2015年05月15日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 702 count

第54回ホビーショウのヤマト新作問題

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

名前: トモネコ

本文:

お疲れ様ですm(__)m

第54回ホビーショウの画像が上がり始めましたが、ヤマトはメカコレが細々と続く位でしょうか..

http://blog.amiami.com/amiblo/2015/05/hobby-shizuoka-sokuhou.html

(ホビーショウ速報)

2199開始の時の高揚は過去になりつつあります..

ヤマト活動も通常運行ですね..

「メカコレのガルントぐらいかね」

「それに関して何か意見はある?」

「2199は、1/1000ドメラーズ発売が最大のピークで、後はもうやる気の無さしか感じられない。しょうもない商品が並んで【これがヤマトです】というなら、もう止めた方が良いと思う」

「ヤマト商品の火を絶やすなってことじゃないの? 絶やさなければ復活もあり得るわけだろう?」

「明らかにやる気の無い商品がいくら並んでいてもそこからブームが起きるとは思えないな」

「どこに問題があると思うの?」

「商品展開に偏りがありすぎる。人気のあるもの、売れ筋のものばかり狙うとどれも同じようなものになってしまい、逆に魅力を失っているのではないかな」

「つまり、君のように【だって旧キット作ってる方が楽しいじゃないか】って思わせた時点で何かが違うわけだね」

「2199キットに夢があったのはやはり1/1000ドメラーズまでではないかな」

「では君はどう思う?」

「2199メカしか新作が出ないのもおかしい話だが、2199の中でもつまらんメカばかり商品ライナップに揃えすぎ」

「君は何が出たら嬉しい?」

「個人の嗜好を聞いても意味が無いよ。マスが動かないとビジネスは成立しない」

「それを踏まえた上で、あえて君があったら良いと思う模型は?」

「2199だといちばん良いシーンは、ドメルの車中の会話だと思うので、あのときの車が1/43ぐらいで模型にならないものか。1/24でもいいけど。でなければ、アナライザーが商品になったのに、なんでオルタが商品にならないの?」

「2199以外なら?」

「ディンギル系のメカは過去にほとんどプラモデル化されていないので、それなりにニーズはあると思うのだがね。ラインナップに変化も付くと思う」

「売れないかも知れないよ」

「売れなくてもラインナップには変化球が必要なんだよ。全部が売れ筋なら大もうけできるかと言えば、それも難しいと思うよ」

「他には?」

「メカコレでブルーノアがなんで出ないの?」

「凄く根本的なところに切り込んできたね」

オマケ §

「艦これについては?」

「流行り物だから出るだろうが、はやくブームよ終われとしか思っていない」

「なんて奴だ」

「一応、戦略は考えているんだぜ」

「戦略って何だよ」

「艦これブームが終わったら艦船模型が売れなくなる。そこで、艦船模型のノウハウを活かして宇宙戦艦ヤマトシリーズをやりませんかとタミヤハセガワフジミオアシマに売り込む」

「バルキリー商品化したハセガワとか、脈がありそうだね」

「まあ、ともかくバンダイは狙っている線が違いすぎて、より新しいキットになればなるほどコレジャナイ感が増えていくばかり。それならいっそタミヤハセガワに宇宙戦艦ヤマトシリーズを」

「無理」

オマケIII §

「というわけで、今作っているのはガルマンガミラス戦闘空母の(メカコレではなく大きい方)なのだが、実際に作ると面白いよ」

「どこが面白いの?」

「これね。船体が緑で、甲板がグレーなの」

「それがどうした」

「信濃に近い配色なんだよ」

「えー」

「そう思って考えれば、戦艦から空母になった信濃は、戦闘空母と言えないこともない」

「それで?」

「甲板に引いてあるラインはカタパルトではなく、ただの線。だからエレベーターを跨いでいてもおかしくない」

「ヤマト2199にある、エレベーターをまたいでいるカタパルトという変なものは無いわけだね」

「ヤマトIIIのメカにも理屈があって、それはそれで筋が通っている。通らないのもあるけど」

「どこが違うんだい?」

「ヤマトIIIの方がよりシンプルでメッセージ性が明確。ヤマト2199は詳細化しすぎて全体として何を語っているのかがぼやけてしまっている」

「細かいことは良いことばかりではないのだね」

「ヤマト2199は、力が入ったメカであればあるほど、【で、何がいいたかったの?】という疑問が出てくる」

「手間のかけ過ぎは迷走ってことだね」

「ヤマト2199に限った話ではないがね」

「もっと分かりやすい喩えはある?」

「そうだな。たとえば、手描きからデジタルになって無限に修正できるって言ってる人がいるが、あれはNG。無限に修正なんかしていたら、いつの間にか最初の目的が分からなくなって迷走しかねない」

「なんか他人事に思えないんだけど」

「延々と修正を続けて訳が分からなくなった経験ならあるからな」

「自分のことかい!」

「ってことで、無限ベータ砲は負けフラグ」

「それは無限の意味が違う」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2015年
05月
16日
完結編の問題・ヤマトが落下したあの惑星はなに?
3days 0 count
total 698 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2015年
05月
14日
宇宙戦艦ヤマトSEED
3days 0 count
total 726 count
2015年05月15日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 702 count

第54回ホビーショウのヤマト新作問題

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

名前: トモネコ

本文:

お疲れ様ですm(__)m

第54回ホビーショウの画像が上がり始めましたが、ヤマトはメカコレが細々と続く位でしょうか..

http://blog.amiami.com/amiblo/2015/05/hobby-shizuoka-sokuhou.html

(ホビーショウ速報)

2199開始の時の高揚は過去になりつつあります..

ヤマト活動も通常運行ですね..

「メカコレのガルントぐらいかね」

「それに関して何か意見はある?」

「2199は、1/1000ドメラーズ発売が最大のピークで、後はもうやる気の無さしか感じられない。しょうもない商品が並んで【これがヤマトです】というなら、もう止めた方が良いと思う」

「ヤマト商品の火を絶やすなってことじゃないの? 絶やさなければ復活もあり得るわけだろう?」

「明らかにやる気の無い商品がいくら並んでいてもそこからブームが起きるとは思えないな」

「どこに問題があると思うの?」

「商品展開に偏りがありすぎる。人気のあるもの、売れ筋のものばかり狙うとどれも同じようなものになってしまい、逆に魅力を失っているのではないかな」

「つまり、君のように【だって旧キット作ってる方が楽しいじゃないか】って思わせた時点で何かが違うわけだね」

「2199キットに夢があったのはやはり1/1000ドメラーズまでではないかな」

「では君はどう思う?」

「2199メカしか新作が出ないのもおかしい話だが、2199の中でもつまらんメカばかり商品ライナップに揃えすぎ」

「君は何が出たら嬉しい?」

「個人の嗜好を聞いても意味が無いよ。マスが動かないとビジネスは成立しない」

「それを踏まえた上で、あえて君があったら良いと思う模型は?」

「2199だといちばん良いシーンは、ドメルの車中の会話だと思うので、あのときの車が1/43ぐらいで模型にならないものか。1/24でもいいけど。でなければ、アナライザーが商品になったのに、なんでオルタが商品にならないの?」

「2199以外なら?」

「ディンギル系のメカは過去にほとんどプラモデル化されていないので、それなりにニーズはあると思うのだがね。ラインナップに変化も付くと思う」

「売れないかも知れないよ」

「売れなくてもラインナップには変化球が必要なんだよ。全部が売れ筋なら大もうけできるかと言えば、それも難しいと思うよ」

「他には?」

「メカコレでブルーノアがなんで出ないの?」

「凄く根本的なところに切り込んできたね」

オマケ §

「艦これについては?」

「流行り物だから出るだろうが、はやくブームよ終われとしか思っていない」

「なんて奴だ」

「一応、戦略は考えているんだぜ」

「戦略って何だよ」

「艦これブームが終わったら艦船模型が売れなくなる。そこで、艦船模型のノウハウを活かして宇宙戦艦ヤマトシリーズをやりませんかとタミヤハセガワフジミオアシマに売り込む」

「バルキリー商品化したハセガワとか、脈がありそうだね」

「まあ、ともかくバンダイは狙っている線が違いすぎて、より新しいキットになればなるほどコレジャナイ感が増えていくばかり。それならいっそタミヤハセガワに宇宙戦艦ヤマトシリーズを」

「無理」

オマケIII §

「というわけで、今作っているのはガルマンガミラス戦闘空母の(メカコレではなく大きい方)なのだが、実際に作ると面白いよ」

「どこが面白いの?」

「これね。船体が緑で、甲板がグレーなの」

「それがどうした」

「信濃に近い配色なんだよ」

「えー」

「そう思って考えれば、戦艦から空母になった信濃は、戦闘空母と言えないこともない」

「それで?」

「甲板に引いてあるラインはカタパルトではなく、ただの線。だからエレベーターを跨いでいてもおかしくない」

「ヤマト2199にある、エレベーターをまたいでいるカタパルトという変なものは無いわけだね」

「ヤマトIIIのメカにも理屈があって、それはそれで筋が通っている。通らないのもあるけど」

「どこが違うんだい?」

「ヤマトIIIの方がよりシンプルでメッセージ性が明確。ヤマト2199は詳細化しすぎて全体として何を語っているのかがぼやけてしまっている」

「細かいことは良いことばかりではないのだね」

「ヤマト2199は、力が入ったメカであればあるほど、【で、何がいいたかったの?】という疑問が出てくる」

「手間のかけ過ぎは迷走ってことだね」

「ヤマト2199に限った話ではないがね」

「もっと分かりやすい喩えはある?」

「そうだな。たとえば、手描きからデジタルになって無限に修正できるって言ってる人がいるが、あれはNG。無限に修正なんかしていたら、いつの間にか最初の目的が分からなくなって迷走しかねない」

「なんか他人事に思えないんだけど」

「延々と修正を続けて訳が分からなくなった経験ならあるからな」

「自分のことかい!」

「ってことで、無限ベータ砲は負けフラグ」

「それは無限の意味が違う」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2015年
05月
16日
完結編の問題・ヤマトが落下したあの惑星はなに?
3days 0 count
total 698 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2015年
05月
14日
宇宙戦艦ヤマトSEED
3days 0 count
total 726 count
【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト【宇宙戦艦ヤマト】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20150515090246
サイトの表紙【宇宙戦艦ヤマト】の表紙【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】の入手全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.