2014年09月20日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 719 count

続・ヤマトのハリウッド実写化については語る気なし

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

Subject: ヤマトのハリウッド実写化については語る気なし

Keyword: 【▲→トーノZERO→アニメ感想→宇宙戦艦ヤマト】

URL: http://mag.autumn.org/Content.modf?id=20140909085219

名前: トモネコ

本文:

「キムタクのやつよりマシだよね?」

今日、会社のマンガ好きの上司にネットサーフで知ったのだけれどヤマト、ハリウッド版ができるのね。

「キムタクのやつよりマシになるよね?」と言われました(T_T)

私は「木村さんのも良いです!」の言葉をぐっとこらえ「そうですね、しかし大和とヤマトの意味を米版に求めることは無理ですから」と答えましたが上司は???のようでした..

特撮が日本版より素晴らしくなるだろうとの意見は一致しましたが(^_^;)

改めてヤマトを本気で語ることの出来るこの場を与えて下さったトーノ様に感謝です!

・追記・

私は未だにSBヤマトの支持者に直に会った事がありません(号泣)

マンガ好きの上司は奥さんが嫌な顔をするので家でアニメが視られないそうです(ヒ~)よって2199のDVDを貸してあげられません(^_^;)

(残念です!)

「【キムタクのやつ】の善し悪しというのは非常に難しい問題を孕む」

「どうして?」

「いろいろな意味で軋轢を生んでいるのも事実だからだ」

「たとえば?」

「実写イコール間違いと決めつける価値観を持ったオタクも多く、そういう連中があることないこと、いや、ないことないこと言い放つと、あれが良かったと思うファンはカチンと来るから過剰に援護しがちだ。しかし、問題点が無いと言ったら嘘になる」

「【実写イコール間違い】か。まるで【ヤマトイコール間違い】みたいな常識だな」

「そんな単純な図式で物事を割り切れたら楽で良いけどな。実際にはそんな簡単なルールで世界は割り切れない」

「分かったぞ。そうやって割り切れることが【子供】の証明なんだ」

「SBヤマトに関する問題は、やはり思い入れに対して実際の表現が追いついていないことだろう」

「それはどういう意味?」

「スタッフの中に昔夢中でヤマトを見た者達が何人もいるのは事実だろうが、彼らの美しい思い出は実際のフィルム以上に美しい。その美しさは過剰なハードルの高さとなっている。それを目指してはみたものの、実際にはいろいろな意味で足りない部分が残った。そういうことだろう」

「問題はどこにあるわけ?」

「それはね。【美しい思い出】という部分だよ。【美しい思い出】は美化されるがそれは主観によって行われる。だからね。価値観が違う人が持つ【思い出】は別者になる。別物を忠実に再現しても別物だ」

「価値観が違うアメリカ人が作ったら自動的に【コレジャナイ】になるだろうが、その理由は彼らがヤマトを分かっていないからではないわけだね」

「そうだ。そもそも最初から見たものが違うのだ」

「アメリカ人を過剰に貶めるなってことだね」

「いやいや。それもあるが話はもっと大きい」

「えっ?」

「復活篇だって。ヤマト2199だって、同じことだよ。それらは特定の解釈で構成されているが、おそらく【コレジャナイ】と思った人も多いはずだ。でもそれはヤマトを分かっていないからではなく、【その人にとってはそう見えた】という問題なのだ。だから【コレジャナイ】と思った人も正しいヤマトを分かっている訳ではない。それは他の人と同じ特定の解釈に過ぎない」

「正しいヤマトを規定できる人間は誰もおらず、全ての解釈は相対的だってことだね」

「だからね。いろいろなヤマト解釈に触れられることが面白いと思わねば」

「分かった。ヤマト2199を劇場に見に行って【それは俺の解釈と違う】と怒るのではなく、【そういう解釈もありか】と驚くべきなのだね」

「その【驚き】こそが本来の【お楽しみ】というわけだ」

オマケ §

「アニメ業界にいる人間だけが自分の解釈をフィルムに反映させうるのはどうなんだ?」

「それは逆で、仕事でアニメを作る場合は、勝手な解釈で描いてしまうことはできず、やはり制約されていると思うべきだ。アニメという集団作業の宿命だ」

「ヤマトの俺解釈はアニメでも描けないってことだね」

「それを描くなら、アニメではなく、もっと属人性の高い、個人に属する表現手段を利用しないとな」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2014年
09月
21日
宇宙戦艦ヤマトとゴーバリアンに関係はあるのか無いのかパート2
3days 0 count
total 612 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2014年
09月
19日
1974版ガミラス雷撃機の魚雷は二本!
3days 0 count
total 876 count
2014年09月20日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 719 count

続・ヤマトのハリウッド実写化については語る気なし

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

Subject: ヤマトのハリウッド実写化については語る気なし

Keyword: 【▲→トーノZERO→アニメ感想→宇宙戦艦ヤマト】

URL: http://mag.autumn.org/Content.modf?id=20140909085219

名前: トモネコ

本文:

「キムタクのやつよりマシだよね?」

今日、会社のマンガ好きの上司にネットサーフで知ったのだけれどヤマト、ハリウッド版ができるのね。

「キムタクのやつよりマシになるよね?」と言われました(T_T)

私は「木村さんのも良いです!」の言葉をぐっとこらえ「そうですね、しかし大和とヤマトの意味を米版に求めることは無理ですから」と答えましたが上司は???のようでした..

特撮が日本版より素晴らしくなるだろうとの意見は一致しましたが(^_^;)

改めてヤマトを本気で語ることの出来るこの場を与えて下さったトーノ様に感謝です!

・追記・

私は未だにSBヤマトの支持者に直に会った事がありません(号泣)

マンガ好きの上司は奥さんが嫌な顔をするので家でアニメが視られないそうです(ヒ~)よって2199のDVDを貸してあげられません(^_^;)

(残念です!)

「【キムタクのやつ】の善し悪しというのは非常に難しい問題を孕む」

「どうして?」

「いろいろな意味で軋轢を生んでいるのも事実だからだ」

「たとえば?」

「実写イコール間違いと決めつける価値観を持ったオタクも多く、そういう連中があることないこと、いや、ないことないこと言い放つと、あれが良かったと思うファンはカチンと来るから過剰に援護しがちだ。しかし、問題点が無いと言ったら嘘になる」

「【実写イコール間違い】か。まるで【ヤマトイコール間違い】みたいな常識だな」

「そんな単純な図式で物事を割り切れたら楽で良いけどな。実際にはそんな簡単なルールで世界は割り切れない」

「分かったぞ。そうやって割り切れることが【子供】の証明なんだ」

「SBヤマトに関する問題は、やはり思い入れに対して実際の表現が追いついていないことだろう」

「それはどういう意味?」

「スタッフの中に昔夢中でヤマトを見た者達が何人もいるのは事実だろうが、彼らの美しい思い出は実際のフィルム以上に美しい。その美しさは過剰なハードルの高さとなっている。それを目指してはみたものの、実際にはいろいろな意味で足りない部分が残った。そういうことだろう」

「問題はどこにあるわけ?」

「それはね。【美しい思い出】という部分だよ。【美しい思い出】は美化されるがそれは主観によって行われる。だからね。価値観が違う人が持つ【思い出】は別者になる。別物を忠実に再現しても別物だ」

「価値観が違うアメリカ人が作ったら自動的に【コレジャナイ】になるだろうが、その理由は彼らがヤマトを分かっていないからではないわけだね」

「そうだ。そもそも最初から見たものが違うのだ」

「アメリカ人を過剰に貶めるなってことだね」

「いやいや。それもあるが話はもっと大きい」

「えっ?」

「復活篇だって。ヤマト2199だって、同じことだよ。それらは特定の解釈で構成されているが、おそらく【コレジャナイ】と思った人も多いはずだ。でもそれはヤマトを分かっていないからではなく、【その人にとってはそう見えた】という問題なのだ。だから【コレジャナイ】と思った人も正しいヤマトを分かっている訳ではない。それは他の人と同じ特定の解釈に過ぎない」

「正しいヤマトを規定できる人間は誰もおらず、全ての解釈は相対的だってことだね」

「だからね。いろいろなヤマト解釈に触れられることが面白いと思わねば」

「分かった。ヤマト2199を劇場に見に行って【それは俺の解釈と違う】と怒るのではなく、【そういう解釈もありか】と驚くべきなのだね」

「その【驚き】こそが本来の【お楽しみ】というわけだ」

オマケ §

「アニメ業界にいる人間だけが自分の解釈をフィルムに反映させうるのはどうなんだ?」

「それは逆で、仕事でアニメを作る場合は、勝手な解釈で描いてしまうことはできず、やはり制約されていると思うべきだ。アニメという集団作業の宿命だ」

「ヤマトの俺解釈はアニメでも描けないってことだね」

「それを描くなら、アニメではなく、もっと属人性の高い、個人に属する表現手段を利用しないとな」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2014年
09月
21日
宇宙戦艦ヤマトとゴーバリアンに関係はあるのか無いのかパート2
3days 0 count
total 612 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2014年
09月
19日
1974版ガミラス雷撃機の魚雷は二本!
3days 0 count
total 876 count
【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト【宇宙戦艦ヤマト】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20140920082401
サイトの表紙【宇宙戦艦ヤマト】の表紙【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】の入手全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.