2015年12月30日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 667 count

大きな沖田艦ブリッジの内と外

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「また見つけた沖田艦の問題」

「それはなに?」

「ブリッジの外部設定の形状と内部設定の形状が一致しない」

「それは、第1艦橋の大きさが矛盾する問題みたいなものか?」

「あっちはサイズ。こっちは形状」

「なるほど」

「内部設定準拠でブリッジの形を決定したのがヤマト2199のキリシマと思われるが、結果として似ていない沖田艦になってしまった」

「それは不満ということだね」

「結局、あまり沖田艦らしくないからね」

「話はこれでおしまい?」

「いいや。ここからが重要」

「というと?」

「沖田艦は最後まで細かい変更が行われていて、特にブリッジに変更が集中していたと思われる」

「だからなんだ?」

「外部設定と内部設定は、別の形状を前提に描かれている。デザイン変更が繰り返されている時に、同時並行で設定の作成が走っていて、前提が違うタイミングで描かれた画稿がそれぞれ決定稿になっているのではないか」

「そんなことってあるのかい?」

「沖田艦に関しては、実際の作画にも混乱が見られるし、設定もぎりぎりだったのだろうと思う」

「矛盾を分かっている人がもしかしたらいたかもしれないが、すりあわせている時間はなかったわけだね」

オマケ §

「沖田艦のブリッジだが」

「うん」

「どうも本来は戦車の感覚でデザインされたものではなかったのだろうか」

「その心は?」

「指揮官は回転する砲塔から身体を乗り出す感じでそこに指揮官がいる。しかし、正面に窓が無い。あっても小さい窓」

「1974年時点の松本零士に、艦船を描く感覚は希薄であろう……ということだね」

「だから古代艦は航空機に近いが、沖田艦は多砲塔戦車に近いのかもしれない」

「戦車ならいちばん高いところにブリッジでは無く砲塔があるのが自然なのだね」

「そこに船の常識を積み上げると艦橋砲になってしまう」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2015年
12月
31日
沖田艦の2番砲塔問題とは何か?
3days 0 count
total 610 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2015年
12月
29日
沖田艦の色問題。良く似た色指定が2種類ある?
3days 0 count
total 620 count
2015年12月30日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 667 count

大きな沖田艦ブリッジの内と外

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「また見つけた沖田艦の問題」

「それはなに?」

「ブリッジの外部設定の形状と内部設定の形状が一致しない」

「それは、第1艦橋の大きさが矛盾する問題みたいなものか?」

「あっちはサイズ。こっちは形状」

「なるほど」

「内部設定準拠でブリッジの形を決定したのがヤマト2199のキリシマと思われるが、結果として似ていない沖田艦になってしまった」

「それは不満ということだね」

「結局、あまり沖田艦らしくないからね」

「話はこれでおしまい?」

「いいや。ここからが重要」

「というと?」

「沖田艦は最後まで細かい変更が行われていて、特にブリッジに変更が集中していたと思われる」

「だからなんだ?」

「外部設定と内部設定は、別の形状を前提に描かれている。デザイン変更が繰り返されている時に、同時並行で設定の作成が走っていて、前提が違うタイミングで描かれた画稿がそれぞれ決定稿になっているのではないか」

「そんなことってあるのかい?」

「沖田艦に関しては、実際の作画にも混乱が見られるし、設定もぎりぎりだったのだろうと思う」

「矛盾を分かっている人がもしかしたらいたかもしれないが、すりあわせている時間はなかったわけだね」

オマケ §

「沖田艦のブリッジだが」

「うん」

「どうも本来は戦車の感覚でデザインされたものではなかったのだろうか」

「その心は?」

「指揮官は回転する砲塔から身体を乗り出す感じでそこに指揮官がいる。しかし、正面に窓が無い。あっても小さい窓」

「1974年時点の松本零士に、艦船を描く感覚は希薄であろう……ということだね」

「だから古代艦は航空機に近いが、沖田艦は多砲塔戦車に近いのかもしれない」

「戦車ならいちばん高いところにブリッジでは無く砲塔があるのが自然なのだね」

「そこに船の常識を積み上げると艦橋砲になってしまう」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2015年
12月
31日
沖田艦の2番砲塔問題とは何か?
3days 0 count
total 610 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2015年
12月
29日
沖田艦の色問題。良く似た色指定が2種類ある?
3days 0 count
total 620 count
【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト【宇宙戦艦ヤマト】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20151230091258
サイトの表紙【宇宙戦艦ヤマト】の表紙【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】の入手全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.