2014年10月06日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 864 count

ついに来たヤマトを殺しに来た暗殺者

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「というわけで、どうやらガンダムAGEで大きくずっこけてヤマト2199が売れて、ガンダムピンチという状況を挽回するための最終兵器が投入されたようだ」

「それがGレコ?」

「そうだ。Gのレコンギスタだ。おそらくガンダムの最終兵器」

「富野監督カムバックというわけだね」

「そうそう。ともかく本気でヤマトを殺しに来たという印象だ」

「わあ。それは恐い」

「うん。Gレコ、ともかく2話まで見た範囲では凄く出来が良い」

「へー。君も認めるわけ?」

「うん、認める」

「今更ロボットアニメのどこがいいの?」

「ロボットのコクピットが個室としてあまり機能していないんだよ」

「へえ」

「そもそも、歩く通学メカみたいなロボット。あれはいいね。ガラットかロボノイドかって感じで」

「どうして?」

「みんなで乗っていて、しかもオープンエア。身体が剥き出し、走っていると会話や表情でいろいろ良く分かる」

「それがいいんかい」

「巨大ロボットも出てくるけど、顔がいろいろなパターンに変化するのはいいね、人の顔になっていないから、あまり人格性を持たない。しかし、表記が変化して表現はしているんだ」

「それだけ?」

「いや、レコンキスタみたいなレコンギスタという用語。登場する法皇様。極めて長い間技術が停滞してる時代設定。そして、レコンキスタの終着駅がスペインのグラナダ陥落とすれば、これは本気でああいう物語をやっちゃう気なんだな、という気がする。それをやられるとかなりの強敵という感じになるかも知れない」

「どこが強敵なんだよ」

「633とか442とかいう数字を使ったヤマト2199には強敵だろう」

「しかしなあ、君がそんなに手放しでガンダムを誉めるかね?」

「うん、いい質問だ。はっきり行ってGレコの出来は良いが、レベルが高すぎて実はマニアのかなりの割合は既に脱落していると思う。そもそも、ヤマト2199だってハードルは高い。しかしそれほど大きな不満は噴出していない。ガンダムに逃げるという逃げ道はあるからだ。ところが、Gレコはその退路を断ってしまった。∀の路線は間違いでしたと頭を丸めで謝るどころか、あの路線を更に推し進めている。∀の時点でもかなりの脱落者を出しているからね。∀は良いアニメだと思うし大好きだけどね。でも盛大に脱落者が出た。ついでに言えば、∀の時はシド・ミードは分かっていないという言い方で逃げられたが今回はそれもできない。ますます逃げ道が無い」

「それも恐い話だ」

「富野さん、巨大ロボットの否定者、ガンダムの否定者としてそこにいるから、そこはいいよな」

「オタクに敵対してる……」

「まあそういうわけで、実は商業的な意味でのGレコはぜんぜん恐くないのだが、それとは別に、識者に【良く出来ている】と言わせてしまう可能性は低くない。部分的に2199よりも優れている要素もあるしね」

「強敵ということだね」

「ガンダムごときに負けて欲しくは無いけどね。ただそれはそれとして」

「互いに酒を飲んでたはずの好敵手ってことだね」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2014年
10月
07日
宇宙戦艦ヤマト2199追憶の航海冒頭11分公開!!
3days 0 count
total 1014 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2014年
10月
05日
博多やきとりヤマトでのヤマト40周年宴会の感想
3days 0 count
total 842 count
2014年10月06日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 864 count

ついに来たヤマトを殺しに来た暗殺者

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「というわけで、どうやらガンダムAGEで大きくずっこけてヤマト2199が売れて、ガンダムピンチという状況を挽回するための最終兵器が投入されたようだ」

「それがGレコ?」

「そうだ。Gのレコンギスタだ。おそらくガンダムの最終兵器」

「富野監督カムバックというわけだね」

「そうそう。ともかく本気でヤマトを殺しに来たという印象だ」

「わあ。それは恐い」

「うん。Gレコ、ともかく2話まで見た範囲では凄く出来が良い」

「へー。君も認めるわけ?」

「うん、認める」

「今更ロボットアニメのどこがいいの?」

「ロボットのコクピットが個室としてあまり機能していないんだよ」

「へえ」

「そもそも、歩く通学メカみたいなロボット。あれはいいね。ガラットかロボノイドかって感じで」

「どうして?」

「みんなで乗っていて、しかもオープンエア。身体が剥き出し、走っていると会話や表情でいろいろ良く分かる」

「それがいいんかい」

「巨大ロボットも出てくるけど、顔がいろいろなパターンに変化するのはいいね、人の顔になっていないから、あまり人格性を持たない。しかし、表記が変化して表現はしているんだ」

「それだけ?」

「いや、レコンキスタみたいなレコンギスタという用語。登場する法皇様。極めて長い間技術が停滞してる時代設定。そして、レコンキスタの終着駅がスペインのグラナダ陥落とすれば、これは本気でああいう物語をやっちゃう気なんだな、という気がする。それをやられるとかなりの強敵という感じになるかも知れない」

「どこが強敵なんだよ」

「633とか442とかいう数字を使ったヤマト2199には強敵だろう」

「しかしなあ、君がそんなに手放しでガンダムを誉めるかね?」

「うん、いい質問だ。はっきり行ってGレコの出来は良いが、レベルが高すぎて実はマニアのかなりの割合は既に脱落していると思う。そもそも、ヤマト2199だってハードルは高い。しかしそれほど大きな不満は噴出していない。ガンダムに逃げるという逃げ道はあるからだ。ところが、Gレコはその退路を断ってしまった。∀の路線は間違いでしたと頭を丸めで謝るどころか、あの路線を更に推し進めている。∀の時点でもかなりの脱落者を出しているからね。∀は良いアニメだと思うし大好きだけどね。でも盛大に脱落者が出た。ついでに言えば、∀の時はシド・ミードは分かっていないという言い方で逃げられたが今回はそれもできない。ますます逃げ道が無い」

「それも恐い話だ」

「富野さん、巨大ロボットの否定者、ガンダムの否定者としてそこにいるから、そこはいいよな」

「オタクに敵対してる……」

「まあそういうわけで、実は商業的な意味でのGレコはぜんぜん恐くないのだが、それとは別に、識者に【良く出来ている】と言わせてしまう可能性は低くない。部分的に2199よりも優れている要素もあるしね」

「強敵ということだね」

「ガンダムごときに負けて欲しくは無いけどね。ただそれはそれとして」

「互いに酒を飲んでたはずの好敵手ってことだね」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2014年
10月
07日
宇宙戦艦ヤマト2199追憶の航海冒頭11分公開!!
3days 0 count
total 1014 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2014年
10月
05日
博多やきとりヤマトでのヤマト40周年宴会の感想
3days 0 count
total 842 count
【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト【宇宙戦艦ヤマト】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20141006100553
サイトの表紙【宇宙戦艦ヤマト】の表紙【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】の入手全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.