2014年12月02日
川俣晶の縁側模型局スケールモデルtotal 719 count

艦船模型をたった2日で完成させるルール

Written By: 川俣 晶連絡先

「トモネコさん情報ありがとう」

こんなブログ記事を一昨日、見つけたのですが

http://wivern.exblog.jp/23603916/

[艦船模型をたった2日で完成させるルールを教えます]

ブログ:[超音速備忘禄]より

思わずトーノ様の「WLの大和を・・」を思い出してしまいました!

元モデグラ副編集長の方のブログです。

(私はあさのまさひこ氏と思いましたがあさの氏は元編集長だったので違うようです)

「面白い記事だとは思うが、ちょっと違う部分もあるな」

「どこが違うと思う?」

  • 説明書に依存する度合いが違う
  • マスキングの有無が違う
  • はみ出しに関する認識が違う
  • 失敗に対する考え方が違う

「説明してくれ」

「おいらは、説明書はもっと批判的に読むべきだと思っている」

「なぜ?」

「艦船模型の説明書は間違いがけっこう多いし、組み立て手順も最善とは限らない。むしろ参考書が必要だと思った方が良いと思う」

「マスキングは?」

「実は曲面のマスキングは凄くハードルが高い。完璧と思ってもすぐ色が回り込む。マスキングのスキルを前提とした作業はあまりお勧めではない。自分ならパーツ段階で塗り分けられるものはできるだけ事前に塗り分けて、塗装済みの部品を接着する方向で考えた方が良いと思う」

「それで済まない細かい部分は?」

「小さい筆で塗る」

「はみ出しについては?」

「はみ出しはしても気にしないのが一番だが基本的にはみ出しを誤魔化すために上から塗るのはあまりお勧めではない。塗料の隠蔽力が弱いとすぐ厚塗りになってしまうからだ」

「失敗に関しては?」

「失敗しても気にしないのは良いのだが、失敗を放置するだけでは面白くない。上手く工夫して誤魔化す方法を考えた方が良い。たとえばパーツが破損したら、破損したパーツと同じぐらいのランナーのカケラを付けておくとか。実は、同程度のサイズ、色の何かがそこにあるというだけで、意外とぱっと見の印象は良くなる。しかし、一列に揃ったパーツが1つ欠けていたりすると目立ったりする」

「つまり、なんだい?」

「これ、重巡だから2日で作れる方法かもしれないよ。戦艦空母クラスだと2日で収まらないかもしれない」

「つまりなんだい?」

「大和はもう一ひねりしないと2日でできないかもしれない。パーツが多いからね。飽きが来る単純作業も多いしね。飽きる単純作業の問題は自分も本に書いたよ」

オマケ §

「ちなみに、ウォーターラインは、Wataer Lineなので、WLだ」

「だからどうした」

「実は当方の責任で訂正済み」

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側模型局スケールモデル
【スケールモデル】の次のコンテンツ
2015年
01月
02日
II号戦車に色を塗る (いい加減)
3days 0 count
total 564 count
【スケールモデル】の前のコンテンツ
2014年
11月
16日
Royal Canadian Air Fake, Ginga Type-11
3days 0 count
total 489 count
2014年12月02日
川俣晶の縁側模型局スケールモデルtotal 719 count

艦船模型をたった2日で完成させるルール

Written By: 川俣 晶連絡先

「トモネコさん情報ありがとう」

こんなブログ記事を一昨日、見つけたのですが

http://wivern.exblog.jp/23603916/

[艦船模型をたった2日で完成させるルールを教えます]

ブログ:[超音速備忘禄]より

思わずトーノ様の「WLの大和を・・」を思い出してしまいました!

元モデグラ副編集長の方のブログです。

(私はあさのまさひこ氏と思いましたがあさの氏は元編集長だったので違うようです)

「面白い記事だとは思うが、ちょっと違う部分もあるな」

「どこが違うと思う?」

  • 説明書に依存する度合いが違う
  • マスキングの有無が違う
  • はみ出しに関する認識が違う
  • 失敗に対する考え方が違う

「説明してくれ」

「おいらは、説明書はもっと批判的に読むべきだと思っている」

「なぜ?」

「艦船模型の説明書は間違いがけっこう多いし、組み立て手順も最善とは限らない。むしろ参考書が必要だと思った方が良いと思う」

「マスキングは?」

「実は曲面のマスキングは凄くハードルが高い。完璧と思ってもすぐ色が回り込む。マスキングのスキルを前提とした作業はあまりお勧めではない。自分ならパーツ段階で塗り分けられるものはできるだけ事前に塗り分けて、塗装済みの部品を接着する方向で考えた方が良いと思う」

「それで済まない細かい部分は?」

「小さい筆で塗る」

「はみ出しについては?」

「はみ出しはしても気にしないのが一番だが基本的にはみ出しを誤魔化すために上から塗るのはあまりお勧めではない。塗料の隠蔽力が弱いとすぐ厚塗りになってしまうからだ」

「失敗に関しては?」

「失敗しても気にしないのは良いのだが、失敗を放置するだけでは面白くない。上手く工夫して誤魔化す方法を考えた方が良い。たとえばパーツが破損したら、破損したパーツと同じぐらいのランナーのカケラを付けておくとか。実は、同程度のサイズ、色の何かがそこにあるというだけで、意外とぱっと見の印象は良くなる。しかし、一列に揃ったパーツが1つ欠けていたりすると目立ったりする」

「つまり、なんだい?」

「これ、重巡だから2日で作れる方法かもしれないよ。戦艦空母クラスだと2日で収まらないかもしれない」

「つまりなんだい?」

「大和はもう一ひねりしないと2日でできないかもしれない。パーツが多いからね。飽きが来る単純作業も多いしね。飽きる単純作業の問題は自分も本に書いたよ」

オマケ §

「ちなみに、ウォーターラインは、Wataer Lineなので、WLだ」

「だからどうした」

「実は当方の責任で訂正済み」

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側模型局スケールモデル
【スケールモデル】の次のコンテンツ
2015年
01月
02日
II号戦車に色を塗る (いい加減)
3days 0 count
total 564 count
【スケールモデル】の前のコンテンツ
2014年
11月
16日
Royal Canadian Air Fake, Ginga Type-11
3days 0 count
total 489 count
【スケールモデル】のコンテンツ全リスト【スケールモデル】の表紙

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2013年
09月
08日
ウォーターライン シリーズの戦艦大和を二晩で作るワープ工法入門
3days 0 count
total 1643 count
2013年
11月
10日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
白色彗星帝国のメカデザイン問題
3days 0 count
total 1643 count
2014年
02月
19日
川俣晶の縁側辛口甘口雑記
「300字小説の書き方入門 ~目指せ文章力アップ~」がなぜかダントツに売れているという話
3days 0 count
total 2027 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20141202121958
サイトの表紙【スケールモデル】の表紙【スケールモデル】のコンテンツ全リスト 【スケールモデル】の入手全リスト 【スケールモデル】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.