかけたあとの世界の始まりをどう語り継ぐでしょうか。

おそらく核で滅びかけたという事実は積極的に語り継がれることはないと思われます。

一方で、自分の子供達にお話をせがまれれば、古代はよく知っている冒険譚を自分の見た幻想を元にまるで経験談のように活き活きと語るでしょう。娯楽のない世界で唯一語られる活劇です。子供達はその物語に夢中になるに違いありません。

物語は世代を経て語り継がれてゆきます。何百年何千年も経つうちにそれは脚色され純化されて、やがては古代と森という新たなイザナギ・イザナミが地上に降りるまでを語る、新しい国生みの神話となってゆくのではないでしょうか。

すなわち1974ヤマトははるか十数万年未来の人類が語る神話であり、冥界譚はその神話が生まれる経緯を明かした物語だった、という解釈です。

そこでは1974は本当に神話となり、辻褄の合わなさや、登場人物の人格破綻も、神話が備えている当然の属性として批判の対象ではなくなる。

「冥界譚」の先には神話という肩書を得て矛盾や破綻箇所をそのままに完成形として語られる「1974ヤマト」がある、という形で両者は繋がるのだ…。

と、こんな感じで自分の中で決着をつけました。

ところで読んでいてひとつ腑に落ちなかったのが島です。彼はプロジェクトの趣旨を分かって志願している筈だと思うのですが、それでなお森に言い寄るその真意は何処にあったのでしょう。

ともあれ楽しませていただきました。ありがとうございます。

カエル課長

「カエル課長さま。素晴らしい感想をありがとう」

「神話として読む解釈は正しいのかい?」

「正しいかどうかは読者次第であって、書き手が示すものではない。でも、あえて言うなら正しい。なぜなら、無人の土地に男と女が1人ずつ立つのは神話的であるからだ。これは、神話的な物語を意図したものなので、それで問題は何も無い」

「古代が雪を愛する根拠については?」

「確かに愛する根拠の説明が不十分なので、結末を少し手直しした第2稿を作成した」

「っていうか、やっぱり根拠分からないよ」

「愛とは根拠が無いものだからだ」

「既に読んだ人はどこから読むと違いが分かるの?」

「誤字訂正以外の修正が入っているのは第4章の最後とエピローグだけ」

「で、他に何か言いたいことは?」

「たぶんね。スターシャと古代守ばらアダムとイブに当てはまるけど、古代と雪ならイザナギとイザナミの方が似合いそうだ」

オマケ §

「ダジャレを何か言ってくれよ。息苦しい」

「古代と雪ならイザナギとイザナミの方が似合いそうだ」

「は?」

「ヤマト2199の前にやってた番組がイザナギのナギ」

「いや、それはナギじゃないから。マギだから」

オマケ2 §

「ダジャレを何か言ってくれよ。息苦しい」

「イザナギとイザナミとなった古代と雪が夫婦喧嘩したらヤマトが仲裁してくれるに違いない」

「は?」

「これをヤマト調停という」

「それもダジャレが言いたいだけじゃろ」

オマケIII §

「ダジャレを何か言ってくれよ。息苦しい」

「イザナミってなんか駆逐艦みたいな名前だな」

「綾波並みに扱うな!」

「そういう意味ではイザナギだって」

「夕凪並みに扱うな!」

「土方教官!」

「それはゆうなぎ」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2013年
11月
03日
感想・ヤマト2199設定資料集ガミラス編
3days 0 count
total 1482 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2013年
11月
02日
2199沖田十三大鴉説
3days 0 count
total 1273 count
2013年11月02日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 1219 count

宇宙戦艦ヤマト 冥界譚【第2稿】愛の根拠の補強

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

トーノZERO様

冥界譚、読ませていただきました。

読んでいる間中「惑星ソラリス」「イベント・ホライゾン」「うる星やつらビューティフル・ドリーマー」などが頭を駆け巡り、一体自分はどこに連れて行かれるのだろうという気持ちでした。

旧作の作画や演出ミスという穴をきっちり埋めながらそれを利用して別の物語構造にしてしまったのは大変面白いと思います。

しかし穴を埋めることの難しさというか、恐ろしさを示した作品でもあると感じます。

冥界譚はきっちり埋めてみたら元々あった胸踊る冒険やロマンは一切合切消え去り、荒野の中にただ小さな希望だけが残った、という感じです。

この物語をどう自分の中で落とし所を見つけるか大いに戸惑うところなのですが、私は神話という枠組みで捉えることにしました。

もともと1974ヤマトは神話的です。

ギリシャ神話やエジプト神話、古事記など神話の世界では話の辻褄が合わなかったり、いつの間にか設定が変わっていたり、登場人物の性格が破綻していることは珍しくありません。これは1974ヤマトの特徴でもあります。

そしてヘラクレスやイザナギなど神話の世界の英雄はしばしば冥界に降りて死者と対峙します。

冥界譚は1974ヤマトの辻褄の合わなさを古代の幻想として合理的説明を与えていますが、逆に1974ヤマトにはない冥界のイメージを取り入れています。そこに神話の匂いを感じます。

さらに一歩話を進めるなら、この冥界譚は、はるか未来の神話の種なのだとも捉えられます。

古代と森を始祖とする未来の人類は、一度滅びかけたあとの世界の始まりをどう語り継ぐでしょうか。

おそらく核で滅びかけたという事実は積極的に語り継がれることはないと思われます。

一方で、自分の子供達にお話をせがまれれば、古代はよく知っている冒険譚を自分の見た幻想を元にまるで経験談のように活き活きと語るでしょう。娯楽のない世界で唯一語られる活劇です。子供達はその物語に夢中になるに違いありません。

物語は世代を経て語り継がれてゆきます。何百年何千年も経つうちにそれは脚色され純化されて、やがては古代と森という新たなイザナギ・イザナミが地上に降りるまでを語る、新しい国生みの神話となってゆくのではないでしょうか。

すなわち1974ヤマトははるか十数万年未来の人類が語る神話であり、冥界譚はその神話が生まれる経緯を明かした物語だった、という解釈です。

そこでは1974は本当に神話となり、辻褄の合わなさや、登場人物の人格破綻も、神話が備えている当然の属性として批判の対象ではなくなる。

「冥界譚」の先には神話という肩書を得て矛盾や破綻箇所をそのままに完成形として語られる「1974ヤマト」がある、という形で両者は繋がるのだ…。

と、こんな感じで自分の中で決着をつけました。

ところで読んでいてひとつ腑に落ちなかったのが島です。彼はプロジェクトの趣旨を分かって志願している筈だと思うのですが、それでなお森に言い寄るその真意は何処にあったのでしょう。

ともあれ楽しませていただきました。ありがとうございます。

カエル課長

「カエル課長さま。素晴らしい感想をありがとう」

「神話として読む解釈は正しいのかい?」

「正しいかどうかは読者次第であって、書き手が示すものではない。でも、あえて言うなら正しい。なぜなら、無人の土地に男と女が1人ずつ立つのは神話的であるからだ。これは、神話的な物語を意図したものなので、それで問題は何も無い」

「古代が雪を愛する根拠については?」

「確かに愛する根拠の説明が不十分なので、結末を少し手直しした第2稿を作成した」

「っていうか、やっぱり根拠分からないよ」

「愛とは根拠が無いものだからだ」

「既に読んだ人はどこから読むと違いが分かるの?」

「誤字訂正以外の修正が入っているのは第4章の最後とエピローグだけ」

「で、他に何か言いたいことは?」

「たぶんね。スターシャと古代守ばらアダムとイブに当てはまるけど、古代と雪ならイザナギとイザナミの方が似合いそうだ」

オマケ §

「ダジャレを何か言ってくれよ。息苦しい」

「古代と雪ならイザナギとイザナミの方が似合いそうだ」

「は?」

「ヤマト2199の前にやってた番組がイザナギのナギ」

「いや、それはナギじゃないから。マギだから」

オマケ2 §

「ダジャレを何か言ってくれよ。息苦しい」

「イザナギとイザナミとなった古代と雪が夫婦喧嘩したらヤマトが仲裁してくれるに違いない」

「は?」

「これをヤマト調停という」

「それもダジャレが言いたいだけじゃろ」

オマケIII §

「ダジャレを何か言ってくれよ。息苦しい」

「イザナミってなんか駆逐艦みたいな名前だな」

「綾波並みに扱うな!」

「そういう意味ではイザナギだって」

「夕凪並みに扱うな!」

「土方教官!」

「それはゆうなぎ」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2013年
11月
03日
感想・ヤマト2199設定資料集ガミラス編
3days 0 count
total 1482 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2013年
11月
02日
2199沖田十三大鴉説
3days 0 count
total 1273 count
【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト【宇宙戦艦ヤマト】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20131102161254
サイトの表紙【宇宙戦艦ヤマト】の表紙【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】の入手全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.27 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.