2018年12月14日
トーノZERO映画感想total 183 count

感想・「映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS」【ネタバレ注意】

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「金が無いと言いながらなぜ公開直後に見てきた?」

「割り引きの日だから。明日になると高くなる。金が無いんだよ」

「……」

「というわけで、FOREVER FRIENDSである」

「どうだった?」

「劇場はガラガラだった。まあしょうが無い。平日の午前中だからね」

「それで?」

「でも内容は良かった。見て良かった。みんなは知らないが自分はこれが良い映画であることを知っているのだから、それはそれで良い」

「どこが良かった?」

「現代とリンクして直接テレビシリーズの世界と接続しないところかな。あくまで主人公の少年少女三人の物語として始まって終わる。TVシリーズの主人公三人は実はエンディングにさりげなく出てくるだけで、一切出てこない」

「エンマ大王とかぬらりはテレビとつながってるよね」

「この映画はエンマ大王誕生秘話そのものだからそこはつながっている。しかし、見る側にそれはどうでもいいことだ。この映画はこの映画として閉じている」

「どう閉じているんだい?」

「死をテーマにした映画でありながら希望に満ちている。全ての人間は結局死ぬが、この映画は生き続ける希望で終わる」

「他には?」

「この映画は最初に召喚した役に立たない三体の妖怪と、三人の少年少女の守護霊がそれぞれ誰かが問題にされる。しかし、それらが全て綺麗な見せ場を伴ってドラマを盛り上げるように配置されている。これは上手い」

「他には?」

「金持ちの家に行って、テレビがあることに驚く少女。しかもカラーで更に驚く……というのは時代観があって良かったね。病気で寝たきりの母親を抱えた少年の一間限りの貧乏な家も、表現が良かった。歴史物的な視点で十分に楽しめる。妖魔界に行く列車も、正面2枚窓の湘南型を少し猫の目っぽく変形したデザインで、時代観がある。ちゃんと、おそらく昭和30年代ぐらいの時代を大切に描いている。そこもいいね」

「だから江戸東京博物館が妖怪ウォッチとコラボできるわけだね」

「かもね。他のアニメからパクってきたような昔あるいは民族ではない、ストレートな歴史的な視点を感じる」

Facebook

キーワード【 トーノZERO映画感想
【映画感想】の次のコンテンツ
2018年
12月
16日
感想・映画「プリズン・エクスペリメント」
3days 2 count
total 59 count
【映画感想】の前のコンテンツ
2018年
12月
13日
感想・映画「オキュペーション -侵略-」
3days 6 count
total 118 count

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20181214142703
サイトの表紙【映画感想】の表紙【映画感想】のコンテンツ全リスト 【映画感想】の入手全リスト 【映画感想】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.29 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.