2020年10月10日
川俣晶の縁側一般執筆情報total 386 count

なぜドイツ語は敵性語なのか: あなたの知らない敵性語のもう1つの顔

Written By: 川俣 晶連絡先

表紙なぜドイツ語は敵性語なのか: あなたの知らない敵性語のもう1つの顔

「これはなんだい?」

「新刊だ」

「なぜ敵性語なんかに興味を持ったんだ?」

「ハイキングの歴史を研究しているときに、戦時中はハイキングという言葉が使用されていないという問題に遭遇してな。そこからだ」

「それで何が分かったの?」

「実は調査を始めてすぐに【ドイツ語は敵性語である】という事実に突き当たってしまったのだ」

「どうしてだよ。ドイツは太平洋戦争で敵じゃないだろ」

「そう思うだろう? とても意外だろう?」

「なぜ敵じゃないドイツの言葉が敵性語なんだよ」

「実は、ソ連とも開戦していないがロシア語も敵性語になるみたいだ」

「えー。理屈に合わないよ」

「そうだ。理屈に合わないことを明らかにしてしまった」

「敵じゃないのに敵性語?」

「そうだ。より厳密に言うと、敵性語の【敵】は戦争の【敵】ではなかったのだ」

「だから表紙のインチキ英題がEnemies are not our enemiesなんだね」

Facebook

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20201010105201
サイトの表紙【一般執筆情報】の表紙【一般執筆情報】のコンテンツ全リスト 【一般執筆情報】の入手全リスト 【一般執筆情報】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.