2019年04月24日
川俣晶の縁側ソフトウェア技術雑記total 2469 count

完結・UWPのビルドで【DEP0700】が出る・remove-appxpackageがパッケージを削除できない

Written By: 川俣 晶連絡先

問題 §

 Visual StudioからUWPを実行しようとすると、以下のようなエラーが出て配置できない。別ユーザーでインストールした覚えはない。

エラー DEP0700: アプリケーションの登録に失敗しました。[0x80073CFB] 他のユーザーが、このアプリのパッケージ化されていないバージョンを既にインストールしています。現在のユーザーがこれをパッケージ化されたバージョンに置き換えることはできません。競合するパッケージは 113C124A.MegaPictures、その発行元は CN=0BA2A2B6-830F-4C1C-A8C4-4FEF2BE596C1 です。 MegaPics1

原因 §

 UWPのデータベースに確かに別ユーザーのIDでデータが登録されてしまっている。

 get-appxpackage -name 113C124A.MegaPictures -AllUsersで取得できる登録されているユーザーのSIDはローカルにもドメインにも存在しない謎のユーザーのもの。

解決 §

 remove-appxpackageを実行する際に-AllUsersオプションを付ける。

 たとえば、以下のような手順で操作する。

  1. PowerShellを管理者権限で開く
  2. get-appxpackage -name 113C124A.MegaPictures -AllUsersのようなコマンドで目的のパッケージの詳細情報を調べる (113C124A.MegaPicturesは目的のアプリの名前)
  3. PackageFullNameを控える。(この場合は113C124A.MegaPictures_2.0.1.0_x64__vbbj8gnvrzd92だった)
  4. remove-appxpackage -package [PackageFullName] -AllUsersを実行してデータベースから削除を行う。[PackageFullName]の部分は調査済みの名前に置き換える。 (たとえば、remove-appxpackage -package 113C124A.MegaPictures_2.0.1.0_x64__vbbj8gnvrzd92 -AllUsersとする)

感想と考察 §

 明らかなに存在しないユーザーのSIDで登録されていたので、Visual Studioないし起動するツールにバグがあって希に存在しないSIDでデータベースに登録してしまうか、あるいは運悪く誤動作が発生して存在しないSIDを書き込んでしまった可能性もある。

 解決方法は最初からこれが有効だったのかはっきりしないが、取りあえずremove-appxpackageを-AllUsersで実行するというノウハウは覚えておいて損はないだろう。UWPのインストール情報はユーザーごとに完全に分離されているわけではなく、他の利用者がインストールしてしまったアプリは同じアプリの別バージョンを扱えない場合があるようだ。

Facebook

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20190424115753
サイトの表紙【技術雑記】の表紙【技術雑記】のコンテンツ全リスト 【技術雑記】の入手全リスト 【技術雑記】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.