2015年06月06日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 790 count

ヤマトのメカコレ談義・ベスト&ワースト

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「旧メカコレのかなりの割合と、新メカコレの全てを作ったので、これらをまとめてベスト1とワースト1を考えてみようと思う」

「あくまで個人的な感想だね」

「そうだ」

「ではワースト1から行こう」

「文句なく、旧メカコレ大戦艦。旧メカコレ大戦艦は大変だという話題で、経験者なら誰とでもコミニュケーション可能」

「まともに組めない、組むと死ぬ代表格なのだね」

「まさに。ではベスト1は?」

「旧メカコレのバルゼー。作りやすさ。プロポーション、いずれも文句なし。最高に良い印象を残した」

「でも新メカコレの方が作りやすいだろう?」

「実は新メカコレには、パーツが無駄に多い、隙間ができやすい、プロポーションがイマイチという場合があり、プラス点だけではないんだ」

「バルゼーは新メカコレ以上に作りやすいの?」

「そうだな。何せ部品が少ないので、手間が掛からなかったという印象がある」

「新メカコレのナスカよりも?」

「新メカコレのナスカって、新メカコレの中でも特に出来が良くないと思う」

「なんか、新メカコレの方が出来が良いように思っていたのに、意外な結末だね」

「確かに新メカコレはモールドも細かいし、接着剤無くてもある程度組めるのは事実。シール類も充実したものが付いている。そういう意味で平均点は上がっている。でもむしろバランスが悪くなっていたり、無駄にパーツが多すぎて手間を食ったり、妙に組みにくい場所が生じていたり、いろいろ問題もある」

「分かった。旧メカコレの方がバラツキが大きいので、突出して出来が良いキットは新メカコレを凌駕する好印象を与える場合もあるが、平均点だけなら新メカコレってことだね」

「逆にいえば、新メカコレは技術は上がっているはずなのに、元デザインに難があって限界を超えられていないような気もする」

「痩せすぎのヤマトとか、戦闘空母に見えない戦闘空母とかだね」

「そもそも商品もチョイスも偏りが激しくてな。車両類が1つもラインナップされていない」

「確かメカコレサイズの戦車があったような」

「戦車だけな。非装甲車両はたしか1つも無かったはず」

「そこに越えられない壁があるわけだね」

「そう。ヤマト2199でいちばん良いシーンはドメルらの乗用車での会話だと思っていると、その舞台になった自動車のキットが無くて泣くわけだ」

「戦闘シーンじゃなくて?」

「ドンパチで興奮するのは子供だよ」

ならば §

「じゃあさ。新メカコレ限定でベストとワーストを決めてくれよ。既発売分は全部作ったんだろう?」

「そうだな。ワーストは難しくない。ナスカだ。次点はラスコー級。ただし、全般的に彗星帝国艦はプロポーションの出来が良くない。新メカコレはほぼ【平均点は超えているが最高得点は取れずに惜しい】という水準なのだが、彗星帝国艦に関しては全部駄作と思って良いと思う。旧メカコレの方が良いことも多い」

「なんてこった! この質問は簡単だったか!」

「いやいや。ベストは難しいよ。かなり悩んだ」

「なぜ?」

「どれを選んでもそこそこの出来だが、どれか1つを選べないからだ」

「平均して水準が高いのも善し悪しだね」

「ヤマトの作りやすさにも驚いたが、やはり痩せすぎの傾向があるし、パルスレーザーの下に隙間ができやすい弱点がある。痩せ過ぎは主観の問題で、あれで良いと言うならそれでも良いのだが、隙間は趣味の問題ではないので困ったものだ」

「じゃあ、ベストには選べないのだね?」

「いろいろ考えたが、ベストはユキカゼってことにしたいと思う」

「理由は?」

「突出した弱点がないから……かな。マジック1本でも見栄えが良くなるし、色をちょっと入れるだけでも印象を大幅に改善できる。出来上がった形状も悪くない。しかも組み立てに無理がない。1/1000のユキカゼは無理があったけどね。そして複数作っても違う艦名を与えることができて、並べられる」

「ドメラーズとかデウスーラは候補にならないの?」

「巨大すぎる艦は、サイズ感を出すのが難しいので、そこは扱いが難しいのだよ」

オマケ §

「彗星帝国艦に関しては全部駄作と思って良いと思うって言うけどさ。なんで全部なの? 3DデータからCADで作ってるんでしょ? なんでおかしくなるの?」

「うむ。それはデザイン段階で既におかしいからだと思うよ」

「えー。それは2199のメカデザイナーへの批判なのかい?」

「いや、実は旧作の段階で既におかしい要素があった。その問題がより拡大して戻って来ただけで、2199の彗星帝国艦だけがおかしいわけではないよ。実際の旧作映像では作画段階で補正が掛かっているからそれほどおかしくはないけどね」

「それにも関わらずバルゼーをベストに選んだのはなぜ?」

「バルゼーと大戦艦に関してはなぜかもともとバランスがおかしくないのだ」

「大戦艦はワーストじゃないか」

「うむ。では訂正しよう。大戦艦は絶望的に作りにくいキットだが、完成できればバルゼーにも匹敵する良いプロポーション」

「それでもワーストなんだね?」

「絶望的に作りにくいからね」

オマケ2 §

「で、君の善し悪しの判断に異議を唱える人がいるのだが」

「当然だ。そんなものはただの主観だ。あくまで自分の主観で言っているだけで、他の人には他の人の意見があるだろう」

「じゃあ、このベストワーストには何の意味があるの?」

「ほとんど意味は無い。単なる自己満足!」

「ぎゃふん」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2015年
06月
07日
アナライザーが最初に酒を飲んだのは何話かという問題
3days 0 count
total 670 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2015年
06月
05日
俺の目に見えるヤマト世界はここにある・(どこかの画面ではない)
3days 0 count
total 680 count
2015年06月06日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 790 count

ヤマトのメカコレ談義・ベスト&ワースト

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「旧メカコレのかなりの割合と、新メカコレの全てを作ったので、これらをまとめてベスト1とワースト1を考えてみようと思う」

「あくまで個人的な感想だね」

「そうだ」

「ではワースト1から行こう」

「文句なく、旧メカコレ大戦艦。旧メカコレ大戦艦は大変だという話題で、経験者なら誰とでもコミニュケーション可能」

「まともに組めない、組むと死ぬ代表格なのだね」

「まさに。ではベスト1は?」

「旧メカコレのバルゼー。作りやすさ。プロポーション、いずれも文句なし。最高に良い印象を残した」

「でも新メカコレの方が作りやすいだろう?」

「実は新メカコレには、パーツが無駄に多い、隙間ができやすい、プロポーションがイマイチという場合があり、プラス点だけではないんだ」

「バルゼーは新メカコレ以上に作りやすいの?」

「そうだな。何せ部品が少ないので、手間が掛からなかったという印象がある」

「新メカコレのナスカよりも?」

「新メカコレのナスカって、新メカコレの中でも特に出来が良くないと思う」

「なんか、新メカコレの方が出来が良いように思っていたのに、意外な結末だね」

「確かに新メカコレはモールドも細かいし、接着剤無くてもある程度組めるのは事実。シール類も充実したものが付いている。そういう意味で平均点は上がっている。でもむしろバランスが悪くなっていたり、無駄にパーツが多すぎて手間を食ったり、妙に組みにくい場所が生じていたり、いろいろ問題もある」

「分かった。旧メカコレの方がバラツキが大きいので、突出して出来が良いキットは新メカコレを凌駕する好印象を与える場合もあるが、平均点だけなら新メカコレってことだね」

「逆にいえば、新メカコレは技術は上がっているはずなのに、元デザインに難があって限界を超えられていないような気もする」

「痩せすぎのヤマトとか、戦闘空母に見えない戦闘空母とかだね」

「そもそも商品もチョイスも偏りが激しくてな。車両類が1つもラインナップされていない」

「確かメカコレサイズの戦車があったような」

「戦車だけな。非装甲車両はたしか1つも無かったはず」

「そこに越えられない壁があるわけだね」

「そう。ヤマト2199でいちばん良いシーンはドメルらの乗用車での会話だと思っていると、その舞台になった自動車のキットが無くて泣くわけだ」

「戦闘シーンじゃなくて?」

「ドンパチで興奮するのは子供だよ」

ならば §

「じゃあさ。新メカコレ限定でベストとワーストを決めてくれよ。既発売分は全部作ったんだろう?」

「そうだな。ワーストは難しくない。ナスカだ。次点はラスコー級。ただし、全般的に彗星帝国艦はプロポーションの出来が良くない。新メカコレはほぼ【平均点は超えているが最高得点は取れずに惜しい】という水準なのだが、彗星帝国艦に関しては全部駄作と思って良いと思う。旧メカコレの方が良いことも多い」

「なんてこった! この質問は簡単だったか!」

「いやいや。ベストは難しいよ。かなり悩んだ」

「なぜ?」

「どれを選んでもそこそこの出来だが、どれか1つを選べないからだ」

「平均して水準が高いのも善し悪しだね」

「ヤマトの作りやすさにも驚いたが、やはり痩せすぎの傾向があるし、パルスレーザーの下に隙間ができやすい弱点がある。痩せ過ぎは主観の問題で、あれで良いと言うならそれでも良いのだが、隙間は趣味の問題ではないので困ったものだ」

「じゃあ、ベストには選べないのだね?」

「いろいろ考えたが、ベストはユキカゼってことにしたいと思う」

「理由は?」

「突出した弱点がないから……かな。マジック1本でも見栄えが良くなるし、色をちょっと入れるだけでも印象を大幅に改善できる。出来上がった形状も悪くない。しかも組み立てに無理がない。1/1000のユキカゼは無理があったけどね。そして複数作っても違う艦名を与えることができて、並べられる」

「ドメラーズとかデウスーラは候補にならないの?」

「巨大すぎる艦は、サイズ感を出すのが難しいので、そこは扱いが難しいのだよ」

オマケ §

「彗星帝国艦に関しては全部駄作と思って良いと思うって言うけどさ。なんで全部なの? 3DデータからCADで作ってるんでしょ? なんでおかしくなるの?」

「うむ。それはデザイン段階で既におかしいからだと思うよ」

「えー。それは2199のメカデザイナーへの批判なのかい?」

「いや、実は旧作の段階で既におかしい要素があった。その問題がより拡大して戻って来ただけで、2199の彗星帝国艦だけがおかしいわけではないよ。実際の旧作映像では作画段階で補正が掛かっているからそれほどおかしくはないけどね」

「それにも関わらずバルゼーをベストに選んだのはなぜ?」

「バルゼーと大戦艦に関してはなぜかもともとバランスがおかしくないのだ」

「大戦艦はワーストじゃないか」

「うむ。では訂正しよう。大戦艦は絶望的に作りにくいキットだが、完成できればバルゼーにも匹敵する良いプロポーション」

「それでもワーストなんだね?」

「絶望的に作りにくいからね」

オマケ2 §

「で、君の善し悪しの判断に異議を唱える人がいるのだが」

「当然だ。そんなものはただの主観だ。あくまで自分の主観で言っているだけで、他の人には他の人の意見があるだろう」

「じゃあ、このベストワーストには何の意味があるの?」

「ほとんど意味は無い。単なる自己満足!」

「ぎゃふん」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2015年
06月
07日
アナライザーが最初に酒を飲んだのは何話かという問題
3days 0 count
total 670 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2015年
06月
05日
俺の目に見えるヤマト世界はここにある・(どこかの画面ではない)
3days 0 count
total 680 count
【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト【宇宙戦艦ヤマト】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20150606081314
サイトの表紙【宇宙戦艦ヤマト】の表紙【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】の入手全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.