2022年04月08日
川俣晶の縁側ヴィンテージ・パソコンtotal 842 count

S-100バスのTarbellのFDCカードの32byteのROMとはどんな型番のROMだったのか?

Written By: 川俣 晶連絡先

 S-100バスのTarbellのFDCカード(WDC1771搭載)には、32byteのROMが搭載されていて、これを用いてCP/Mをブートしていたことが知られています。

 では、この32byteのROMの正体とは何か。

 有名どころでは、1702ですら256byteあります。

 これより小さいROMには心当たりがありません。

 最近、もっと容量の小さいバイポーラのROMが存在するという知識を得ていたので、Twitterで82S123の写真を見たことを切っ掛けにして調べてみました。

調査の方法 §

 当時の正規のマニュアルを調べ、それに掲載されたパーツリストを確認します。

 当時の正規のマニュアルは以下のサイトにありました。

結論 §

 結論から言えば、ここに82S123とはっきり書かれていました。82S123は256bit(=32byte)のバイポーラP-ROMです。小ロット生産だったと思われるTarbellのFDCカードですから、P-ROMの利用はリーズナブルなチョイスだったと考えられます。また、16pinのパッケージも小さく、基板サイズを大きくしない効果もあったと思われます。(1702だと24pin)。

 あとは価格ですが、当時の価格は調べきれませんでした。

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側ヴィンテージ・パソコン
【ヴィンテージ・パソコン】の次のコンテンツ
2022年
04月
17日
PC-9801のMS-DOS上でAドライブのファイルを全てBドライブにコピーする方法(ud使用)
3days 1 count
total 903 count
【ヴィンテージ・パソコン】の前のコンテンツ
2021年
11月
23日
I/Oデータ PIO-8234-1 1MバイトRAMボード PC-8801シリーズ用
3days 2 count
total 560 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20220408113935
サイトの表紙【ヴィンテージ・パソコン】の表紙【ヴィンテージ・パソコン】のコンテンツ全リスト 【ヴィンテージ・パソコン】の入手全リスト 【ヴィンテージ・パソコン】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.