2014年01月20日
トーノZERO映画感想total 4232 count

続・感想・映画「連合艦隊司令長官 山本五十六(1968年)」

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

ID: 20140119000750

Subject: 感想・映画「連合艦隊司令長官 山本五十六(1968年)」

Keyword: 【▲→トーノZERO→映画感想】

URL: http://mag.autumn.org/Content.modf?id=20140119000750

名前: トモネコ

本文:

「五十六1968にはハヤタ隊員も出ています」

トーノ様が1968年版を御覧になったので私も慌てて買って、今日視ました。

(今、DVDマガジンで安価版が出ているので)

陸軍参謀B役でハヤタ隊員を演じた黒部進氏が出ていますね。

大昔にTVで視て以来でしたが冒頭と最後意外の記憶が全く無かったです。

冒頭の川のシーンは長岡の川と思っていましたが新発田市の加治川でした。

(桜の名所なので選ばれたと思います)

本編は特撮博を観た後だったので楽しめました。

(映画の中と同じ道具が特撮博にありました)

他の作品からの流用が多いようですね。

紫電改やP51が出ていますね。

アニメでいうとバンクセルでしょうか?(汗)

冒頭で長岡の料亭での宴会のシーンがありましたが私の母方祖父が長岡で一に二の腕前の板前で(私は生まれた時にはすでに亡くなっていますが)

大切な大きな宴会の時には呼ばれていたそうです。

戦前、戦中は軍が大切なお客様で軍人が来ると呼ばれたそうです。もしかすると五十六にも料理を出したかもしれません。

戦後は田中角栄の披露宴の時に呼ばれたそうです。

今となっては確認出来ないので残念です。

また1968版では「佐渡おけさ」だったので苦笑いでした。

(当時は新潟らしさの演出だったのでしょうが..)

この前の役所版ではちゃんと「長岡甚句」でした。

それではまた、失礼します。

ここの詳細なリストでいうとこれだね」

  • 陸軍少佐参謀/黒部 進

「意外な配役多し」

「つまり、この映画はハヤタとシャアが共演してたわけだね?」

「そういうことになる」

「バンクの件はどうなんだ?」

「太平洋の嵐と太平洋の翼の映像を使っているらしいが、太平洋の嵐と続けて見たから確かに同じ映像がいくつもあった。しかし、太平洋の翼は343空の映画なので、紫電改の映画だ。明らかに時代が違う」

「さすがに343空の映画の映像を使うのはムチャだ」

「でもね。WikiPediaを見たら『たった4機で天一号作戦に随伴するなど』って説明は何となく見た記憶がある。子供の頃に見た映画かもしれない。確かめないと」

Facebook

キーワード【 トーノZERO映画感想
【映画感想】の次のコンテンツ
2014年
01月
24日
感想・映画「太平洋の翼」
3days 0 count
total 955 count
【映画感想】の前のコンテンツ
2014年
01月
19日
感想・映画「連合艦隊司令長官 山本五十六(1968年)」
3days 0 count
total 1348 count
2014年01月20日
トーノZERO映画感想total 4232 count

続・感想・映画「連合艦隊司令長官 山本五十六(1968年)」

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

ID: 20140119000750

Subject: 感想・映画「連合艦隊司令長官 山本五十六(1968年)」

Keyword: 【▲→トーノZERO→映画感想】

URL: http://mag.autumn.org/Content.modf?id=20140119000750

名前: トモネコ

本文:

「五十六1968にはハヤタ隊員も出ています」

トーノ様が1968年版を御覧になったので私も慌てて買って、今日視ました。

(今、DVDマガジンで安価版が出ているので)

陸軍参謀B役でハヤタ隊員を演じた黒部進氏が出ていますね。

大昔にTVで視て以来でしたが冒頭と最後意外の記憶が全く無かったです。

冒頭の川のシーンは長岡の川と思っていましたが新発田市の加治川でした。

(桜の名所なので選ばれたと思います)

本編は特撮博を観た後だったので楽しめました。

(映画の中と同じ道具が特撮博にありました)

他の作品からの流用が多いようですね。

紫電改やP51が出ていますね。

アニメでいうとバンクセルでしょうか?(汗)

冒頭で長岡の料亭での宴会のシーンがありましたが私の母方祖父が長岡で一に二の腕前の板前で(私は生まれた時にはすでに亡くなっていますが)

大切な大きな宴会の時には呼ばれていたそうです。

戦前、戦中は軍が大切なお客様で軍人が来ると呼ばれたそうです。もしかすると五十六にも料理を出したかもしれません。

戦後は田中角栄の披露宴の時に呼ばれたそうです。

今となっては確認出来ないので残念です。

また1968版では「佐渡おけさ」だったので苦笑いでした。

(当時は新潟らしさの演出だったのでしょうが..)

この前の役所版ではちゃんと「長岡甚句」でした。

それではまた、失礼します。

ここの詳細なリストでいうとこれだね」

  • 陸軍少佐参謀/黒部 進

「意外な配役多し」

「つまり、この映画はハヤタとシャアが共演してたわけだね?」

「そういうことになる」

「バンクの件はどうなんだ?」

「太平洋の嵐と太平洋の翼の映像を使っているらしいが、太平洋の嵐と続けて見たから確かに同じ映像がいくつもあった。しかし、太平洋の翼は343空の映画なので、紫電改の映画だ。明らかに時代が違う」

「さすがに343空の映画の映像を使うのはムチャだ」

「でもね。WikiPediaを見たら『たった4機で天一号作戦に随伴するなど』って説明は何となく見た記憶がある。子供の頃に見た映画かもしれない。確かめないと」

Facebook

キーワード【 トーノZERO映画感想
【映画感想】の次のコンテンツ
2014年
01月
24日
感想・映画「太平洋の翼」
3days 0 count
total 955 count
【映画感想】の前のコンテンツ
2014年
01月
19日
感想・映画「連合艦隊司令長官 山本五十六(1968年)」
3days 0 count
total 1348 count
【映画感想】のコンテンツ全リスト【映画感想】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20140120233330
サイトの表紙【映画感想】の表紙【映画感想】のコンテンツ全リスト 【映画感想】の入手全リスト 【映画感想】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.