2016年01月25日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 724 count

宇宙零戦は本当にコスモゼロの別名なのか?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「ヤマト1974の第3話で、古代加藤の宇宙零戦帰還と森雪が報告しているが、加藤は明確にブラックタイガーに乗っていてコスモゼロではない」

「矛盾だね」

「そして、コスモゼロの零式宇宙艦上戦闘機52型という正式名称はおかしい」

「試作機なのにいきなり52型はおかしいわけだね」

「実はこの2つの謎をまとめて解決するアイデアを思い付いた」

「それはなんだい?」

  • ブラックタイガーは零式宇宙艦上戦闘機説

「は?」

「同一の航空機でありながら、改良型は似ても似付かないことは多い。直線翼のF9Fと後退翼のF9Fとかね。更に対ガミラス戦の戦訓を取り入れて、機体の基本骨格以外は全て取り替えたような大改修を行えば見かけ上全く別の機体も産まれよう。更に言えば、実際には不連続だが、書類上は連続しているケースもある。終戦後の鉄道の車体更新車とは、進駐軍から新造が禁止されているため書類上は車体を更新しただけだが、実質は新造車だ」

「それで?」

「つまり、ブラックタイガーが零式宇宙艦上戦闘機だとすると、森雪が加藤機を【宇宙零戦】と呼んでも矛盾しなくなる。また、最初の機体が52型でも問題無くなる。それ以前の番号を持つ機体は存在するからだ」

「そのアイデアのメリットは?」

「加藤が整備していた黒いコスモゼロは32型かもしれない」

「えー」

「ブラックタイガーは21型と言えれば良いが、それでは復活篇のコスモゼロ21と当たってしまうので、ブラックタイガーは11型ってことにしようか。あるいは、12試艦戦、いや、それでは十二であって零とは言いがたいから、やはり11型だ」

「零式宇宙艦上戦闘機11型ブラックタイガー。ちょっとかっこいいぞ」

「これでコスモゼロと遜色ない戦果を出している高性能機という説明も付く」

「デメリットは?」

「昭和ヤマトの世界から一歩出ると解釈が整合しない」

「ブラックタイガーを九九式と言ってしまう設定とは整合しないわけだね」

「でも、そんなの関係ない」

「ヤマト1974のフィルムに矛盾しない考察が最も良い考察だからだね」

加藤機のナンバー推定 §

「とすれば、古代機のナンバーは5201だったから、加藤機のナンバーは11XXになるだろう」

「1101じゃないの?」

「おそらく試作機の1機目だから01になっていたと思うのだが、既に量産されている11型の加藤の機体が1機目とは決まっていないから01ではないだろう」

オマケ §

「しかし、この話題は少しだけ続く。いろいろ展開があるぞ」

「まだ途上ってことだね」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2016年
01月
26日
続・宇宙零戦50型ヤマト1974搭載説
3days 0 count
total 540 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2016年
01月
24日
沖田艦の謎にまた一石・沖田艦の亜種バリエーションとしてのハーロック(古代守)艦
3days 0 count
total 646 count
2016年01月25日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 724 count

宇宙零戦は本当にコスモゼロの別名なのか?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「ヤマト1974の第3話で、古代加藤の宇宙零戦帰還と森雪が報告しているが、加藤は明確にブラックタイガーに乗っていてコスモゼロではない」

「矛盾だね」

「そして、コスモゼロの零式宇宙艦上戦闘機52型という正式名称はおかしい」

「試作機なのにいきなり52型はおかしいわけだね」

「実はこの2つの謎をまとめて解決するアイデアを思い付いた」

「それはなんだい?」

  • ブラックタイガーは零式宇宙艦上戦闘機説

「は?」

「同一の航空機でありながら、改良型は似ても似付かないことは多い。直線翼のF9Fと後退翼のF9Fとかね。更に対ガミラス戦の戦訓を取り入れて、機体の基本骨格以外は全て取り替えたような大改修を行えば見かけ上全く別の機体も産まれよう。更に言えば、実際には不連続だが、書類上は連続しているケースもある。終戦後の鉄道の車体更新車とは、進駐軍から新造が禁止されているため書類上は車体を更新しただけだが、実質は新造車だ」

「それで?」

「つまり、ブラックタイガーが零式宇宙艦上戦闘機だとすると、森雪が加藤機を【宇宙零戦】と呼んでも矛盾しなくなる。また、最初の機体が52型でも問題無くなる。それ以前の番号を持つ機体は存在するからだ」

「そのアイデアのメリットは?」

「加藤が整備していた黒いコスモゼロは32型かもしれない」

「えー」

「ブラックタイガーは21型と言えれば良いが、それでは復活篇のコスモゼロ21と当たってしまうので、ブラックタイガーは11型ってことにしようか。あるいは、12試艦戦、いや、それでは十二であって零とは言いがたいから、やはり11型だ」

「零式宇宙艦上戦闘機11型ブラックタイガー。ちょっとかっこいいぞ」

「これでコスモゼロと遜色ない戦果を出している高性能機という説明も付く」

「デメリットは?」

「昭和ヤマトの世界から一歩出ると解釈が整合しない」

「ブラックタイガーを九九式と言ってしまう設定とは整合しないわけだね」

「でも、そんなの関係ない」

「ヤマト1974のフィルムに矛盾しない考察が最も良い考察だからだね」

加藤機のナンバー推定 §

「とすれば、古代機のナンバーは5201だったから、加藤機のナンバーは11XXになるだろう」

「1101じゃないの?」

「おそらく試作機の1機目だから01になっていたと思うのだが、既に量産されている11型の加藤の機体が1機目とは決まっていないから01ではないだろう」

オマケ §

「しかし、この話題は少しだけ続く。いろいろ展開があるぞ」

「まだ途上ってことだね」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2016年
01月
26日
続・宇宙零戦50型ヤマト1974搭載説
3days 0 count
total 540 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2016年
01月
24日
沖田艦の謎にまた一石・沖田艦の亜種バリエーションとしてのハーロック(古代守)艦
3days 0 count
total 646 count
【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト【宇宙戦艦ヤマト】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20160125090349
サイトの表紙【宇宙戦艦ヤマト】の表紙【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】の入手全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.