2014年08月19日
トーノZERO映画感想total 527 count

感想・映画「大統領の執事の涙」

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「なぜ見たの?」

「母が見たいと言ったから」

「主体性がないんかい」

「でも凄く面白かったぞ」

「どんな映画なの?」

「ホワイトハウスの執事になった黒人男の話かと思いきや、半分は息子の解放運動家の話だな。要するに黒人解放運動の映画だ」

「それが面白いの?」

「そうだ。なぜなら、過去のアメリカは今の日本と重なるからだ。けして可哀想な黒人のお涙頂戴の映画には見えない」

「それはどういうこと?」

「KKKみたいな差別運動している連中が今の日本にはうじゃうじゃいるってことだ」

「なんてこった」

「だからさ。ネットで中韓叩いて喜んでいる連中はあと数年で白いかぶり物で顔を隠して徒党を組んで襲撃を始めるぞ」

「逮捕されちゃうよ」

「大丈夫だ。政治家にも差別主義者は多い。彼らの影響圏内ではやりたい放題だろう」

「それじゃ法治国家じゃ無いよ」

「無論その通り。この映画でも【法律を決めても施行されない】と悩む大統領が出てくるわけで、結局は同じことだ。この映画は過去のアメリカを描いているが近未来の日本を描いているとも言える」

「もしかして、差別反対って言うと日本人でも襲撃されるのか?」

「当然そうだろう。【差別に反対するなんて、こいつが日本人であるわけがない。在日に決まっている】という理屈で勝手に朝鮮名をでっちあげれば襲撃可能」

「でもさ。差別反対って、とても普通の考え方じゃないか」

「そうだよ。別にどこにでもそういう人はいる」

「日本は嫌な国になりそうだね」

「そんなことはないぞ」

「えっ?」

「既に嫌な国だよ」

「ぎゃふん」

「まあそれはそれとして、音楽良かったね。特にエンドロールの後半の曲は良かったよ」

Facebook

トラックバック一覧

2014年12月24日大統領の執事の涙 フォレスト・ウィテカー/黒人なしで語れぬアメリカ史From: 映画・世界史から探る気になる人々

2013年 アメリカ ホワイトハウスで34年間、執事をしていたユージン·アレンという一人の黒人をモデルにした物語。 冒頭で「実話に着想を得た」と紹介があり、完全な実話ではありませんが、彼は黒人でありながらも、最終的にホワイトハウスで執事の中の最も高いランクを達成したという優秀な人物です。当作品を観て感じたのは「仕えるだけ」を合言葉にしている彼らが、歴代の大統領に与えてきた影響は計り知れない... 続きを読む

キーワード【 トーノZERO映画感想
【映画感想】の次のコンテンツ
2014年
08月
24日
感想・映画「アナと雪の女王」【ネタバレ注意】
3days 0 count
total 657 count
【映画感想】の前のコンテンツ
2014年
08月
18日
感想・映画「FUTURE WAR 198X年」
3days 0 count
total 571 count
2014年08月19日
トーノZERO映画感想total 527 count

感想・映画「大統領の執事の涙」

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「なぜ見たの?」

「母が見たいと言ったから」

「主体性がないんかい」

「でも凄く面白かったぞ」

「どんな映画なの?」

「ホワイトハウスの執事になった黒人男の話かと思いきや、半分は息子の解放運動家の話だな。要するに黒人解放運動の映画だ」

「それが面白いの?」

「そうだ。なぜなら、過去のアメリカは今の日本と重なるからだ。けして可哀想な黒人のお涙頂戴の映画には見えない」

「それはどういうこと?」

「KKKみたいな差別運動している連中が今の日本にはうじゃうじゃいるってことだ」

「なんてこった」

「だからさ。ネットで中韓叩いて喜んでいる連中はあと数年で白いかぶり物で顔を隠して徒党を組んで襲撃を始めるぞ」

「逮捕されちゃうよ」

「大丈夫だ。政治家にも差別主義者は多い。彼らの影響圏内ではやりたい放題だろう」

「それじゃ法治国家じゃ無いよ」

「無論その通り。この映画でも【法律を決めても施行されない】と悩む大統領が出てくるわけで、結局は同じことだ。この映画は過去のアメリカを描いているが近未来の日本を描いているとも言える」

「もしかして、差別反対って言うと日本人でも襲撃されるのか?」

「当然そうだろう。【差別に反対するなんて、こいつが日本人であるわけがない。在日に決まっている】という理屈で勝手に朝鮮名をでっちあげれば襲撃可能」

「でもさ。差別反対って、とても普通の考え方じゃないか」

「そうだよ。別にどこにでもそういう人はいる」

「日本は嫌な国になりそうだね」

「そんなことはないぞ」

「えっ?」

「既に嫌な国だよ」

「ぎゃふん」

「まあそれはそれとして、音楽良かったね。特にエンドロールの後半の曲は良かったよ」

Facebook

トラックバック一覧

2014年12月24日大統領の執事の涙 フォレスト・ウィテカー/黒人なしで語れぬアメリカ史From: 映画・世界史から探る気になる人々

2013年 アメリカ ホワイトハウスで34年間、執事をしていたユージン·アレンという一人の黒人をモデルにした物語。 冒頭で「実話に着想を得た」と紹介があり、完全な実話ではありませんが、彼は黒人でありながらも、最終的にホワイトハウスで執事の中の最も高いランクを達成したという優秀な人物です。当作品を観て感じたのは「仕えるだけ」を合言葉にしている彼らが、歴代の大統領に与えてきた影響は計り知れない... 続きを読む

キーワード【 トーノZERO映画感想
【映画感想】の次のコンテンツ
2014年
08月
24日
感想・映画「アナと雪の女王」【ネタバレ注意】
3days 0 count
total 657 count
【映画感想】の前のコンテンツ
2014年
08月
18日
感想・映画「FUTURE WAR 198X年」
3days 0 count
total 571 count
【映画感想】のコンテンツ全リスト【映画感想】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20140819220517
サイトの表紙【映画感想】の表紙【映画感想】のコンテンツ全リスト 【映画感想】の入手全リスト 【映画感想】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.