2016年09月10日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 440 count

イカルスは宇宙戦士訓練学校でありヤマトは教材だった!?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「シナリオからの台詞起こしをしている際にハッとなったことがある」

「それはなんだい?」

「以下のようなことだ」

  • イカルスは宇宙戦士訓練学校である
  • 山南は教育一筋の頑固者であり、宇宙戦士訓練学校を担当している
  • ヤマトは藤堂から真田に託されていた
  • 宇宙戦士のタマゴ達はヤマト修復を手伝っていた

「つまりなんだい?」

「イカルスは本来天文台ではない。あそこは、宇宙戦士訓練学校なのだ。だからイカルスにいた人材は、基本的に教官と学生なのだ。なぜ澪は宇宙戦士として恥ずかしくない訓練を受けていたのか? それはそこが宇宙戦士訓練学校だったからだ」

「なるほど」

「そして、真田はコツコツとヤマトの改造を続け、学生達が手伝っていた。しかし、それは真田の趣味だけということはなく、ヤマトの改良を手伝うことも学生達には勉強になっていたのだろう。事実上、ヤマトは教材であったと思う」

「分かった。本当に地球を救う切り札ならベテラン戦士が乗り組んでいるはずなのに、数が足りないわけだね」

「そうだ。だから真田は古代達を地球から呼ばなければならない。幹部クラスのベテランが足りないからだ」

「でも有事に備えて藤堂は真田にヤマトを託したのではないの?」

「事態の進行が早すぎて、まだ人材が育っていなかったのだろう」

「では校長山南がなぜヤマト艦長になるわけ?」

「人材育成の好機だと思ったからだろう。だから、【その言葉を待っていた】といった発言が出てくる。その言葉を言わねばならないことを、彼は学ばせたかったのだよ。自分の教え子の若者にも、平和ボケした古代ら旧乗組員にも」

「だから、山南は旧乗組員も新人扱いしてビシビシ行くと宣言するわけだね」

「そう。沖田が意地の人、土方が戦士の人だとすれば、山南は教育の人」

オマケ §

「老害を廃して優秀な若者が活躍すれば上手く行く、という世界観はおかしいだろう……と思うなら教育者山南の人格が見えてくる」

「実際には若者の活気と老人の老獪さの両方があってすら上手く行くか怪しいのに活気だけでは上手く行かないわけだね」

「そうだ。そういう世界観で重要なことは人を育てるという観点だ。問題と正しく向き合う人材は育成抜きでは育たない」

「あまりうるさいことを言わず、うしろで見ているだけの山南艦長は、育成型人材ってことだね」

「そうだ。経験させねば人は育たないからな。自分でやらせる」

「でも、古代は後任を託すには頼りないよ」

「あれでも古代は成長しているのだよ。兄貴に弱音を吐かないだけマシになっている」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2016年
09月
11日
隼号とヤマト
3days 0 count
total 422 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2016年
09月
09日
【宇宙大戦争】と【妖星ゴラス】に見る遊星爆弾のイメージ
3days 1 count
total 454 count
2016年09月10日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 440 count

イカルスは宇宙戦士訓練学校でありヤマトは教材だった!?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「シナリオからの台詞起こしをしている際にハッとなったことがある」

「それはなんだい?」

「以下のようなことだ」

  • イカルスは宇宙戦士訓練学校である
  • 山南は教育一筋の頑固者であり、宇宙戦士訓練学校を担当している
  • ヤマトは藤堂から真田に託されていた
  • 宇宙戦士のタマゴ達はヤマト修復を手伝っていた

「つまりなんだい?」

「イカルスは本来天文台ではない。あそこは、宇宙戦士訓練学校なのだ。だからイカルスにいた人材は、基本的に教官と学生なのだ。なぜ澪は宇宙戦士として恥ずかしくない訓練を受けていたのか? それはそこが宇宙戦士訓練学校だったからだ」

「なるほど」

「そして、真田はコツコツとヤマトの改造を続け、学生達が手伝っていた。しかし、それは真田の趣味だけということはなく、ヤマトの改良を手伝うことも学生達には勉強になっていたのだろう。事実上、ヤマトは教材であったと思う」

「分かった。本当に地球を救う切り札ならベテラン戦士が乗り組んでいるはずなのに、数が足りないわけだね」

「そうだ。だから真田は古代達を地球から呼ばなければならない。幹部クラスのベテランが足りないからだ」

「でも有事に備えて藤堂は真田にヤマトを託したのではないの?」

「事態の進行が早すぎて、まだ人材が育っていなかったのだろう」

「では校長山南がなぜヤマト艦長になるわけ?」

「人材育成の好機だと思ったからだろう。だから、【その言葉を待っていた】といった発言が出てくる。その言葉を言わねばならないことを、彼は学ばせたかったのだよ。自分の教え子の若者にも、平和ボケした古代ら旧乗組員にも」

「だから、山南は旧乗組員も新人扱いしてビシビシ行くと宣言するわけだね」

「そう。沖田が意地の人、土方が戦士の人だとすれば、山南は教育の人」

オマケ §

「老害を廃して優秀な若者が活躍すれば上手く行く、という世界観はおかしいだろう……と思うなら教育者山南の人格が見えてくる」

「実際には若者の活気と老人の老獪さの両方があってすら上手く行くか怪しいのに活気だけでは上手く行かないわけだね」

「そうだ。そういう世界観で重要なことは人を育てるという観点だ。問題と正しく向き合う人材は育成抜きでは育たない」

「あまりうるさいことを言わず、うしろで見ているだけの山南艦長は、育成型人材ってことだね」

「そうだ。経験させねば人は育たないからな。自分でやらせる」

「でも、古代は後任を託すには頼りないよ」

「あれでも古代は成長しているのだよ。兄貴に弱音を吐かないだけマシになっている」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2016年
09月
11日
隼号とヤマト
3days 0 count
total 422 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2016年
09月
09日
【宇宙大戦争】と【妖星ゴラス】に見る遊星爆弾のイメージ
3days 1 count
total 454 count
【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト【宇宙戦艦ヤマト】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20160910094418
サイトの表紙【宇宙戦艦ヤマト】の表紙【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】の入手全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.