2021年11月16日
トーノZEROアニメ雑記total 78 count

没企画・タイムボカンシリーズ【かがやきマン】が存在するという仮説

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

 ふと、タイムボカンシリーズについて気付いたことがある。

  • ささやきレポーターというキャラクターが存在する
  • きらめきマンが存在する

 この2つを考え合わせたとき、【かがやきマン】というヒーローが存在しても良いように思えた。

 では、そのヒーローは誰が変身するのか。

 ささやきレポーターしかあり得ない。

 【ささやきレポーター】→【かがやきマン】である。

 ダジャレセンスの優れたタツノコであるから、無意味にささやきレポーターという名前は付けないだろう。

 だが、全くヒーローに見えないささやきレポーターが変身などあり得るのだろうか。

 あり得ると考える。ヒーローの正体はたいてい意外である。この意外性は特にヤットデタマンで顕著である。

 (そもそも、ささやきレポーターはヤットデタマンのキャラクターである)

 かがやきマンが乗るメカもおそらく意外性のある変形をするものと推定する。

 【ささやきレポーター】→【かがやきマン】だから、【ささがわ大巨神】として飛来し、かがやきロボに変形するというのが一つの推定だ。あるいは、巨大な小山カメラマンが巨大ロボに変形するというのもありだろう。

 実はこの仮説の傍証は、ささやきレポーターの声優が富山敬という点だ。富山敬は古代進の声優でもあり、ヒーロー声も出せるベテランである。実際イッパツマンの豪速九ではヒーロー声である。

 であるから、【ささやきレポーター】がヒーローに変身しても、声優の交代なしでヒーロー声になれると考えられる。

 つまり、ささやきレポーターは、豪速九タイプのヒーローの偽装であり、ピンチに陥るとヒーローの正体を現し、かがやきマンに変身するのだ。

 では、かがやきマンに2号は存在するのか。存在するとすれば、誰なのか。

 おそらく、いないと思われる。

 それはなぜか。

 ささやきレポーターがかがやきマンになった時点で二人分だからだ。

 ヤットデタマンの時ワタルがヤットデタマンであるのと同じことだ。

 では、かがやきマンの企画は存在するとして、それはいつなのか。

 企画の性質が、ヤットデタマンとイッパツマンの折衷的なものであるため、おそらくヤットデタマンからイッパツマンへの過渡期ではないかと推定する。

 以上であるが、全部ただの根拠なき妄想だから信じたりするなよ!

Facebook

キーワード【 トーノZEROアニメ雑記
【アニメ雑記】の次のコンテンツ
(ありません)
【アニメ雑記】の前のコンテンツ
2021年
04月
26日
やっと見終わった【デジモンアドベンチャー tri.】感想・良作だが残る微妙感
3days 1 count
total 217 count

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20211116171151
サイトの表紙【アニメ雑記】の表紙【アニメ雑記】のコンテンツ全リスト 【アニメ雑記】の入手全リスト 【アニメ雑記】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.