2018年05月23日
川俣晶の縁側ソフトウェア技術雑記total 1142 count

Razorでデバッグビルドの時だけページに追加したい

Written By: 川俣 晶連絡先

問題 §

#if DEBUGに相当する機能がRazorに見当たらない

原因 §

そもそも無いらしい

解決 §

擬似的な解決方法を取るしかない。

具体的には、ページに@ifを埋め込んで対応する。

方法1 §

 C#側のソースコードに#if DEBUGを埋め込み、特定の値がデバッグビルドで変化するようにする。その値をRazor側の@ifで参照し、処理を分ける。

方法2 §

 HttpContext.Current.IsDebuggingEnabledの値を使う。この価はWeb.configの<compilation debug="true">の設定を反映するものだが、通常はデバッグビルドか否かの情報が得られると考えて良い。以下のように記述して使用する。

@if (HttpContext.Current.IsDebuggingEnabled)

{

デバッグビルドジに追加する内容

}

方法1と方法2の使い分け §

  • MSも認める方法は方法2である
  • 旧バージョンの記述がどんどん削られているダメダメなdocs.microsoft.comには4.5より前のサポートの記述がないので、バージョンが古いと使えないように思えるが別のページには1.1以降でサポートと記述されているのでどのバージョンでもだいだい大丈夫だろうと思われる
  • ただし、compilation要素のdebug属性の値を何らかの理由でいじっている場合は方法2は使えない。方法1を使わねばならない

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側ソフトウェア技術雑記
【技術雑記】の次のコンテンツ
2018年
05月
30日
Visual Studioのデバッグ実行時に、IEのキャッシュクリアを実行しても書き換えたソースが反映されない
3days 61 count
total 876 count
【技術雑記】の前のコンテンツ
2018年
05月
12日
Visual Studioの新機能、選択範囲拡張が発動しない
3days 60 count
total 1522 count
2018年05月23日
川俣晶の縁側ソフトウェア技術雑記total 1142 count

Razorでデバッグビルドの時だけページに追加したい

Written By: 川俣 晶連絡先

問題 §

#if DEBUGに相当する機能がRazorに見当たらない

原因 §

そもそも無いらしい

解決 §

擬似的な解決方法を取るしかない。

具体的には、ページに@ifを埋め込んで対応する。

方法1 §

 C#側のソースコードに#if DEBUGを埋め込み、特定の値がデバッグビルドで変化するようにする。その値をRazor側の@ifで参照し、処理を分ける。

方法2 §

 HttpContext.Current.IsDebuggingEnabledの値を使う。この価はWeb.configの<compilation debug="true">の設定を反映するものだが、通常はデバッグビルドか否かの情報が得られると考えて良い。以下のように記述して使用する。

@if (HttpContext.Current.IsDebuggingEnabled)

{

デバッグビルドジに追加する内容

}

方法1と方法2の使い分け §

  • MSも認める方法は方法2である
  • 旧バージョンの記述がどんどん削られているダメダメなdocs.microsoft.comには4.5より前のサポートの記述がないので、バージョンが古いと使えないように思えるが別のページには1.1以降でサポートと記述されているのでどのバージョンでもだいだい大丈夫だろうと思われる
  • ただし、compilation要素のdebug属性の値を何らかの理由でいじっている場合は方法2は使えない。方法1を使わねばならない

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側ソフトウェア技術雑記
【技術雑記】の次のコンテンツ
2018年
05月
30日
Visual Studioのデバッグ実行時に、IEのキャッシュクリアを実行しても書き換えたソースが反映されない
3days 61 count
total 876 count
【技術雑記】の前のコンテンツ
2018年
05月
12日
Visual Studioの新機能、選択範囲拡張が発動しない
3days 60 count
total 1522 count
【技術雑記】のコンテンツ全リスト【技術雑記】の表紙

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20180523150502
サイトの表紙【技術雑記】の表紙【技術雑記】のコンテンツ全リスト 【技術雑記】の入手全リスト 【技術雑記】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.27 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.