2021年03月03日
遠野秋彦の庵作品解説total 204 count

新日本宇宙軍重巡洋艦『N高尾』19 四七艦隊物語・最強戦艦部隊討ち入り計画

Written By: 遠野秋彦連絡先

表紙 新日本宇宙軍重巡洋艦『N高尾』19 四七艦隊物語・最強戦艦部隊討ち入り計画

「高尾シリーズの新刊だね」

「その通り」

「銀河77年戦争編は終わったからここから新シリーズだね?」

「今回から88ミリ光年砲編が始まる」

「47隻の新型戦艦が超巨大兵器、88ミリ光年砲と対決する話なんだね?」

「大違いだ」

「えー」

「銀河77年戦争編の次だから88にちなんだ話にしようと思ってね。だから、88ミリ砲と、八八艦隊がベースになった。四七艦隊とは、八八艦隊のもじりなのだ。だから、話のテーマは軍拡と軍縮になる」

「そんな」

「今回、章タイトルを考えたとき、【第4章 軍縮条約(テキハ・ミタカニ・アリ)】という章タイトルを思いついた時に、これは行ける!と興奮したね。残りの章もこれに準じる表記に直した」

「章タイトルはどうなっているんだよ」

「こうだ」

  • 第1章 船団護衛(タイエキスンゼン・タカオ)
  • 第2章 最強艦隊(ハリコノ・トラ)
  • 第3章 軍拡競争(チキン・レース)
  • 第4章 軍縮条約(テキハ・ミタカニ・アリ)

「では、他に良かったと思うことはあるかい?」

「今回、小松級フリゲートのネームシップ小松には、小松の親分さんという異名があると設定した。幸運艦として有名という設定で、高尾と一緒に船団護衛してくれるぞ」

「他には?」

「小ネタだと、英連邦のメガMACシップの設定は気に入った」

「どんな設定だい?」

「輸送船に飛行甲板を付けただけの宇宙船だが、飛行甲板が四段ある」

「ネタじゃなくて他に見どころは?」

「高尾艦内で銃撃戦発生!」

「誰と誰が撃ち合うんだよ」

「それは読んでのお楽しみ」

合本 §

「合本にも収録して更新した」

「本文は全部入ってるんだよね」

「その通り。ただ全部バラで買う半額以下どころか安すぎたので、今回200円値上げした」

「それでも安すぎだよ」

合本表紙 宇宙重巡洋艦高尾始末記: 辺境艦隊シリーズ合本

Facebook

このコンテンツを書いた遠野秋彦へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、遠野秋彦に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に遠野秋彦へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に遠野秋彦よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20210303095520
サイトの表紙【作品解説】の表紙【作品解説】のコンテンツ全リスト 【作品解説】の入手全リスト 【作品解説】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 遠野秋彦連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.