2015年03月26日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 783 count

新たなる旅立ちに残された最大の謎・ゴルバとはなんぞや?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「どうも、ゴルバをかなり誤解していた感じだ」

「どういうことだよ」

「いいか。ロードショー責任編集のムックに載っていた設定資料だ」

  • 護衛艦108m
  • 三段空母180m
  • デスラー戦闘空母260m
  • ヤマト265.8m
  • プレアデス360m
  • ゴルバ720m

「これが何か?」

「いいかい。巨大なデスラー艦がもっと巨大なゴルバに突っ込んだように見えるのだが、実はデスラー艦はヤマト以下。ゴルバはたった720mしかない」

「プレアデスとの比率だと2倍でしかないのだね」

「問題は、そもそもプレアデスが360mに見えないことだ」

「ヤマトより少し小さい感じだね」

「そうだ。ヤマトよりも大きくは見えない。デスラー艦も、デスラー砲がやたら小さいことになり、インパクトに欠ける」

ゴルバの謎 §

「ゴルバの謎とはなんだい?」

  • そもそもこれは何を意図したデザインなのか
  • どちらが上なのか
  • どの向きで描かれるのが最も正しいのか
  • イスカンダルに降下する際、エンジンを後に向けて降下していく描写は正しいのか? 意図した通りなのか?

「結局何が問題なんだい?」

「描き方が良くないことが良く分かった。プレアデスは、サイズの問題を別にすれば成功していたと思う。ところがゴルバは違う」

「透過光で窓が描いてあるじゃないか」

「それが下手なんだよ。窓も透過光も。そもそも形状を把握できるほどの窓は無い。スタッフが力尽きている」

「それだけ?」

「いや、実はゴルバは頭でっかちで、バランスがとても悪そうだ。それは弱そうと言っても良い」

「それが正しい向きはどちらなのかという疑問にも繋がるわけだね」

「そもそも、他の黒色メカとはあまりにもコンセプトが違いすぎて、本当に黒色メカなのかを疑ってしまうよ」

更なる調査 §

「パーフェクトマニュアル2を見て分かったことは、このデザインには多くのラフ画が存在している。松本零士、辻忠直、中村光毅、板橋克己らのラフが並んでいた。決定稿は中村光毅ラフに近いが、板橋克己の名前になっている。板橋克己自身のラフはあまり決定稿には似ていないのだが、バランス的には決定稿よりもこっちの方が優秀」

「ぞれで謎解明?」

「そうなればいいのだが、実はそうでもない。結局、中村光毅由来らしい……ということが分かっただけで、なぜこういうデザインなのかという根拠はまだ見えてこない」

「先は長そうだね」

COSMOS §

「板橋克己画集COSMOSから、ゴルバに似た形状のメカを探したら、惑星探査船が出てきた。上のドームだけ残して残りは地面に埋めてしまう。それで宇宙船がそのまま恒久的な基地になる」

「ではゴルバも?」

「船体下部を地面に埋めて、基地にする前提のデザインかもしれない」

感想 §

「てやんでえ。板橋克己画集COSMOS。買って良かった。ヒントがちゃんと転がっていた」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2015年
03月
27日
ゴルバと重核子爆弾の関係
3days 0 count
total 845 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2015年
03月
25日
新たなる旅立ち・円盤形戦闘機・謎の設定がの正体が分かった
3days 0 count
total 756 count
2015年03月26日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 783 count

新たなる旅立ちに残された最大の謎・ゴルバとはなんぞや?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「どうも、ゴルバをかなり誤解していた感じだ」

「どういうことだよ」

「いいか。ロードショー責任編集のムックに載っていた設定資料だ」

  • 護衛艦108m
  • 三段空母180m
  • デスラー戦闘空母260m
  • ヤマト265.8m
  • プレアデス360m
  • ゴルバ720m

「これが何か?」

「いいかい。巨大なデスラー艦がもっと巨大なゴルバに突っ込んだように見えるのだが、実はデスラー艦はヤマト以下。ゴルバはたった720mしかない」

「プレアデスとの比率だと2倍でしかないのだね」

「問題は、そもそもプレアデスが360mに見えないことだ」

「ヤマトより少し小さい感じだね」

「そうだ。ヤマトよりも大きくは見えない。デスラー艦も、デスラー砲がやたら小さいことになり、インパクトに欠ける」

ゴルバの謎 §

「ゴルバの謎とはなんだい?」

  • そもそもこれは何を意図したデザインなのか
  • どちらが上なのか
  • どの向きで描かれるのが最も正しいのか
  • イスカンダルに降下する際、エンジンを後に向けて降下していく描写は正しいのか? 意図した通りなのか?

「結局何が問題なんだい?」

「描き方が良くないことが良く分かった。プレアデスは、サイズの問題を別にすれば成功していたと思う。ところがゴルバは違う」

「透過光で窓が描いてあるじゃないか」

「それが下手なんだよ。窓も透過光も。そもそも形状を把握できるほどの窓は無い。スタッフが力尽きている」

「それだけ?」

「いや、実はゴルバは頭でっかちで、バランスがとても悪そうだ。それは弱そうと言っても良い」

「それが正しい向きはどちらなのかという疑問にも繋がるわけだね」

「そもそも、他の黒色メカとはあまりにもコンセプトが違いすぎて、本当に黒色メカなのかを疑ってしまうよ」

更なる調査 §

「パーフェクトマニュアル2を見て分かったことは、このデザインには多くのラフ画が存在している。松本零士、辻忠直、中村光毅、板橋克己らのラフが並んでいた。決定稿は中村光毅ラフに近いが、板橋克己の名前になっている。板橋克己自身のラフはあまり決定稿には似ていないのだが、バランス的には決定稿よりもこっちの方が優秀」

「ぞれで謎解明?」

「そうなればいいのだが、実はそうでもない。結局、中村光毅由来らしい……ということが分かっただけで、なぜこういうデザインなのかという根拠はまだ見えてこない」

「先は長そうだね」

COSMOS §

「板橋克己画集COSMOSから、ゴルバに似た形状のメカを探したら、惑星探査船が出てきた。上のドームだけ残して残りは地面に埋めてしまう。それで宇宙船がそのまま恒久的な基地になる」

「ではゴルバも?」

「船体下部を地面に埋めて、基地にする前提のデザインかもしれない」

感想 §

「てやんでえ。板橋克己画集COSMOS。買って良かった。ヒントがちゃんと転がっていた」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2015年
03月
27日
ゴルバと重核子爆弾の関係
3days 0 count
total 845 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2015年
03月
25日
新たなる旅立ち・円盤形戦闘機・謎の設定がの正体が分かった
3days 0 count
total 756 count
【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト【宇宙戦艦ヤマト】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20150326090351
サイトの表紙【宇宙戦艦ヤマト】の表紙【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】の入手全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.