2020年01月06日
遠野秋彦の庵作品解説total 107 count

新日本宇宙軍重巡洋艦『高尾』13: どちらを向いても敵ばかり・クーデター介入作戦 

Written By: 遠野秋彦連絡先

13表紙 新日本宇宙軍重巡洋艦『高尾』13: どちらを向いても敵ばかり・クーデター介入作戦

合本表紙 宇宙重巡洋艦高尾始末記: 辺境艦隊シリーズ合本

「高尾シリーズの新刊かい?」

「そうだ。第4シリーズ『クーデター編』の最初の1冊ということになる」

「アウトラインを教えてくれ。巡洋艦高尾は次に誰と戦うんだ? 謎のボイドなのか?」

「いや。無敵のMコーティングを施されて無敵艦となった高尾は、世界各国から疑心暗鬼の目に晒され、ずっと監視され続ける状態になる。勝手に出港はできない」

「えー」

「しかも、高尾さえ奪取すれば世界征服もたやすいわけで、クーデターを起こして世界を奪う野望をたぎらせる勢力も」

「誰が味方か分からないのだね?」

「そう。新日本だから味方とも限らない」

「じゃあ、戦闘は起きないの?」

「そうじゃない。高尾はムームーのクーデターの調停を依頼されて出港するが攻撃されてしまうのだ」

「見どころはどこだい?」

「交渉力を買われて高尾の新艦長になった亀田は、実戦を指揮した経験がない。しかし、戦闘に巻き込まれてしまう」

「しかも、誰が敵で誰が味方か分からないのだね?」

「そう。だから物語は推理ゲームとしての側面も持つ」

「推理ものとしてのライバルは?」

「【おしりたんてい】ってことにしておこう」

オマケ §

「ついでに合本にも13巻を追加しておいたから合本でも読めるよ。合本には雪風も追加しておいたのでお買い得だよ」

「既刊が全部読めるわけだね」

13表紙 新日本宇宙軍重巡洋艦『高尾』13: どちらを向いても敵ばかり・クーデター介入作戦 

合本表紙 宇宙重巡洋艦高尾始末記: 辺境艦隊シリーズ合本

Facebook

キーワード【 遠野秋彦の庵作品解説
【作品解説】の次のコンテンツ
2020年
01月
06日
彼の味方は動物達と月の姫 ドリトル&カグヤシリーズ合本
3days 0 count
total 127 count
【作品解説】の前のコンテンツ
2019年
12月
04日
日本連邦宇宙軍駆逐艦『JSS―DD17 雪風』 : シーレーン防衛作戦
3days 1 count
total 133 count

このコンテンツを書いた遠野秋彦へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、遠野秋彦に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に遠野秋彦へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に遠野秋彦よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20200106141010
サイトの表紙【作品解説】の表紙【作品解説】のコンテンツ全リスト 【作品解説】の入手全リスト 【作品解説】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 遠野秋彦連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.