2016年08月31日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 424 count

【永遠に】雪を撃ったのはアルフォン説

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「突然、とんでもないことに気づいた」

「なんだよ」

「ヤマトよ永遠にで、脱出シャトルに向かう銃撃戦で一人だけ行動が違う男がいる」

「誰だよ」

「この男」

敵兵

「この男の行動はどうなんだ?」

  • 後から登場し、高い場所から狙撃した
  • 射撃は森雪に当たった
  • 古代達の銃撃戦は、あくまで低い場所にいる敵兵(扉を破って入ってきた敵兵達)との間で行われていた。つまり彼は狙われていない
  • 低い場所の敵兵はそれなりに損害を出していて、悠然と倒れた森雪に歩いて行ける状況ではない (高所の敵兵だけは例外)

「つまり、この高い位置から高い位置から狙撃した男がアルフォンだと考えても矛盾はしないわけだね」

「そんな感じだ」

「そうだとすると、何が分かるの?」

  • アルフォンは他の兵士とは別の位置にいて、撃ち合いには参加していなかった。つまりヤマト乗組員から撃たれていなかった
  • それゆえに、落ち着いて精密な射撃が可能だった
  • アルフォンは森雪を狙って撃った。つまり、最初から森雪が欲しかった
  • 森雪を殺さないように意識的に撃った
  • 彼は古代と雪の別離のラブラブを見ていた。当然古代に嫉妬した (古代は死んだと言って当然)
  • 連絡艇が去った後で(危険が去った後で)、森雪を回収に行った
  • 回収の時、森雪しか見ていない (森雪を狙っていたのだから当然)

「でもさ。初登場のアルフォンはマントを羽織っているよ」

「そうだ。でも、狙撃した男は降下用のバックパックを背負っていたのだ。降下が完了した時点でバックパックを降ろしてマントを羽織ってもおかしくない」

「君の考えは?」

「正面から見たカットはあるのだが、黒いシルエットになっていて相手が誰かよく分からない。明確に見える手段があればいいなあ」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2016年
09月
01日
ヤマトよ永遠に、シャトルのパイロットの問題
3days 1 count
total 378 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2016年
08月
30日
青空を背景にした主力戦艦
3days 3 count
total 485 count
2016年08月31日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 424 count

【永遠に】雪を撃ったのはアルフォン説

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「突然、とんでもないことに気づいた」

「なんだよ」

「ヤマトよ永遠にで、脱出シャトルに向かう銃撃戦で一人だけ行動が違う男がいる」

「誰だよ」

「この男」

敵兵

「この男の行動はどうなんだ?」

  • 後から登場し、高い場所から狙撃した
  • 射撃は森雪に当たった
  • 古代達の銃撃戦は、あくまで低い場所にいる敵兵(扉を破って入ってきた敵兵達)との間で行われていた。つまり彼は狙われていない
  • 低い場所の敵兵はそれなりに損害を出していて、悠然と倒れた森雪に歩いて行ける状況ではない (高所の敵兵だけは例外)

「つまり、この高い位置から高い位置から狙撃した男がアルフォンだと考えても矛盾はしないわけだね」

「そんな感じだ」

「そうだとすると、何が分かるの?」

  • アルフォンは他の兵士とは別の位置にいて、撃ち合いには参加していなかった。つまりヤマト乗組員から撃たれていなかった
  • それゆえに、落ち着いて精密な射撃が可能だった
  • アルフォンは森雪を狙って撃った。つまり、最初から森雪が欲しかった
  • 森雪を殺さないように意識的に撃った
  • 彼は古代と雪の別離のラブラブを見ていた。当然古代に嫉妬した (古代は死んだと言って当然)
  • 連絡艇が去った後で(危険が去った後で)、森雪を回収に行った
  • 回収の時、森雪しか見ていない (森雪を狙っていたのだから当然)

「でもさ。初登場のアルフォンはマントを羽織っているよ」

「そうだ。でも、狙撃した男は降下用のバックパックを背負っていたのだ。降下が完了した時点でバックパックを降ろしてマントを羽織ってもおかしくない」

「君の考えは?」

「正面から見たカットはあるのだが、黒いシルエットになっていて相手が誰かよく分からない。明確に見える手段があればいいなあ」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2016年
09月
01日
ヤマトよ永遠に、シャトルのパイロットの問題
3days 1 count
total 378 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2016年
08月
30日
青空を背景にした主力戦艦
3days 3 count
total 485 count
【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト【宇宙戦艦ヤマト】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20160831101227
サイトの表紙【宇宙戦艦ヤマト】の表紙【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】の入手全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.