2015年09月02日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 860 count

同人誌「ガミラス生まれの侵略者」を元に考える独裁者論「デスラーは無制限に臣下を殺せるのか?」

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「ホモ要素を除外しても面白かったので、この話題を扱おう」

「どんな話題?」

「この同人誌の解釈では、デスラーからドメルへの通信は本音ではない。臣下全員が騒いでいる状況下で、彼らの言い分を代弁しなければならない」

「独裁者なのに?」

「話を簡単にするために問題を立て直そう」

「どんな風に?」

「独裁者は無制限に臣下を殺せるだろうか? デスラーは違うのだろうか?」

「デスラーは酔っ払った部下を穴に落としたよね?」

「そうだ。彼は臣下を殺した。おそらくな」

「シュルツにも死ねと言ったね」

「そうだ。死を要求した」

「独裁者は臣下に死を要求できるものではないの? それが独裁なんだろう?」

「うむ。そこがポイントだ」

「というと?」

「実は、独裁者は自由に臣下を殺せない」

「なんで?」

「国家を成立させるには人間が必要で、統治には優秀な人間が必要だからだ。それゆえに、国家運営に支障がでない1人や2人ならば、いつでも殺すことができる。あるいは、前線の1部隊ぐらいなら、いつでも抹殺できる」

「抹殺できるのだろう?」

「国家運営に支障が出ないうちはな」

「というと?」

「国家運営に支障が出る規模では粛正を実行できない。それをやると国家が傾く。独裁者は国家あっての独裁者だ。国家を滅ぼすような選択肢はありえない。そのような状況下では、独裁者の方が譲歩せざるを得ない」

「それって、冷酷な独裁者のイメージに反するよ」

「そうかもしれないが、それも事実だ」

「デスラーもそうなの?」

「そうだという解釈で描かれているのがこの同人誌だ」

「でもさ。デスラーは本土決戦ではガミラスを滅ぼすような戦い方をしたよ」

「それはね。ドメルが死んだ後、彼は狂ったという解釈なのだよ」

「狂っていれば自滅的な戦い方も可能ということだね」

彗星帝国は §

「彗星帝国の場合、大帝はいかに嘘つきの部下であろうとも、あっさりと粛正はできなかった」

「サーベラーはかなり野放しだったわけだね」

「やはり大帝といえど、簡単に部下は切り捨てられない」

「分かった。デスラーも酔っ払いだけならすぐに消せるが、タラン、ヒス級の大物になると簡単には消せないのだね」

「そうだろう」

「つまり、そのクラスの大物までざわざわしていたら、それを無視はできないわけだね」

「だがドメルに死刑判決が出た場合は話が変わる」

「死刑は困るわけだね」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2015年
09月
03日
ヤマト2の見せ場はどこか?
3days 0 count
total 771 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2015年
09月
01日
ヤマト2199はどこで間違ったのか【没ネタ復活の害】
3days 0 count
total 823 count
2015年09月02日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 860 count

同人誌「ガミラス生まれの侵略者」を元に考える独裁者論「デスラーは無制限に臣下を殺せるのか?」

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「ホモ要素を除外しても面白かったので、この話題を扱おう」

「どんな話題?」

「この同人誌の解釈では、デスラーからドメルへの通信は本音ではない。臣下全員が騒いでいる状況下で、彼らの言い分を代弁しなければならない」

「独裁者なのに?」

「話を簡単にするために問題を立て直そう」

「どんな風に?」

「独裁者は無制限に臣下を殺せるだろうか? デスラーは違うのだろうか?」

「デスラーは酔っ払った部下を穴に落としたよね?」

「そうだ。彼は臣下を殺した。おそらくな」

「シュルツにも死ねと言ったね」

「そうだ。死を要求した」

「独裁者は臣下に死を要求できるものではないの? それが独裁なんだろう?」

「うむ。そこがポイントだ」

「というと?」

「実は、独裁者は自由に臣下を殺せない」

「なんで?」

「国家を成立させるには人間が必要で、統治には優秀な人間が必要だからだ。それゆえに、国家運営に支障がでない1人や2人ならば、いつでも殺すことができる。あるいは、前線の1部隊ぐらいなら、いつでも抹殺できる」

「抹殺できるのだろう?」

「国家運営に支障が出ないうちはな」

「というと?」

「国家運営に支障が出る規模では粛正を実行できない。それをやると国家が傾く。独裁者は国家あっての独裁者だ。国家を滅ぼすような選択肢はありえない。そのような状況下では、独裁者の方が譲歩せざるを得ない」

「それって、冷酷な独裁者のイメージに反するよ」

「そうかもしれないが、それも事実だ」

「デスラーもそうなの?」

「そうだという解釈で描かれているのがこの同人誌だ」

「でもさ。デスラーは本土決戦ではガミラスを滅ぼすような戦い方をしたよ」

「それはね。ドメルが死んだ後、彼は狂ったという解釈なのだよ」

「狂っていれば自滅的な戦い方も可能ということだね」

彗星帝国は §

「彗星帝国の場合、大帝はいかに嘘つきの部下であろうとも、あっさりと粛正はできなかった」

「サーベラーはかなり野放しだったわけだね」

「やはり大帝といえど、簡単に部下は切り捨てられない」

「分かった。デスラーも酔っ払いだけならすぐに消せるが、タラン、ヒス級の大物になると簡単には消せないのだね」

「そうだろう」

「つまり、そのクラスの大物までざわざわしていたら、それを無視はできないわけだね」

「だがドメルに死刑判決が出た場合は話が変わる」

「死刑は困るわけだね」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2015年
09月
03日
ヤマト2の見せ場はどこか?
3days 0 count
total 771 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2015年
09月
01日
ヤマト2199はどこで間違ったのか【没ネタ復活の害】
3days 0 count
total 823 count
【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト【宇宙戦艦ヤマト】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20150902073540
サイトの表紙【宇宙戦艦ヤマト】の表紙【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】の入手全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.