2022年07月11日
トーノZERO映画感想total 80 count

「THE NEXT GENERATION パトレイバー第1~12話」の総括的な感想

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「厳密な意味で映画か分からないが、劇場で上映されているので映画扱いで感想を書こう」

「それで1話から12話まで見た感想があるのか?」

「ある。実はこれはパトレイバーであってパトレイバーではない」

「それはどういう意味だい?」

「これは、真・女立喰師列伝の複数監督によるオムニバスという方法論に、パトレイバーのキャラクターを後付けした企画で、内容のセンスがアニメ、漫画ではなく、実写の映画」

「えー」

「だから、パトレイバーは本来バンダイビジュアルの企画だが、THE NEXT GENERATION パトレイバーは東北新社と松竹の製作になっていて、本質的に傾向が異なる。販売もジェネオンエンターテインメントがやっていて、バンビジュではない」

「真・女立喰師列伝は?」

「あれはジェネオンエンターテインメント」

「なるほど。一本につながったね」

「見事にバンビジュが外されているのも分かったよ」

「だから、バンビジュ特有のオタク向けのセンスが全くなく、実写のセンスで全体が構成されているわけだね」

「まあ、そんなものだろう」

「では、なぜパトレイバーなのだ?」

「押井守が実写でパトレイバーを撮ると言えば確実に見てくれる層が期待できたからだろう。実は、真・女立喰師列伝はそこが弱い。喰師列伝にはそこまでのネームバリューがない」

「じゃあ、実物大ガンダムと実物大パトレイバーは何がどう違うんだ?」

「実物大パトレイバーはおそらく俳優の演技の意外性に期待して、撮影に実物大のセットが必要とされたから造ったものだろう。これをプロモーションとして各地に派遣したのはただの2次利用に過ぎないのではないか。実物大ガンダムは、それ自体がアミューズメント施設の企画になるからな。ちょっと違う」

「結果として似ているだけで趣旨は違うのか」

「……と思うよ」

「そして、作品としてのカラーは全くの別物になってしまったのか」

「オタクが大嫌いな実写リメイクそのものになってしまったよ」

「なるほど」

「でも、オタクが大嫌いな実写リメイクって、映画として間違っていないことが多いので、単純に宗教戦争を可視化してしまっただけではないだろうか」

「君としてはどうなんだ?」

「立喰師列伝→女立喰師列伝→真・女立喰師列伝→ASSULT GIRLSの実写路線が好きだった立場としては、全くもって面白い良い作品であった」

「ではなぜずっと見ていなかったんだ?」

「デッキアップのパフォーマンスに喜ぶオタクの雰囲気が嫌だったので、なんとなく避けてしまった」

Facebook

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20220711093446
サイトの表紙【映画感想】の表紙【映画感想】のコンテンツ全リスト 【映画感想】の入手全リスト 【映画感想】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.