2015年07月07日
川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡り total 1333 count

富士稲荷神社・学田公園

Written By: 川俣 晶連絡先

「今日は映画でも見ようかと思ったのだが、雨の間の貴重な曇りの日だと分かって、念願の学田公園へレッツゴーと決めた」

「なんで学田公園なの?」

「江古田川(中新井川という)の水源の1つだったというからさ」

「これだけ遠いのに、神田川とは水でつながっているのだね」

「自転車漕いで行ってきた」

「それで?」

「ちょっと小雨がぱらついたな」

「中身は?」

「実は学田公園に行く途中でね。鳥居のある公園に遭遇したのだ。面白いから立ち寄ったら稲荷だった。富士稲荷神社というらしい」

稲荷神社

「へー」

「で、そのあと学田公園に行って、ほぼ一周した。そうしたら、敷地に野方線No.210の送電鉄塔があったのでビックリした」

学田公園

「その後どうしたの?」

「分水との分岐点が公園の横にあったので確認して、そのあとは千川通りまで水路跡らしき道を辿ったよ」

「それから?」

「道の横に水路跡っぽい土地を確認して、それから江古田にまわって鉄道連隊E17を見て戻って来た」