2015年05月01日
トーノZERO映画感想total 831 count

感想・映画「シンデレラ(2015)」

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「なぜこれを見ようと思ったの?」

「シンデレラなんて手垢が付きすぎて今更物語としてのインパクトなどあるはずがないと思うのだが、それにも関わらず映画になるということは、何かの工夫があるのだろうと思った」

「それで?」

「あとは小林誠さんが意外にもそれほど悪くないようなことをTwiterで呟いているので見ることにした。5月1日だからな」

「毎月1日は安く見られるからかい」

「まあな」

「それでどうだった?」

「珍しく上映事故で、かなり待たされた。帰りには鑑賞券を頂けた」

「それは映画本編とは関係ない」

「そうだな。意外にも【えっ? ここが見せ場になるの?】という部分が見せ場になっていたのが面白かったな」

「たとえば?」

「12時になったシンデレラが必死に帰っていくが、正体を知りたい兵士達が追跡する。ここがアクションの見せ場になる。映像的にも魔法が切れて馬車が動物やカボチャの正体に戻って行くところは迫力ある見せ場」

「ふーん。でも、それは個別のシーンの問題で全体の話ではないじゃないか」

「全体的に言うとね。実は継母の魅力が炸裂」

「は? シンデレラをいじめる継母に魅力があるの?」

「まあ、はっきり言ってシンデレラに魅力はあまり無い。王子さまもボンクラのボンボンすぎる。見どころは継母だよ」

「継母のどこがいいの?」

「娘2人があまりにもボンクラすぎる。なぜシンデレラに辛く当たるのかといえば、娘と並べられれば確実に見劣りするからだ。なぜ屋根裏部屋に追いやるのか? 普通の部屋に置いておくと比較されるからだ。なぜ舞踏会に行かせないのか? 比較されたら確実に娘達が見劣りするからだ」

「それで?」

「結局、王子の結婚相手は既に決まっていたと知っても、上手く立ち回って娘達に良い暮らしをさせようとする。とてもしたたかな女だ。愛には生きていない」

「それだけ?」

「いいや。旦那が先妻の娘と仲良くしているのを見て厳しい顔もしてみせる。あれは面白くないだろうね」

「結局、なんだい?」

「弱音を吐かないシンデレラは可愛げがない。そういうシンデレラは頑張れば頑張るほど、継母を追い詰めてしまう。継母は自分が【ボンクラの娘達しか育てられなかった愚か者】に思えてくる。ますますシンデレラを憎む」

「つまりなんだい?」

「この義理の家族間対立で火に油を注いだのはシンデレラ自身でもあるのだよ。彼女に責任が無いとはいえない。ところが、魔法とご都合主義とボンクラ王子のおかげで、シンデレラは自らの行いの責任について考える場面も無いままに王室に行ってしまう。ある意味で不幸だ」

「本当かよ」

「結局、この小国は血縁関係で安全を買うしか無いのだが、ボンクラ王子は愛に生きて血縁関係を蹴ってしまった。しかも、シンデレラ自身も【本当の弱者】の気持ちが分からない。この国の未来は暗いだろう」

「じゃあ、なんだ?」

「おそらく別の国で人生をやり直したであろう継母の方がずっとマシな生涯を送ることができた可能性がある」

「結局、シンデレラ対継母の戦いはどっちが勝ったの?」

「シンデレラの圧勝だ。というか、戦いそのものが無効化されてしまった。最後にシンデレラを継母を許すのだが、これは継母側から見れば最強の攻撃。戦いの存在そのものが否定されたのだ。もはや、継母は戦って勝つことすら許されない。戦えないとしたら、永遠に継母はシンデレラの格下なのだ」

「で最終的な評価は?」

「シンデレラや王子の話としてはあまり面白くないのも事実。そういう意味で表面的なハッピーエンドは空虚。継母という軸があってこの映画は立つ。とはいえ、そういう認識を持つならば、もうちょっと継母に見せ場が欲しかった。継母をもっと掘り下げた描写も欲しかったな。あるいは、シンデレラの無垢な善意がもたらす残虐性を描くとか」

「ひ~」

「でもまあ、古い定番過ぎる話に新しい光を当てたという意味では良かったと思うよ」

Facebook

キーワード【 トーノZERO映画感想
【映画感想】の次のコンテンツ
2015年
05月
11日
感想・映画「マレフィセント」
3days 0 count
total 706 count
【映画感想】の前のコンテンツ
2015年
05月
01日
感想・映画「アナと雪の女王 エルサのサプライズ」
3days 0 count
total 716 count
2015年05月01日
トーノZERO映画感想total 831 count

感想・映画「シンデレラ(2015)」

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「なぜこれを見ようと思ったの?」

「シンデレラなんて手垢が付きすぎて今更物語としてのインパクトなどあるはずがないと思うのだが、それにも関わらず映画になるということは、何かの工夫があるのだろうと思った」

「それで?」

「あとは小林誠さんが意外にもそれほど悪くないようなことをTwiterで呟いているので見ることにした。5月1日だからな」

「毎月1日は安く見られるからかい」

「まあな」

「それでどうだった?」

「珍しく上映事故で、かなり待たされた。帰りには鑑賞券を頂けた」

「それは映画本編とは関係ない」

「そうだな。意外にも【えっ? ここが見せ場になるの?】という部分が見せ場になっていたのが面白かったな」

「たとえば?」

「12時になったシンデレラが必死に帰っていくが、正体を知りたい兵士達が追跡する。ここがアクションの見せ場になる。映像的にも魔法が切れて馬車が動物やカボチャの正体に戻って行くところは迫力ある見せ場」

「ふーん。でも、それは個別のシーンの問題で全体の話ではないじゃないか」

「全体的に言うとね。実は継母の魅力が炸裂」

「は? シンデレラをいじめる継母に魅力があるの?」

「まあ、はっきり言ってシンデレラに魅力はあまり無い。王子さまもボンクラのボンボンすぎる。見どころは継母だよ」

「継母のどこがいいの?」

「娘2人があまりにもボンクラすぎる。なぜシンデレラに辛く当たるのかといえば、娘と並べられれば確実に見劣りするからだ。なぜ屋根裏部屋に追いやるのか? 普通の部屋に置いておくと比較されるからだ。なぜ舞踏会に行かせないのか? 比較されたら確実に娘達が見劣りするからだ」

「それで?」

「結局、王子の結婚相手は既に決まっていたと知っても、上手く立ち回って娘達に良い暮らしをさせようとする。とてもしたたかな女だ。愛には生きていない」

「それだけ?」

「いいや。旦那が先妻の娘と仲良くしているのを見て厳しい顔もしてみせる。あれは面白くないだろうね」

「結局、なんだい?」

「弱音を吐かないシンデレラは可愛げがない。そういうシンデレラは頑張れば頑張るほど、継母を追い詰めてしまう。継母は自分が【ボンクラの娘達しか育てられなかった愚か者】に思えてくる。ますますシンデレラを憎む」

「つまりなんだい?」

「この義理の家族間対立で火に油を注いだのはシンデレラ自身でもあるのだよ。彼女に責任が無いとはいえない。ところが、魔法とご都合主義とボンクラ王子のおかげで、シンデレラは自らの行いの責任について考える場面も無いままに王室に行ってしまう。ある意味で不幸だ」

「本当かよ」

「結局、この小国は血縁関係で安全を買うしか無いのだが、ボンクラ王子は愛に生きて血縁関係を蹴ってしまった。しかも、シンデレラ自身も【本当の弱者】の気持ちが分からない。この国の未来は暗いだろう」

「じゃあ、なんだ?」

「おそらく別の国で人生をやり直したであろう継母の方がずっとマシな生涯を送ることができた可能性がある」

「結局、シンデレラ対継母の戦いはどっちが勝ったの?」

「シンデレラの圧勝だ。というか、戦いそのものが無効化されてしまった。最後にシンデレラを継母を許すのだが、これは継母側から見れば最強の攻撃。戦いの存在そのものが否定されたのだ。もはや、継母は戦って勝つことすら許されない。戦えないとしたら、永遠に継母はシンデレラの格下なのだ」

「で最終的な評価は?」

「シンデレラや王子の話としてはあまり面白くないのも事実。そういう意味で表面的なハッピーエンドは空虚。継母という軸があってこの映画は立つ。とはいえ、そういう認識を持つならば、もうちょっと継母に見せ場が欲しかった。継母をもっと掘り下げた描写も欲しかったな。あるいは、シンデレラの無垢な善意がもたらす残虐性を描くとか」

「ひ~」

「でもまあ、古い定番過ぎる話に新しい光を当てたという意味では良かったと思うよ」

Facebook

キーワード【 トーノZERO映画感想
【映画感想】の次のコンテンツ
2015年
05月
11日
感想・映画「マレフィセント」
3days 0 count
total 706 count
【映画感想】の前のコンテンツ
2015年
05月
01日
感想・映画「アナと雪の女王 エルサのサプライズ」
3days 0 count
total 716 count
【映画感想】のコンテンツ全リスト【映画感想】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20150501151957
サイトの表紙【映画感想】の表紙【映画感想】のコンテンツ全リスト 【映画感想】の入手全リスト 【映画感想】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.