2015年09月02日
トーノZEROアニメ雑記total 787 count

らんま1/2の「ド・ン・マ・イ来々少年 Don't mind lay-lay-Boy」を、女らんまの心情として解釈する

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「らんま1/2のファンアートを見ていると、実は以下の特徴に気付く」

  • 女らんまの比重が極めて高い
  • 実際の作品のらんまは、女であることをあまり受け入れていないのだが、ファンアートでは女を受け入れている場合が多い (相手はクラスメート、響良牙、八宝菜、その他未知の男)

「男に戻ろうとしないで、男を相手にしてしまうわけだね」

「その理由はいろいろあるだろう。男の気持ちが分かる女らんまであれば、男の欲望を受け入れてくれそうな期待感があるのかも知れないし、ファン側が自分も女になってしまいたい欲望があるのかも知れない」

「ふーん。それで?」

「その前提で、らんま1/2の「ド・ン・マ・イ来々少年 Don't mind lay-lay-Boy」を聞いたときにハッと思った」

「この歌の歌詞は本来なに?」

「おそらく、あかねから男乱馬への心情を歌ったもの。以下のような内容を歌っている」

  • 相手が落ち込んでいる
  • 元気な相手が好き
  • 喧嘩をしたい
  • 内緒だがずっと愛していた
  • 浮気しちゃうぞ、と脅す
  • 相手がかまってくれないと、ロンリーガールだ
  • 今だけ君のために女になりたい

「がさつな天道あかねが、女らしくなりたい歌なのだね」

「おそらくそうだろう。しかし、ここで歌の語り手と相手の名前を入れ換えてしまおう」

  • あかね→女らんま
  • 男乱馬→響良牙

「は?」

「すると、女らんまと響良牙に関係があるという一部ファンアートの解釈と合わせると、妙に筋が通ることに気付いた」

  • 相手が落ち込んでいる (響良牙はPちゃんになって落ち込んでいる)
  • 元気な相手が好き (響良牙は無駄に元気)
  • 喧嘩をしたい (乱馬と良牙はいつも喧嘩している)
  • 内緒だがずっと愛していた (本当は響良牙を愛していた乱馬。ホモである)
  • 浮気しちゃうぞ、と脅す (女らんまの周囲に男は多い)
  • 相手がかまってくれないと、ロンリーガールだ (響良牙は、あまり乱馬とのラブラブ関係に興味を持っていない)
  • 今だけ君のために女になりたい (乱馬は本体男である。ホモではない響良牙と深い関係になるために、女になりたい)

「な、なるほど。ホモか」

「そうだ。本来乱馬はホモということになってしまう」

「それでいいの?」

「実は乱馬にはあかねに対するデリカシーの無い言動がけっこう目立つ。ホモなら無意識的にあかねをないがしろにしても筋が通る」

「ひ~」

「しかし、響良牙はホモではない。響良牙の欲望は常に女に向かう。ここで、女らんまと響良牙の心はすれ違ってしまう」

「そこがドラマなのだね」

「各人が変身する姿が、心の奥底で望んだ姿だとすると、乱馬が望んだのは響良牙から愛されることができる女の身体であり、響良牙が望んだのは女性達から可愛がられるマスコット動物ということになる。これも見事にすれ違っている」

「そうか、シャンプーの猫は気まぐれなペット。じゃあ、ムースのアヒルは?」

「ムースなんてもうほとんど忘れてしまったよ!」

乱馬ホモ説 §

「乱馬は、実はあまり他の女に興味を示さない。しかし、男に戻ることには固執する。これは具体像を結びにくい特徴だ」

「男に戻って女性を愛することにはあまり熱心ではないわけだね」

「でもね。実は乱馬はホモだと考えて、男として男と愛し合うために女を直したいと思うならば、これで整合してしまう」

「ひ~」

結語 §

「で、この解釈は正しいの?」

「正しくない……はずだ」

「正しくないのになぜ語るの?」

「面白いからだ」

Facebook

キーワード【 トーノZEROアニメ雑記
【アニメ雑記】の次のコンテンツ
2015年
09月
22日
ザブングル隼説
3days 0 count
total 549 count
【アニメ雑記】の前のコンテンツ
2015年
09月
02日
ハッチポッチステーションとトッキュウジャーに関係はあるか?
3days 0 count
total 633 count
2015年09月02日
トーノZEROアニメ雑記total 787 count

らんま1/2の「ド・ン・マ・イ来々少年 Don't mind lay-lay-Boy」を、女らんまの心情として解釈する

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「らんま1/2のファンアートを見ていると、実は以下の特徴に気付く」

  • 女らんまの比重が極めて高い
  • 実際の作品のらんまは、女であることをあまり受け入れていないのだが、ファンアートでは女を受け入れている場合が多い (相手はクラスメート、響良牙、八宝菜、その他未知の男)

「男に戻ろうとしないで、男を相手にしてしまうわけだね」

「その理由はいろいろあるだろう。男の気持ちが分かる女らんまであれば、男の欲望を受け入れてくれそうな期待感があるのかも知れないし、ファン側が自分も女になってしまいたい欲望があるのかも知れない」

「ふーん。それで?」

「その前提で、らんま1/2の「ド・ン・マ・イ来々少年 Don't mind lay-lay-Boy」を聞いたときにハッと思った」

「この歌の歌詞は本来なに?」

「おそらく、あかねから男乱馬への心情を歌ったもの。以下のような内容を歌っている」

  • 相手が落ち込んでいる
  • 元気な相手が好き
  • 喧嘩をしたい
  • 内緒だがずっと愛していた
  • 浮気しちゃうぞ、と脅す
  • 相手がかまってくれないと、ロンリーガールだ
  • 今だけ君のために女になりたい

「がさつな天道あかねが、女らしくなりたい歌なのだね」

「おそらくそうだろう。しかし、ここで歌の語り手と相手の名前を入れ換えてしまおう」

  • あかね→女らんま
  • 男乱馬→響良牙

「は?」

「すると、女らんまと響良牙に関係があるという一部ファンアートの解釈と合わせると、妙に筋が通ることに気付いた」

  • 相手が落ち込んでいる (響良牙はPちゃんになって落ち込んでいる)
  • 元気な相手が好き (響良牙は無駄に元気)
  • 喧嘩をしたい (乱馬と良牙はいつも喧嘩している)
  • 内緒だがずっと愛していた (本当は響良牙を愛していた乱馬。ホモである)
  • 浮気しちゃうぞ、と脅す (女らんまの周囲に男は多い)
  • 相手がかまってくれないと、ロンリーガールだ (響良牙は、あまり乱馬とのラブラブ関係に興味を持っていない)
  • 今だけ君のために女になりたい (乱馬は本体男である。ホモではない響良牙と深い関係になるために、女になりたい)

「な、なるほど。ホモか」

「そうだ。本来乱馬はホモということになってしまう」

「それでいいの?」

「実は乱馬にはあかねに対するデリカシーの無い言動がけっこう目立つ。ホモなら無意識的にあかねをないがしろにしても筋が通る」

「ひ~」

「しかし、響良牙はホモではない。響良牙の欲望は常に女に向かう。ここで、女らんまと響良牙の心はすれ違ってしまう」

「そこがドラマなのだね」

「各人が変身する姿が、心の奥底で望んだ姿だとすると、乱馬が望んだのは響良牙から愛されることができる女の身体であり、響良牙が望んだのは女性達から可愛がられるマスコット動物ということになる。これも見事にすれ違っている」

「そうか、シャンプーの猫は気まぐれなペット。じゃあ、ムースのアヒルは?」

「ムースなんてもうほとんど忘れてしまったよ!」

乱馬ホモ説 §

「乱馬は、実はあまり他の女に興味を示さない。しかし、男に戻ることには固執する。これは具体像を結びにくい特徴だ」

「男に戻って女性を愛することにはあまり熱心ではないわけだね」

「でもね。実は乱馬はホモだと考えて、男として男と愛し合うために女を直したいと思うならば、これで整合してしまう」

「ひ~」

結語 §

「で、この解釈は正しいの?」

「正しくない……はずだ」

「正しくないのになぜ語るの?」

「面白いからだ」

Facebook

キーワード【 トーノZEROアニメ雑記
【アニメ雑記】の次のコンテンツ
2015年
09月
22日
ザブングル隼説
3days 0 count
total 549 count
【アニメ雑記】の前のコンテンツ
2015年
09月
02日
ハッチポッチステーションとトッキュウジャーに関係はあるか?
3days 0 count
total 633 count
【アニメ雑記】のコンテンツ全リスト【アニメ雑記】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20150902215038
サイトの表紙【アニメ雑記】の表紙【アニメ雑記】のコンテンツ全リスト 【アニメ雑記】の入手全リスト 【アニメ雑記】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.