2015年09月11日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 625 count

森雪がスノークのお嬢さんにすり替わるとき

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「森雪がスノークのお嬢さんにすり替わるとき、というのを考えてみた」

「なんでやねん」

「いや、スノーは雪だから」

「えー」

「ワープ終了」

「終わった終わった」

「雪がいないぞ。あのカバは何者だ!?」

「私はスノークのお嬢さんよ」

「古代、分かったぞ。どうやら間抜けな神様がスノークのお嬢さんをスノーだと早とちりして、雪と取り違えたらしい」

「ノンノンでもフローレンでもなく?」

「そうだ。あそこにいるのは、ノンノンでもフローレンでもなくスノークのお嬢さんだ」

「ワープ終了」

「今度は、真田さんがヘムレンさんに変わっているぞ。一応学者っぽいので」

「南部はスノークだ。メガネかけてるから」

「艦長なんかムーミンパパだ」

「加藤来てくれ。第1艦橋が大変なんだ」

「それは誰だ?」

「加藤が飛行おにに変わっているぞ」

「ムーミン谷のみんながヤマトに来ている。なぜだ」

「さあ。それは僕らにもさっぱり」

「ところで、さっきから見ていてムーミン・トロールがいないぞ」

「ムーミンなら冷凍睡眠室じゃないか? 語感的に」

「ああ、彼なら間違って宇宙パトロールの世界に行っているみたいで。語感的に」

「ぎゃふん」

オマケ §

「シェー。チビ太がミイに変わっているザンス」

「何言ってるのよ、あんたもあたしよ」

「シェー、ミーもミイざんす」

オマケ2 §

「たぶん、ヤマトの水夫は全員僕に変わっている頃だろう。語感的に」

「スニフ、ヤマトに水夫は乗って無いのよ」

オマケIII §

「やっぱり私がヤマトに乗るとしたら副長かしら」

「ミムラ姉さん、いくら語感的に似ているからって、大村と入れ替わることは無いと思うわよ」

さらばオマケ §

「新たな脅威が宇宙を席巻していた」

「ムーミン谷の彗星だ!」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2015年
09月
12日
宇宙戦艦ヤマトと物語のスケール感の問題
3days 0 count
total 714 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2015年
09月
10日
消滅して出現する白色彗星の元ネタは伊勢湾台風という仮説
3days 0 count
total 723 count
2015年09月11日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 625 count

森雪がスノークのお嬢さんにすり替わるとき

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「森雪がスノークのお嬢さんにすり替わるとき、というのを考えてみた」

「なんでやねん」

「いや、スノーは雪だから」

「えー」

「ワープ終了」

「終わった終わった」

「雪がいないぞ。あのカバは何者だ!?」

「私はスノークのお嬢さんよ」

「古代、分かったぞ。どうやら間抜けな神様がスノークのお嬢さんをスノーだと早とちりして、雪と取り違えたらしい」

「ノンノンでもフローレンでもなく?」

「そうだ。あそこにいるのは、ノンノンでもフローレンでもなくスノークのお嬢さんだ」

「ワープ終了」

「今度は、真田さんがヘムレンさんに変わっているぞ。一応学者っぽいので」

「南部はスノークだ。メガネかけてるから」

「艦長なんかムーミンパパだ」

「加藤来てくれ。第1艦橋が大変なんだ」

「それは誰だ?」

「加藤が飛行おにに変わっているぞ」

「ムーミン谷のみんながヤマトに来ている。なぜだ」

「さあ。それは僕らにもさっぱり」

「ところで、さっきから見ていてムーミン・トロールがいないぞ」

「ムーミンなら冷凍睡眠室じゃないか? 語感的に」

「ああ、彼なら間違って宇宙パトロールの世界に行っているみたいで。語感的に」

「ぎゃふん」

オマケ §

「シェー。チビ太がミイに変わっているザンス」

「何言ってるのよ、あんたもあたしよ」

「シェー、ミーもミイざんす」

オマケ2 §

「たぶん、ヤマトの水夫は全員僕に変わっている頃だろう。語感的に」

「スニフ、ヤマトに水夫は乗って無いのよ」

オマケIII §

「やっぱり私がヤマトに乗るとしたら副長かしら」

「ミムラ姉さん、いくら語感的に似ているからって、大村と入れ替わることは無いと思うわよ」

さらばオマケ §

「新たな脅威が宇宙を席巻していた」

「ムーミン谷の彗星だ!」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2015年
09月
12日
宇宙戦艦ヤマトと物語のスケール感の問題
3days 0 count
total 714 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2015年
09月
10日
消滅して出現する白色彗星の元ネタは伊勢湾台風という仮説
3days 0 count
total 723 count
【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト【宇宙戦艦ヤマト】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20150911074713
サイトの表紙【宇宙戦艦ヤマト】の表紙【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】の入手全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.