感想・映画「未来のミライ」【ネタバレ注意】 【▲→トーノZERO→映画感想】
2018年07月23日
トーノZERO映画感想total 119 count

感想・映画「未来のミライ」【ネタバレ注意】

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「シアタス調布が割り引きの日なので何か見ようかと思ったら未来のミライを上映していたのでそれを選んだ」

「それで?」

「適当に時間を選んで行ったら何と3000円でな。絶句した。特別なスクリーンだったらしい」

「えー」

「しかし、その前の回がまだ売っていたので、上映開始ギリギリだと思って即座に切り換えてそれを購入。スクリーンにダッシュした(トイレ経由だけど)」

「間に合った?」

「予告は全て終わっていたが、映画本編にはギリギリ間に合った」

「それは良かったね」

「さて、実際に見た感想だが、要するに【前にヒットしたものと同じようなものでないと企画が通らない環境と、違うことをやりたい、やらねばならない細田監督のバトル】が垣間見えた気がした。気がしただけだけど」

「どんなバトルだよ」

「宣伝やタイトルは時をかける少女的だが中身は全くの別物だったということさ」

「実際の内容はなんだい?」

「長男もの……だな。妹が生まれて親の愛を失って釈然としない子供の映画。タイムトラベル要素は基本的に無い。ミライちゃんは未来で待っていない。過去や未来は見えてしまうだけで、基本的に過去や未来を変える話にはならない。変わるのは現在の主人公。一人っ子から兄貴になる」

「ミライちゃんは?」

「ストーリーの軸ではあるが、主人公ではない。出てこない展開も多い」

「他に何か言いたいことはあるかい?」

「うん。ちょっと辛辣なことを言えば、この映画は失敗しなかったシンカリオン」

「は?」

「鉄道、特に新幹線がサブテーマであって、最終的に黒い新幹線に乗るか乗らないかが問題になる」

「黒い新幹線って、どこのシンカリオンですか」

「だからね。ドライブヘッドに比べて食い足りないところが多かったシンカリオンのどこが不味かったのかを身を持って示してしまったのがこの未来のミライという映画ではないか」

「たとえば?」

「歴然として違うのが、主人公の鉄道に対するスタンスで、シンカリオンの主人公は知識を羅列しているだけでなぜ好きなのか、どう好きなのかがまるで伝わってこない。ただの痛い人にしか見えない。マニアには見えない。それに対して、未来のミライのくんちゃんからは【好き】という感情が伝わってくる」

「マニアに見えるの?」

「見えないよ」

「じゃあ何に見えるんだよ」

「年齢相応の子供に見えるよ」

「そこがシンカリオンで食い足りなかった要素?」

「そう。キャラクターが年齢相応の子供に見えない。小さな大人に見えてしまう。まあそういう事例はアニメに多いから、あまりとやかくは言わないけどね。でも、こうまで露骨に比較できてしまうとねえ。うーん、とうなってしまった」

「じゃあ、もうちょっと君の個人的な感想を言ってくれよ」

「東京駅の描写は良かったね。ロボット駅員がいて広々とした架空の東京駅内部」

「他には?」

「序盤でくんちゃんが着ているパーカーが中央線201系というのは良かった。たぶん、細田監督って一種の鉄道マニアだよ」

些細な余談 §

「くんちゃんの家が横浜にあるのは、おそらく東京駅に行くという展開と、横須賀の軍港の横をバイクで通過するという2つの条件を付けると必然的に導き出されるロケーションだろうね」

「なるほど」

「それからくんちゃんに姓の設定がなく、父母に至っては名前の設定すらないのは見ている観客ごと【家族の名前を言うことができない】という感覚を味わうためだと思う。名前の設定があるくんちゃんの家族はミライちゃんだけなので、必然的にくんちゃんはミライちゃんの名前を思い出さねばならない。そして、未来のミライちゃんと既に会っているがゆえに、未来のミライちゃんに助けられるしかない」

「いろいろと構成が良く出来ているわけだね」

「設定は増やせば良いというものではない。キャラクターにはどんどん名前を設定すれば良いというものではない。そういうことだろう」

Facebook

キーワード【 トーノZERO映画感想
【映画感想】の次のコンテンツ
2018年
07月
24日
感想・映画「カメラを止めるな!」【ネタバレ注意】
3days 1 count
total 68 count
【映画感想】の前のコンテンツ
2018年
07月
21日
感想・映画「エルム街の悪夢(2010)」
3days 2 count
total 71 count

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20180723145908
サイトの表紙【映画感想】の表紙【映画感想】のコンテンツ全リスト 【映画感想】の入手全リスト 【映画感想】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.29 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.