TypeScriptで実行中にオブジェクトが自分自身のクラス名を動的に知る方法 【▲→川俣晶の縁側→ソフトウェア→技術雑記】
2018年03月30日
川俣晶の縁側ソフトウェア技術雑記total 1220 count

TypeScriptで実行中にオブジェクトが自分自身のクラス名を動的に知る方法

Written By: 川俣 晶連絡先

 NetjsのNObject.GetTypeの実装を見て目から鱗が落ちたのでメモ。

 TypeScriptで実行中にオブジェクトが自分自身のクラス名を動的に知る方法です。つまり、変数の型が何であろうともnewされた時の型名が分かるかという問題です。

サンプルソース §

class ClassA {

    tellMeClassName() {

        console.log("My name is "+this.constructor.toString().match(/function (\w*)/)[1]);

    }

}

class ClassB extends ClassA {

}

var a: ClassA = new ClassA();

var b: ClassA = new ClassB();

a.tellMeClassName();

b.tellMeClassName();

実行結果 §

My name is ClassA

My name is ClassB

 つまり、ClassAを継承したClassBをnewした場合、変数の型がClassAであっても、それを実行するメソッドがClassAにあっても、正しく自分はClassBだと認識できています。

Facebook

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20180330142111
サイトの表紙【技術雑記】の表紙【技術雑記】のコンテンツ全リスト 【技術雑記】の入手全リスト 【技術雑記】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.29 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.