2011年07月28日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 3424 count

戦闘空母のイメージソースは伊勢日向じゃないかもしれない

Written By: トーノZERO連絡先

「ドメル艦隊の4隻の空母をミッドウェー海戦の日本の4空母に当てはめると、実は見えてきたことがある」

「なんだい?」

「戦闘空母と言えば、空母能力と砲撃能力が両方あって日本海軍だと航空戦艦伊勢と日向が似ているように見える」

「うん」

「でもさ。ミッドウェー海戦のとき、まだ伊勢と日向は航空戦艦になってないし、機動部隊と一緒に行動もしてない」

「えっ?」

「だからさ。戦闘空母のイメージはむしろ赤城、加賀なんだよ」

「ええっ?」

「建造当初の両艦は、空母ではあるが重巡並の砲戦能力が与えられていた。改造後は砲戦力が落ちたとは言え、舷側の20センチ砲は健在」

「なるほど」

「しかも、3段空母のイメージソースも赤城と加賀に求められる」

「改装前は3段だったからね」

地球は §

「それに対して、地球防衛軍の空母のイメージソースは伊勢日向でいいのかもしれない」

「どうして?」

「デザイン的に戦艦に似通っていて、いかにも中途半端だからだ」

「設計思想として砲戦力を持たされた空母とは一線を画するわけだね」

他の空母は §

「彗星帝国の空母とか、二連三段空母はどうなんだろう」

「物量に優れた連合軍の空母のイメージなんだろうね」

「そうか。くるっとひっくり返る飛行甲板は、実際にはそれぐらい多いように見えるエセックス級の大軍ってことだね」

「彗星帝国の空母の特徴はバルゼーの大型空母の他にナスカもあることだが、これは正規空母の他に護衛空母などを運用していた連合軍に符合するのかも知れない」

「二連三段空母は?」

「だから、あんなものがあるほど多いように見えるエセックス級の大軍に符合するのかも知れない。アニメだと大量に描くとアニメーターが死ぬので、再出撃が早いという映像になったのかも知れない」

オマケ §

「フィクションの世界では、大砲を積んだ空母は大流行。そんな事例はとても多い」

「実際の事例もあるってことじゃん」

「そうだ。でもさ。事例はどんどん減っていくんだよ」

「どうして?」

「役に立たないからさ」

「飛行機でも大砲でも戦えた方が強そうじゃないか」

「飛行機と大砲では戦闘の間合いが違いすぎるんだ」

「そんなに?」

「そうだ。比較にならない。だから、でかい大砲を積むぐらいならその分飛行機をより多く積んだ方がいい。あるいは、より大型の機体を積んだ方がいい。それだけ遠くから打撃を与えられる」

「じゃあ、戦闘空母も地球連邦の空母も間違いってこと?」

「いやいや。実はここで1つの問題がある」

「それは何?」

「ヤマト世界では、宇宙船と宇宙機の境界線が不明瞭なんだ」

「えっ?」

「せいぜい、母船になれるのがフネ。母船から発進するのが機というぐらいの分類なんだ。だから、ヤマトは僚艦の搭載機と一緒に敵機動部隊に殴り込めるのだ」

「そうするとどうなるの?」

「交戦距離の差に意味が無くなってしまう」

「ええっ?」

「だから、戦艦的機能と空母的機能を両方持っていたからと言って、無理とも言えなくなる」

「そうか」

「でもさ。実はドメル艦隊に限ればまた話がひっくり返る」

「えっ?」

「瞬間物質移送機があれば、搭載機を遠くまで飛ばせるから、できるだけ機を多く搭載する方が有利」

「じゃあ戦闘空母は間違っているの?」

「戦闘空母は、瞬間物質移送機よりも前から存在しているから、設計が間違っていたとまでは言えない。ただし、戦闘空母は複数あったはずなのにドメルは1隻しか連れて行かなかった。三段空母の方がいい、というドメルの判断なんだろう」

「でも三段空母も他にあったじゃない。ドメル艦隊は三段空母×4でも良かったのじゃ?」

「おそらく、不測の事態への対応のために戦闘空母も1隻ぐらい入れておいた方が安心だったのだろう。重爆撃機1機だけなら戦闘空母で十分だったし」

「それだけドメルは周到だったということ?」

「別に、特定の戦線から引き抜けなかっただけかもしれないけどね」

「ぎゃふん」

オマケ2 §

「せいぜい、母船になれるのがフネ。母船から発進するのが機というぐらいの分類なんだ。だから、ヤマトは僚艦の搭載機と一緒に敵機動部隊に殴り込めるのだ」

「先生質問です!」

「なんだい?」

「ボレットを発進させるコスモウイングはアルカディア号に搭載されています。これはフネでしょうか、機でしょうか」

「馬鹿者。アルカディア号のことなんて知るか」

「答え下さいよ、プリーズ。フネですか? 機ですか?」

「強いて言えば……」

「強いて言えば?」

「オモチャかな」

「ぎゃふん。ハーロック世界にゃ夢も希望も無いのか。ゾルにーちゃん、トカーガへ帰れ!」

オマケIII §

「じゃあ、中型雷撃艇はフネ? 機?」

「そりゃ、その名の通り艇だろう」

「じゃあ、コスモハウンドはフネ? 機?」

「そりゃ、その名の通りンドだろう」

「なんか違う」

「たぶん、ヤレタラ艇はフネ扱いでいいと思う」

「戦車積んでるけど、自分は他のフネに搭載されないからね」

「じゃあ、バラノドンは?」

「むむっ。あれは生物でフネでも機でもないからな」

「強いて言うと?」

「そうだな。フネでも機でもなく、ノドンかな」

「なんか違う」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2011年
07月
29日
ヤマト関連の訃報
3days 0 count
total 2729 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2011年
07月
27日
京極夏彦がヤマトを語るケースとは
3days 0 count
total 3441 count

このコンテンツを書いたトーノZEROへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノZEROに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノZEROへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノZEROよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

https://mag.autumn.org/tb.aspx/20110728080932
サイトの表紙【宇宙戦艦ヤマト】の表紙【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】の入手全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノZERO連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.