2015年01月18日
川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡りtotal 729 count

出山横穴墓群8号墓・三鷹の水車「しんぐるま」

Written By: 川俣 晶連絡先

「そういえば、三鷹の水車「しんぐるま」の見学にまだ成功していないことに気づいて、行くことにした」

「なぜすぐに行かなかった?」

「年末年始休みは休業していると思ったからね」

「それで?」

「場所を再確認しているうちに、出山横穴墓群8号墓の存在に気づいたので、そこにも行ってきた。それから帰りに、調布飛行場横の公園にも寄って、飛燕を入れた掩体壕2つをもう1回見てきた。なんとまあ、自転車でここまで来てしまったよ」

出山横穴墓群8号墓 §

出山横穴墓群8号墓

「石積みの横穴が丸ごと残っている。大古墳だ」

「それを言うなら大興奮だろう」

「最初光が反射して何も見えなかったが、案内音声の開始ボタンを押したら内部に明かりが入って見えるようになった。奥行き6メートルぐらいの穴がしっかり見えたよ。凄い」

三鷹の水車「しんぐるま」 §

三鷹の水車「しんぐるま」

「水車の案内を受けながら見学したが、想像を絶する規模だな。印象が大きく変わる」

「どこが凄いの?」

「規模。たった1つの羽根車から伝達していくつもの仕掛けを動かすし、モーターでまわす機構もある。全部会わせて動力を伝達する歯車とベルトだらけ。凄い規模の施設だ」

「それだけ?」

「ここでひいた粉は原宿まで出荷したそうだ、四谷方面に出荷していた下高井戸その他のこのへんとはちょっと違うらしい」

重要な追記 §

「実は面白いことに気づいた」

「なんだい?」

「近くに屋敷神をいくつも見かけた。昔から人が住んでいる証拠だ」

「そんな場所は多いだろう」

「それだけではないのだ。ここは武蔵国の国府である府中が近い。しかも、もっと古い横穴式の墓地もある」

「つまりなんだい?」

「ここは国府が置かれたときに、既に国府を置きたくなるような人の多い土地だったに違いない」

「つまり、横穴式の墓地からしんぐるままで一直線で歴史がつながるわけだね」

「かもしれない。良く分からないけどな」

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡り
【歴史資料館巡り】の次のコンテンツ
2015年
02月
01日
東急プラザ 渋谷 タイムスリップギャラリー
3days 0 count
total 671 count
【歴史資料館巡り】の前のコンテンツ
2015年
01月
11日
世田谷美術館・難波田史男の世界イメージの冒険・世田谷に住んだ東宝スタジオゆかりの作家たち
3days 0 count
total 613 count
2015年01月18日
川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡りtotal 729 count

出山横穴墓群8号墓・三鷹の水車「しんぐるま」

Written By: 川俣 晶連絡先

「そういえば、三鷹の水車「しんぐるま」の見学にまだ成功していないことに気づいて、行くことにした」

「なぜすぐに行かなかった?」

「年末年始休みは休業していると思ったからね」

「それで?」

「場所を再確認しているうちに、出山横穴墓群8号墓の存在に気づいたので、そこにも行ってきた。それから帰りに、調布飛行場横の公園にも寄って、飛燕を入れた掩体壕2つをもう1回見てきた。なんとまあ、自転車でここまで来てしまったよ」

出山横穴墓群8号墓 §

出山横穴墓群8号墓

「石積みの横穴が丸ごと残っている。大古墳だ」

「それを言うなら大興奮だろう」

「最初光が反射して何も見えなかったが、案内音声の開始ボタンを押したら内部に明かりが入って見えるようになった。奥行き6メートルぐらいの穴がしっかり見えたよ。凄い」

三鷹の水車「しんぐるま」 §

三鷹の水車「しんぐるま」

「水車の案内を受けながら見学したが、想像を絶する規模だな。印象が大きく変わる」

「どこが凄いの?」

「規模。たった1つの羽根車から伝達していくつもの仕掛けを動かすし、モーターでまわす機構もある。全部会わせて動力を伝達する歯車とベルトだらけ。凄い規模の施設だ」

「それだけ?」

「ここでひいた粉は原宿まで出荷したそうだ、四谷方面に出荷していた下高井戸その他のこのへんとはちょっと違うらしい」

重要な追記 §

「実は面白いことに気づいた」

「なんだい?」

「近くに屋敷神をいくつも見かけた。昔から人が住んでいる証拠だ」

「そんな場所は多いだろう」

「それだけではないのだ。ここは武蔵国の国府である府中が近い。しかも、もっと古い横穴式の墓地もある」

「つまりなんだい?」

「ここは国府が置かれたときに、既に国府を置きたくなるような人の多い土地だったに違いない」

「つまり、横穴式の墓地からしんぐるままで一直線で歴史がつながるわけだね」

「かもしれない。良く分からないけどな」

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡り
【歴史資料館巡り】の次のコンテンツ
2015年
02月
01日
東急プラザ 渋谷 タイムスリップギャラリー
3days 0 count
total 671 count
【歴史資料館巡り】の前のコンテンツ
2015年
01月
11日
世田谷美術館・難波田史男の世界イメージの冒険・世田谷に住んだ東宝スタジオゆかりの作家たち
3days 0 count
total 613 count
【歴史資料館巡り】のコンテンツ全リスト【歴史資料館巡り】の表紙

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20150118150838
サイトの表紙【歴史資料館巡り】の表紙【歴史資料館巡り】のコンテンツ全リスト 【歴史資料館巡り】の入手全リスト 【歴史資料館巡り】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.