2015年01月07日
川俣晶の縁側技術関連執筆情報『C#ショートコードプログラミング第2版』読者サポートtotal 1029 count

C#ショートコードプログラミング第2版正誤表

Written By: 川俣 晶連絡先

 読者のご指摘に感謝します。

出版社の参照先 §

 出版社の正誤表もご参照ください。

P141: 5.23 共通要素だけ欲しい(NEW) §

OLD CODE

[誤]

foreach (var item in a.Intersect(b))

[正]

foreach (var item in a)

P159: 6.5 文字列を分割する §

OLD CODE

[誤]

list.Add(sb.ToString());

[正]

if (sb.Length > 0) list.Add(sb.ToString());

P164: 6.9 Replaceで一括置き換え §

OLD CODE

[誤]

bool macro = false; ;

[正]

bool macro = false;

P207: 8.2 文字列からXML文書を解析したい §

[誤]

解析したい

[正]

構文解析したい

注: ここでいう解析は構文解析のことであるが、紛らわしいので訂正している。XmlDocument.LoadXmlメソッドや、XDocument.Parseメソッドの実行が終わった時点で既に構文解析は終了している。解析結果を参照可能にする処理は構文解析とは別の処理であり、機能的にここでの解説の範囲外となる。解析結果を確認するためにdoc.OuterXml、doc.ToString()が入っているが、これは解析の逆処理(文書ツリーから文書を復元)で、作成した文書ツリーが正しいことを確認できるようにしているだけで、解析とは関係ない処理である。

P212: 8.6 XML文書内のデータをソート §

[誤]

(ソート対象であるXMLファイルの中身が書かれていない)

[正]

XMLファイル:

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>

<a xmlns="http://example.com/short">

<b name="タロウ">75</b>

<b name="ハナコ">17</b>

<b name="ジロウ">55</b>

</a>

P222: 9.2 タスクで並列実行 §

NEW CODE1のみ依存バージョン5.0

P223: 9.2 タスクで並列実行 §

OLD CODE

[誤]

}); t1.Start();

[正]

});

t1.Start();

P230: 9.6 終わったときに後付けで通知する §

NEW CODE

[誤]

依存バージョン C# 4.0

[正]

依存バージョン C# 5.0

P246: 11.1 シフトJISを文字列に変換する §

[誤]

未だにWindowsはソフトJISの方が

[正]

未だにWindowsはシフトJISの方が

P274: 12.8 Tupleの利用(NEW) §

[誤]

ただし、メンバーの値はItem1,

[正]

ただし、メンバー名はItem1,

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側技術関連執筆情報『C#ショートコードプログラミング第2版』読者サポート
【『C#ショートコードプログラミング第2版』読者サポート】の次のコンテンツ
(ありません)
【『C#ショートコードプログラミング第2版』読者サポート】の前のコンテンツ
(ありません)

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2014年
01月
10日
川俣晶の縁側技術関連執筆情報
C#ショートコードプログラミング第2版
3days 0 count
total 1561 count
2015年01月07日
川俣晶の縁側技術関連執筆情報『C#ショートコードプログラミング第2版』読者サポートtotal 1029 count

C#ショートコードプログラミング第2版正誤表

Written By: 川俣 晶連絡先

 読者のご指摘に感謝します。

出版社の参照先 §

 出版社の正誤表もご参照ください。

P141: 5.23 共通要素だけ欲しい(NEW) §

OLD CODE

[誤]

foreach (var item in a.Intersect(b))

[正]

foreach (var item in a)

P159: 6.5 文字列を分割する §

OLD CODE

[誤]

list.Add(sb.ToString());

[正]

if (sb.Length > 0) list.Add(sb.ToString());

P164: 6.9 Replaceで一括置き換え §

OLD CODE

[誤]

bool macro = false; ;

[正]

bool macro = false;

P207: 8.2 文字列からXML文書を解析したい §

[誤]

解析したい

[正]

構文解析したい

注: ここでいう解析は構文解析のことであるが、紛らわしいので訂正している。XmlDocument.LoadXmlメソッドや、XDocument.Parseメソッドの実行が終わった時点で既に構文解析は終了している。解析結果を参照可能にする処理は構文解析とは別の処理であり、機能的にここでの解説の範囲外となる。解析結果を確認するためにdoc.OuterXml、doc.ToString()が入っているが、これは解析の逆処理(文書ツリーから文書を復元)で、作成した文書ツリーが正しいことを確認できるようにしているだけで、解析とは関係ない処理である。

P212: 8.6 XML文書内のデータをソート §

[誤]

(ソート対象であるXMLファイルの中身が書かれていない)

[正]

XMLファイル:

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>

<a xmlns="http://example.com/short">

<b name="タロウ">75</b>

<b name="ハナコ">17</b>

<b name="ジロウ">55</b>

</a>

P222: 9.2 タスクで並列実行 §

NEW CODE1のみ依存バージョン5.0

P223: 9.2 タスクで並列実行 §

OLD CODE

[誤]

}); t1.Start();

[正]

});

t1.Start();

P230: 9.6 終わったときに後付けで通知する §

NEW CODE

[誤]

依存バージョン C# 4.0

[正]

依存バージョン C# 5.0

P246: 11.1 シフトJISを文字列に変換する §

[誤]

未だにWindowsはソフトJISの方が

[正]

未だにWindowsはシフトJISの方が

P274: 12.8 Tupleの利用(NEW) §

[誤]

ただし、メンバーの値はItem1,

[正]

ただし、メンバー名はItem1,

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側技術関連執筆情報『C#ショートコードプログラミング第2版』読者サポート
【『C#ショートコードプログラミング第2版』読者サポート】の次のコンテンツ
(ありません)
【『C#ショートコードプログラミング第2版』読者サポート】の前のコンテンツ
(ありません)
【『C#ショートコードプログラミング第2版』読者サポート】のコンテンツ全リスト【『C#ショートコードプログラミング第2版』読者サポート】の表紙

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2014年
01月
10日
川俣晶の縁側技術関連執筆情報
C#ショートコードプログラミング第2版
3days 0 count
total 1561 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20150107161202
サイトの表紙【『C#ショートコードプログラミング第2版』読者サポート】の表紙【『C#ショートコードプログラミング第2版』読者サポート】のコンテンツ全リスト 【『C#ショートコードプログラミング第2版』読者サポート】の入手全リスト 【『C#ショートコードプログラミング第2版』読者サポート】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.