2017年03月04日
遠野秋彦の庵作品解説total 182 count

【作品解説】きかんしゃヤエコ: D51スーパー改の大冒険

Written By: 遠野秋彦連絡先

表紙

 まずはじめに言っておこう。

 本作は、有名な絵本「きかんしゃやえ○ん」とも、それを原作にした映画「きかんしゃやえ○ん D51の大冒険」とも関係が全くない。

 また、蒸気機関車が喋る以外に、蒸気機関車が人間扱いされることもない。つまり、いわゆる【擬人化】作品でもない。

 【きかんしゃヤエコ】とは、色黒なので【きかんしゃヤエコ】と揶揄されていじめられた少女のことである。もちろん、彼女が蒸気機関車にトランスフォームすることもない。

 では、この作品は何を描くのか。

 遠い未来、いじめられた孤独な少女が、第2次大戦末期の地下秘密工場を偶然発見してしまい、そこに存在しないはずのD51 999を見いだすことから話は始まる。彼女はこれを走らせたいと思って修理を行うが、既に地球上にD51が走行可能な線路は残っていなかった。そこで、線路の情報を求めて、残存D51が集められたD51の楽園、ミカド星のエリア51を目指して旅立つのである。冒険の仲間は、解説AIの【アッケラ罐】、金持ちの道楽息子【エレキの青大将】だ。アッケラ罐は鉄道博物館の解説AIとして作られたが役目を終えて捨てられたがヤエコに修理されて一緒にいる。エレキの青大将は地下工場に残された未完成のEF13のデッキに立ってエレキギターを演奏することしか頭になかった。彼のエレキもヤエコの修理品だ。

 要するに未来ファンタジーである。

 ではこの作品のテーマは何か。

 それは蒸気機関車の滅びだ。

 この物語では、既に地球上にD51もD51が走行可能な線路も残っていない。

 二十世紀後期に動力無煙化によって蒸気機関車は使命を終えて一度死んだ。それから保存展示機として多くが残されたが、その使命も終わっていた。二度目の死だ。

 その世界に、まだ蒸気機関車が現役だった時代からD51 999が蘇ったのだ。

 蒸気機関車が既に死んでいる世界でD51 999はどうするべきか。

 そこがポイントになる。

 それは、濃厚な死と隣り合わせて生きているヤエコの人生にそのまま重なる。両親を失い、自らもいじめっれて殴られるヤエコは、どう生きるべきか。

 これは、ヤエコの人生観の物語とも言えるのだ。

作者のたわごと §

 結局、本作はこのタイミングで書く予定では無かった。しかし、頭の中にミカド星のエリア51の強烈なイメージが浮かんだのでそれを書き留める意味で急いで書き上げた。どんなイメージかは御一読頂きたい。それがもっとも手っ取り早い。(ここでそれを長々と説明すると、きかんしゃヤエコをもう一度書くことになってしまう)

 ともかく、B6星、ハドソン星のエリア62、ミカド星のエリア51、プレーリー星のエリア63などの強烈なイメージこそがヤエコを変えていく原動力となるのだ。

補足 §

 ちなみに、この物語は蒸気機関車の形式を第2次大戦末期の製造されていた形式にしないと成立しない。製造されながら地下に忘れられた機関車が出現するほど混乱した時代は、他にないからだ。そうすると、候補はあまり多くない。せいぜいD51, D52あたりだろう。そうすると、欠番があるD51は架空の機関車を登場させやすい。そのような意味でD51でなければいけなかったと言える。

 そのような意味で、エレキの青大将はEF58に乗ると様になるのだが、EF58は戦後の製造なのでEF58は出せなかった。いずれにしても、エレキの青大将が乗るべきデッキは青大将のEF58(延長された新車体)には存在しない。時代的には、EF13が良さそうに思えたが、EF13には欠番がない。そこで、ナンバーを与えられる前に放棄された製造中の機関車として登場させている。

Facebook

キーワード【 遠野秋彦の庵作品解説
【作品解説】の次のコンテンツ
2017年
06月
17日
遠野秋彦作品・読後アンケート
3days 2 count
total 76 count
【作品解説】の前のコンテンツ
2017年
03月
04日
【作品解説】小説零戦: ミッドウェー上空無敵伝説
3days 1 count
total 182 count

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2013年
05月
23日
遠野秋彦の庵購入可能作品リスト
遠野秋彦購入可能作品リスト (一部無料)
3days 0 count
total 2183 count
2017年03月04日
遠野秋彦の庵作品解説total 182 count

【作品解説】きかんしゃヤエコ: D51スーパー改の大冒険

Written By: 遠野秋彦連絡先

表紙

 まずはじめに言っておこう。

 本作は、有名な絵本「きかんしゃやえ○ん」とも、それを原作にした映画「きかんしゃやえ○ん D51の大冒険」とも関係が全くない。

 また、蒸気機関車が喋る以外に、蒸気機関車が人間扱いされることもない。つまり、いわゆる【擬人化】作品でもない。

 【きかんしゃヤエコ】とは、色黒なので【きかんしゃヤエコ】と揶揄されていじめられた少女のことである。もちろん、彼女が蒸気機関車にトランスフォームすることもない。

 では、この作品は何を描くのか。

 遠い未来、いじめられた孤独な少女が、第2次大戦末期の地下秘密工場を偶然発見してしまい、そこに存在しないはずのD51 999を見いだすことから話は始まる。彼女はこれを走らせたいと思って修理を行うが、既に地球上にD51が走行可能な線路は残っていなかった。そこで、線路の情報を求めて、残存D51が集められたD51の楽園、ミカド星のエリア51を目指して旅立つのである。冒険の仲間は、解説AIの【アッケラ罐】、金持ちの道楽息子【エレキの青大将】だ。アッケラ罐は鉄道博物館の解説AIとして作られたが役目を終えて捨てられたがヤエコに修理されて一緒にいる。エレキの青大将は地下工場に残された未完成のEF13のデッキに立ってエレキギターを演奏することしか頭になかった。彼のエレキもヤエコの修理品だ。

 要するに未来ファンタジーである。

 ではこの作品のテーマは何か。

 それは蒸気機関車の滅びだ。

 この物語では、既に地球上にD51もD51が走行可能な線路も残っていない。

 二十世紀後期に動力無煙化によって蒸気機関車は使命を終えて一度死んだ。それから保存展示機として多くが残されたが、その使命も終わっていた。二度目の死だ。

 その世界に、まだ蒸気機関車が現役だった時代からD51 999が蘇ったのだ。

 蒸気機関車が既に死んでいる世界でD51 999はどうするべきか。

 そこがポイントになる。

 それは、濃厚な死と隣り合わせて生きているヤエコの人生にそのまま重なる。両親を失い、自らもいじめっれて殴られるヤエコは、どう生きるべきか。

 これは、ヤエコの人生観の物語とも言えるのだ。

作者のたわごと §

 結局、本作はこのタイミングで書く予定では無かった。しかし、頭の中にミカド星のエリア51の強烈なイメージが浮かんだのでそれを書き留める意味で急いで書き上げた。どんなイメージかは御一読頂きたい。それがもっとも手っ取り早い。(ここでそれを長々と説明すると、きかんしゃヤエコをもう一度書くことになってしまう)

 ともかく、B6星、ハドソン星のエリア62、ミカド星のエリア51、プレーリー星のエリア63などの強烈なイメージこそがヤエコを変えていく原動力となるのだ。

補足 §

 ちなみに、この物語は蒸気機関車の形式を第2次大戦末期の製造されていた形式にしないと成立しない。製造されながら地下に忘れられた機関車が出現するほど混乱した時代は、他にないからだ。そうすると、候補はあまり多くない。せいぜいD51, D52あたりだろう。そうすると、欠番があるD51は架空の機関車を登場させやすい。そのような意味でD51でなければいけなかったと言える。

 そのような意味で、エレキの青大将はEF58に乗ると様になるのだが、EF58は戦後の製造なのでEF58は出せなかった。いずれにしても、エレキの青大将が乗るべきデッキは青大将のEF58(延長された新車体)には存在しない。時代的には、EF13が良さそうに思えたが、EF13には欠番がない。そこで、ナンバーを与えられる前に放棄された製造中の機関車として登場させている。

Facebook

キーワード【 遠野秋彦の庵作品解説
【作品解説】の次のコンテンツ
2017年
06月
17日
遠野秋彦作品・読後アンケート
3days 2 count
total 76 count
【作品解説】の前のコンテンツ
2017年
03月
04日
【作品解説】小説零戦: ミッドウェー上空無敵伝説
3days 1 count
total 182 count
【作品解説】のコンテンツ全リスト【作品解説】の表紙

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2013年
05月
23日
遠野秋彦の庵購入可能作品リスト
遠野秋彦購入可能作品リスト (一部無料)
3days 0 count
total 2183 count

このコンテンツを書いた遠野秋彦へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、遠野秋彦に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に遠野秋彦へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に遠野秋彦よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20170304112215
サイトの表紙【作品解説】の表紙【作品解説】のコンテンツ全リスト 【作品解説】の入手全リスト 【作品解説】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 遠野秋彦連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.