2021年08月05日
トーノZERO日本特撮感想ザ・ハイスクール・ヒーローズ total 342 count

力と技と団結のザ・ハイスクール ヒーローズ第1話感想

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「やっと見たよ。ザ・ハイスクール ヒーローズ第1話」

「どうだった?」

「予想と全く違った」

「どう違ったんだ?」

「アカレンジャー登場は事前に知っていた。しかし、そんなものじゃなかった」

「アカレンジャー押し入れから登場はどうでも良かった?」

「そこは既に事前に知っていたからね」

「では何に驚いたんだ?」

「野球仮面登場。事実上の野球仮面だが、名前も野球魔人だという。これは驚いた。スタッフにガチのゴレンジャー世代いるよ。みんなどれだけ野球仮面好きなんだ」

「野球仮面か!」

「しかもね。野球魔人を倒すのは野球対決。ヒーローがボールを投げて野球魔人が打とうとするが打てない。これはまさに、ゴレンジャーの野球仮面回そのもの。あれはゴレンジャーストーム(ハリケーンだったか?)がなぜか野球のボールになって野球対決で決着するという内容だった。恐るべきマニア度」

「つまり、アカレンジャーが出てくるから凄いのではなく、野球仮面リスペクトが破格ってことだね?」

「そうそう。あとは、力と技と……でもう1つあるという展開。もう1つは団結なんだよ。一人で団結はできないという理由で強引に二人目を勧誘。凄い展開だ」

「ふむふむ」

「考えてみると昔のゴーカイジャーの映画でも野球仮面出てきて野球やったし、最初にゼンカイジャーが出てきた映画でも怪人集団の中に野球仮面いたし、みんなどれだけ野球仮面が好きなんだって感じだな」

「君も好きか?」

「最近、TTFCで野球仮面回を見たばかりだ」

ザ・ハイスクール ヒーローズのどこが格好いいのか §

「ザ・ハイスクール ヒーローズのどこが格好いいのか」

「どこなんだ?」

「英語で書くとTHE HIGH-SCHOOL HEROESになって、H-Hになるのだ」

「カタカナだと分かりにくいねー」

オマケ §

「サブタイトルが【真赤なヒーロー誕生! 青春逆転ホームラン!!】となっていて、色が付くのはゴレンジャーのサブタイトルの王道」

「ふむふむ」

「しかし、五星学園を名乗りながら六人戦隊であるのは、むしろ最近の戦隊あるあるを踏まえている」

「キュウレンジャーが12人戦隊だったりするとか、五星戦隊ダイレンジャーも5人じゃないよね。ダイレンジャー最近じゃないけど」

「五星戦隊ダイレンジャーといえば、五星学園というネーミングにも影響していると思うべきだろうね。捜せばもっとネタが仕込んであると思うよ」