B013W7LCSG
Amazon.co.jp

2015年12月10日
遠野秋彦の庵お便りコーナーtotal 302 count

おたよりコーナー・トモネコさんの多怪土妖伝感想

Written By: 遠野秋彦連絡先

 おたよりの内容は2通のメールだったため。それを再編集して1つにまとめさせて頂きました。編集の文責は私の方にあります。

「多怪土・伝」を取りあえず二回、読み終わりました。

とても面白かったです。

初めは、私個人的には読み進みにくかったのですが、人物表を作り一読目は細かい事に拘らずに読み終え、次にネットで少し調べ(作中でも調べろとの台詞がありました)再読しましたが、今度は小一時間で読み終えました。

http://blog.goo.ne.jp/ckawai/e/c154ab2bc85cba9b17c95a26684848a3

このブログの写真で非常にイメージしやすくなりました。また、蛇場美遺跡で検索で川俣様の過去の記事も見つかりました。

先にも伝えましたが、私は「おもいでエマノン」の小説と漫画版が大好きなので「アヤカシ」の件はとても理解しやすく、共感しました。また人の数だけの真実は黒澤映画の「羅生門」で馴染みがあるので共感でした。

一番好きな所は蛇場美の二つの選択の正解が「第三の選択」だった点です。

「アヤカシ」・「じゃばみ」等の言葉の響きも好きです。

ぜひ、シリーズ化を希望します!

次は「二子玉川・殺人事件」などどうでしょうか?

面白い作品をありがとうございましたm(__)m

稚拙ながら、宣伝コピーを考えさせて貰いました。

  • 少し「不思議」で、少し「学べ」て、少し「卑猥」で少し「「怖く」て、少し「悩む」、そんな中編・小説です。
  • でも、楽しみは「少し」ではありません!
  • 楽しみ「山盛り」、【多怪土妖伝】、たったの200円!
  • コスパ良し!

どうでしょうか(^_^;)

 トモネコさん。お読み頂きありがとう。

 安いので皆さんもどうぞ。

 とりあえず、この小説に土地勘は一切必要ありません。

 蛇場美遺跡が出てくるのは、単に登場人物の蛇場美と同じ名前を持っているからです。玉子さんなら二子玉川だったかもしれません。北海道に住んでいようと、九州に住んでいようと、読むのに問題は無いはずです。誰もアトランティスに行ったことはありませんが、アトランティスの冒険物語は誰もが読めます。それと同じことです。

 その点で、この小説に出てくる高井戸は、実は実在の土地ではなく、【実在する高井戸の記号性を受け付いた架空の土地】と思って頂く方が良いでしょう。実際、100%実際の高井戸には沿っていません。

 むしろ、ここは表現テクニックの問題で、フィクションの要請で創作された架空の土地を補強するために、実在の土地の記号性を持ちこんだだけとも言えます。つまり、架空の土地を補強する要素だけが選択的に利用されているだけで、それに該当しない要素は一切作中に含まれていません。

 ですから、この小説を読むために予備知識は一切必要ありません。

 過剰な【お勉強】を要求する余計な情報も含まれていません。

 むしろ、知識を要求する小説とか、予習が必要だと思われることは、著者としての敗北ですね。おまえは無能な小説書きだと言われたのと同じです。

 そう言われないために、必要な情報は全て作中で説明しています。

 予習は必要ありません。

 登場人物一覧も必要ありません。

 気楽に読めますので、皆さんも、どうぞ【多怪土妖伝】をよろしく。

Facebook

キーワード【 遠野秋彦の庵お便りコーナー
【お便りコーナー】の次のコンテンツ
(ありません)
【お便りコーナー】の前のコンテンツ
2015年
07月
19日
おたよりコーナー・トモネコさんのリミッターちゃん感想
3days 0 count
total 609 count
2015年12月10日
遠野秋彦の庵お便りコーナーtotal 302 count

おたよりコーナー・トモネコさんの多怪土妖伝感想

Written By: 遠野秋彦連絡先

 おたよりの内容は2通のメールだったため。それを再編集して1つにまとめさせて頂きました。編集の文責は私の方にあります。

「多怪土・伝」を取りあえず二回、読み終わりました。

とても面白かったです。

初めは、私個人的には読み進みにくかったのですが、人物表を作り一読目は細かい事に拘らずに読み終え、次にネットで少し調べ(作中でも調べろとの台詞がありました)再読しましたが、今度は小一時間で読み終えました。

http://blog.goo.ne.jp/ckawai/e/c154ab2bc85cba9b17c95a26684848a3

このブログの写真で非常にイメージしやすくなりました。また、蛇場美遺跡で検索で川俣様の過去の記事も見つかりました。

先にも伝えましたが、私は「おもいでエマノン」の小説と漫画版が大好きなので「アヤカシ」の件はとても理解しやすく、共感しました。また人の数だけの真実は黒澤映画の「羅生門」で馴染みがあるので共感でした。

一番好きな所は蛇場美の二つの選択の正解が「第三の選択」だった点です。

「アヤカシ」・「じゃばみ」等の言葉の響きも好きです。

ぜひ、シリーズ化を希望します!

次は「二子玉川・殺人事件」などどうでしょうか?

面白い作品をありがとうございましたm(__)m

稚拙ながら、宣伝コピーを考えさせて貰いました。

  • 少し「不思議」で、少し「学べ」て、少し「卑猥」で少し「「怖く」て、少し「悩む」、そんな中編・小説です。
  • でも、楽しみは「少し」ではありません!
  • 楽しみ「山盛り」、【多怪土妖伝】、たったの200円!
  • コスパ良し!

どうでしょうか(^_^;)

 トモネコさん。お読み頂きありがとう。

 安いので皆さんもどうぞ。

 とりあえず、この小説に土地勘は一切必要ありません。

 蛇場美遺跡が出てくるのは、単に登場人物の蛇場美と同じ名前を持っているからです。玉子さんなら二子玉川だったかもしれません。北海道に住んでいようと、九州に住んでいようと、読むのに問題は無いはずです。誰もアトランティスに行ったことはありませんが、アトランティスの冒険物語は誰もが読めます。それと同じことです。

 その点で、この小説に出てくる高井戸は、実は実在の土地ではなく、【実在する高井戸の記号性を受け付いた架空の土地】と思って頂く方が良いでしょう。実際、100%実際の高井戸には沿っていません。

 むしろ、ここは表現テクニックの問題で、フィクションの要請で創作された架空の土地を補強するために、実在の土地の記号性を持ちこんだだけとも言えます。つまり、架空の土地を補強する要素だけが選択的に利用されているだけで、それに該当しない要素は一切作中に含まれていません。

 ですから、この小説を読むために予備知識は一切必要ありません。

 過剰な【お勉強】を要求する余計な情報も含まれていません。

 むしろ、知識を要求する小説とか、予習が必要だと思われることは、著者としての敗北ですね。おまえは無能な小説書きだと言われたのと同じです。

 そう言われないために、必要な情報は全て作中で説明しています。

 予習は必要ありません。

 登場人物一覧も必要ありません。

 気楽に読めますので、皆さんも、どうぞ【多怪土妖伝】をよろしく。

Facebook

キーワード【 遠野秋彦の庵お便りコーナー
【お便りコーナー】の次のコンテンツ
(ありません)
【お便りコーナー】の前のコンテンツ
2015年
07月
19日
おたよりコーナー・トモネコさんのリミッターちゃん感想
3days 0 count
total 609 count
【お便りコーナー】のコンテンツ全リスト【お便りコーナー】の表紙


B013W7LCSG
Amazon.co.jp

このコンテンツを書いた遠野秋彦へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、遠野秋彦に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に遠野秋彦へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に遠野秋彦よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20151210183549
サイトの表紙【お便りコーナー】の表紙【お便りコーナー】のコンテンツ全リスト 【お便りコーナー】の入手全リスト 【お便りコーナー】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 遠野秋彦連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.